DTM音楽制作研究所TRACKEDMUSIC

豊かな音楽生活のために♪ DTM 音楽制作 打ち込み ミキシング レコーディング ライブまで幅広く音楽を研究するサイト

DTM音楽制作

EDM ドラムパート 打ち込み 基本テクニック①

投稿日:2014-09-14 更新日:

今回はEDMの基本的なビートの打ち込み方を紹介していこうと思います。

基本中の基本としては、4つ打ちパターンが基本になります。

具体的な打ち込み方は、

まず、キック、ハット、クラップもしくはスネアを用意します。

それを次のように配置していきます。

 

キック=4拍子

ハット=ウラ拍に4つ

クラップ(スネア)=2拍目と4拍目

 

この打ち込み方が基本の4つ打ちパターンになります。

 

この4つ打ちをかっこよく聴かせるコツとしては、

「音数は増やさずに、サウンドで勝負する!」

これを肝に銘じておいてください。

 

ハットをむやみやたらと16分音符で連打して、隙間を埋めるとかよりも、

しっかり音圧のある音色をチョイスすることを心がけましょう。

リズムの聴こえ方を複雑にしたからといって、カッコよくなるとは限りません。

それよりもシンプルでも、ずっと聴いていたいと感じるビートの方が、

結果的にカッコよくなる場合が多いです。

 

 

SPONSORED LINK

 

 

簡単に動画でも基本の4つ打ちの打ち込み方を作ってみたので、

ぜひ参考にしてみてください。

使用しているDAWソフトはFL STUDIO11です。

 

 

 
まずはプリセット音色の中でも、しっかり音圧があって、迫力のある音色をチェックして、

リスト化しておくのが、スムーズなビート制作には必要不可欠です。

 

スポンサーリンク

-DTM音楽制作
-, , , , , ,

執筆者:

関連記事

DAW攻略のためのMIDI検定!

音楽制作を始めたばかりだと、覚えることがたくさんあって、 どこから切り込んでいくべきか途方にくれている方も、 かなりいらっしゃることと思います。   そこで、かなり効率良くDAW全般の知識を …

DTMをつかってトラックをつくろう!

「DTMをつかってトラックをつくろう!」  とイキナリ誘われても  「ハイ?DTMってなに?」  ってかんじですが    かんたんにいうと「最小限の努力で最大限の音楽作りをたのしめるかたち!」です。 …

モニタースピーカー いい音楽はいい耳から

DAWで再生される音は最終的にオーディオインターフェースから出力されるわけですが、実はこの最終的な部分がもっとも重要だったりします! スピーカーから出てくる音は、どんなスピーカーでも大して変わらないだ …

EDM ドラム 打ち込みのコツ 応用 フィルイン ①

前回まで、リズムパートにおける基本的なビート作りをお伝えしてきました。 ビートができても、ただそれだけをループしてるだけでは、トラックにメリハリがつきません。 そこで重要になってくるのが、 &nbsp …

DAWを活用して作曲、音楽制作するとき 効率良く作曲するためには?

今回はDAWを用いて、作曲や音楽制作を行うにあたって、 サクサクと効率よく作業を進めるためのポイントについてお伝えしていきます。   曲作りは、クリエイターの数だけ独自の手法が存在します。 …

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

好きなときに寝て、好きなときに働く。
そんな生活をしたいと思いませんか?

このシステムを使って実現してください。
⇒ https://ex-pa.jp/et/6nf/v