*

EDM での作曲 トラックメイクに必要なもの④ モニタースピーカー

前回はMIDIコントローラーについてお伝えしてきました。

 

作曲、トラックメイクに必要なものとして、

基本的には、

・PC

・DAWソフト

・オーディオインターフェイス

・MIDIコントローラー

・モニタースピーカー

・シンセサイザー

 

順を追って紹介させていただいてます。

 

今回はEDMに限らず、音楽制作に適したモニタースピーカーについて、

お伝えしていきます。

 

最近では、スマホやipodなどでイヤホンで音楽を聴くというかたが大勢いらっしゃるかと思います。

とかく音楽制作においては、出音の確認というのは非常に重要です。

たまに見かけるのが、ノートPCのスピーカーだけで音楽制作をしようとしている方がいますが、

それだけはやめてください。

なぜかというと、音楽は低音から高音まで多くの情報量を持っているので、ノートPC搭載のスピーカーだけでは、

再生能力が貧弱すぎて、ほとんど低音部分を再生することができないのです。

まずは、そういうところを意識して音楽制作に打ち込んでいただければと思います。

 

 

SPONSORED LINK

 

 

次に、モニタースピーカーの選び方ですが、これもピンキリで様々なものがリリースされています。

可能であれば、楽器店の店頭なので視聴させてもらって、自分が聴いてしっくりくるものを選ぶのが理想的です。

なかなかそれが難しいという方のために、いくつかモニタースピーカーの選び方のコツを紹介します。

 

ひとつめ、低音の再生能力はサイズに比例する。

レコーディング時のサウンドもしっかり確認したいという方は、大きいサイズのモニタースピーカーがオススメです。

スピーカーのコーンが大きいほど、原音の再生能力が向上するからです。

しかし、テクノロジーの発展のおかげで、そこそこのサイズでもある程度の低音再生を実現しているモデルもあります。

 

ふたつめ、可聴帯域の広いものを選ぶ

より正確な音の定位の確認のために、できるだけ広い音域を再生できるスピーカーが望ましいです。

 

それでは、定番のモニタースピーカーをいくつか紹介していきます。
YAMAHA MSP5 Studio ペア

 

宅録クリエイターの間では、割と定番で使用されているみたいです。

歌などをよりリアルにモニターしたい場合は、1ランク上のサイズの、
YAMAHA MSP7 STUDIO ペア

 

もオススメです。

 

できるだけ、省スペースでモニタースピーカーを設置したいという方は、
GENELEC モニタースピーカー 8010APM 【ペア】

 

 

 

このモデルは、見た目はめっちゃ小柄ですが、出音の音圧とレンジの広さにはびっくりします。

外形寸法(mm):121W×181H×114D という驚異的な小ささです。

 

他にも、優れたモニタースピーカーはあります。

しかし、音楽ジャンルやサウンドの好みなど、いろいろあると思うので、

選び方は千差万別です。

 

ぜひ自分にあったモニタースピーカーと出会えるといいですね!

ブログランキング~ちょっとでも音楽制作のタシになったと思ったら、ポチっとしてください♪


DTM ブログランキングへ

スポンサーリンク
 

関連記事

音楽制作に必須 Keyとは?

Keyとは ドレミで曲を演奏するための基本ルールです。 一般的に音楽を作るということは、

記事を読む

モニタースピーカー いい音楽はいい耳から

DAWで再生される音は最終的にオーディオインターフェースから出力されるわけですが、実はこの最終的な部

記事を読む

EDM ドラム 打ち込みのコツ②

今日は4つ打ちEDMのドラム打ち込みのポイントをお伝えしていこうと思います。  

記事を読む

EDM 作曲のためのコード進行 2拍コードチェンジ

今回はEDMトラック制作、音楽制作で役に立つコード進行パターンとして、 「2拍コードチェンジ」

記事を読む

EDM トラック制作 機材を使わず作曲する

今回はPCに触れずに作曲することについて考えてみたいと思います。   ところで

記事を読む

作曲のためのダイアトニックコード①

コード進行を作っていくために、ぜひ抑えておきたいのが 「ダイアトニックコード」 日本語で

記事を読む

EDM での作曲コード進行①

EDMに限らず、ダンスミュージックにおいてはビートが最重要の要素ですが、 ハンズアップ系のED

記事を読む

EDM での作曲 トラックメイクに必要なもの⑤ シンセサイザー

前回はモニタースピーカーについてお伝えしました。   作曲、トラックメイクに必

記事を読む

EDM ドラム 打ち込みのコツ①

ドラムパートはDTMでダンスミュージックなどの音楽制作を行っていく上では、 最重要パートのひとつで

記事を読む

そもそもMIDIとは?③

今日はMIDIエディットしていくにあたって、 まずは押さえておきたいMIDI基本用語を紹介して

記事を読む

SPONSORED LINK



SPONSORED LINK



no image
お正月の音楽といえば「春の海」 DTM作曲に役立つ音楽制作のコツ

毎年、お正月を迎えるといたるところで耳にする音楽があります。 &

DTMで作曲や音楽制作に役立つコツ 冬といえばクリスマスソングというか冬に聴きたくなる曲とか・・・からアイデアを頂く!

今日はクリスマスです! 街は笑顔で行き交うカップルばかりで、どこ

DTM入門者や初心者が作曲するために (7)既成のアレンジを借用して作曲を進めよう!例えば「千本桜」とか

今回は既成曲を土台に、新たに作曲をする手順を紹介したいと思います。

DTM入門者や初心者が作曲するために (6)Studio One Freeの環境設定

今回はStudio One Freeがトラブったときの対処法についてお

DTM入門者や初心者が作曲するために (5)コードパートでコード進行をリズミカルに打ち込む コツや作り方

今回はドラムパートで打ち込んだビートに、コードパートをリズミカルに乗っ

→もっと見る

  • SPONSORED LINK
  • 好きなときに寝て、好きなときに働く。
    そんな生活をしたいと思いませんか?

    このシステムを使って実現してください。
    ⇒ https://ex-pa.jp/et/6nf/v

SPONSORED LINK

PAGE TOP ↑