DTM音楽制作研究所TRACKEDMUSIC

豊かな音楽生活のために♪ DTM 音楽制作 打ち込み ミキシング レコーディング ボイストレーニング ライブまで幅広く音楽を研究するサイト

DTMでのEDM音楽制作

音楽制作に必須 Keyとは?

投稿日:2014-08-19 更新日:

Keyとは

ドレミで曲を演奏するための基本ルールです。

スポンサーリンク

1.Keyに深く関わるクロマチックスケールとは?

一般的に音楽を作るということは、西洋音楽を元にした
クロマチックスケールと呼ばれる12半音階のものを用いることになります。

つまり、

C C# D D# E F F# G G# A A# B

という12種類の鍵盤を使うということです。

ただ、これをすべて使うとなると、かなり不思議で不気味な感じになってしまうので、自然に聴くことが出来る音階が編み出されました。

2.より音楽的に音階を扱う「ダイアトニックスケール」

それが、ダイアトニックスケールです。

ダイアトニックスケールというのは、いわゆる

ドレミファソラシドの音階のことです。

そして、12半音階では各音を土台に、順番に鳴らすとドレミファソラシドに聴こえる音階が出来上がります。

これがKeyというものです。

なので、Keyには12種類あるということです。

スポンサーリンク

3.Keyについてのまとめ

「12こも覚えてられないよ~」

という声が聞こえてきそうですが、たったの12こです。

 

もう一度いいます。

 

「Keyはたったの12こです!」

 

普段、生活しているだけでも、よっぽど12個以上のことをこなしている気がします。

そんなに難しく考えずに、気楽に気長に12このKeyに慣れていければ良いと思います。

 

最後に、ダイアトニックスケールはさらに2種類、メジャースケールとマイナースケールがあります。

いわゆる、長調と短調です。

 

この2種類も含めて、12このKeyを網羅できると、かなり作曲することにおいて有利になります。


ぜひツイッターもフォローしてください!


DTMランキング

いつもブログをお読みいただきありがとうございます!


スポンサーリンク

-DTMでのEDM音楽制作
-, , , , , ,

執筆者:

関連記事

DTMをつかってトラックを作ろう!

「DTMをつかってトラックをつくろう!」 とイキナリ誘われても 「ハイ?DTMってなに?」 っ感じかと思いますが、 かんたんにいうと「最小限の努力で最大限の音楽作りを楽しめるスタイル!」です。 DTM …

EDM ドラム 打ち込みのコツ③

前回は基本の4つ打ちのバリエーションの作り方について、お伝えしました。   今回は曲中で劇的にトラックの雰囲気を変えてしまう、   ハーフテンポ   についてお伝えしてい …

MIDIコントローラー!縦横無尽に音空間をうみだすもの!

DJがDJミキサーを自由自在に操り、イカシタ音空間を生み出すように、 トラックメーカーはMIDIコントローラーを駆使して、かっちょいい表情を音に付けていくのです! どのようなものがあるかというと ・鍵 …

EDM ドラムパート 打ち込み 基本テクニック①

今回はEDMの基本的なビートの打ち込み方を紹介していこうと思います。 基本中の基本としては、4つ打ちパターンが基本になります。 具体的な打ち込み方は、 まず、キック、ハット、クラップもしくはスネアを用 …

トラックの種類を理解してDTMを使った音楽制作を始めよう!

最近「トラック」という言葉を音楽シーンのいたるところで聞かれます。 あまり耳になじみの無いかたもいると思いますので、はじめに説明しておきます。 目次1 1.音楽用語として使われる「トラック」とは2 2 …

EDM での作曲 トラックメイクに必要なもの④ DTMに適したモニタースピーカー

前回はEDM での作曲 トラックメイクに必要なもの③ MIDIコントローラーにてMIDIコントローラーについてお伝えしてきました。   作曲、トラックメイクに必要なものとして、 基本的には、 …

サイト内検索

プロフィール

管理人プロフィール
しょちょー(SHAKE)
音楽活動サービス「SOUNDSHAKE」主宰。サウンドクリエイター、コンポーザー、トラックメイカー、アレンジャー、ボイストレーナー。CM、ショップBGM、などの映像やアプリの音楽を作曲したり、歌モノの編曲をしたり、オープンワールド系ゲームで旅したり、ググールアースで海外旅行したりしてます。