DTM音楽制作研究所TRACKEDMUSIC

豊かな音楽生活のために♪ DTM 音楽制作 打ち込み ミキシング レコーディング ボイストレーニング ライブまで幅広く音楽を研究するサイト

DTMでのEDM音楽制作

音楽 フリーソフト DAW のおすすめ STUDIO ONE FREE ♪

投稿日:2014-09-29 更新日:

どうしても、まずは無料でなんでも始めてみたいという方、

けっこういらっしゃるかと思います。

 

いろいろ検索かけてみると、かなりな数のフリーDAWソフトが出てきますね。

 

ほんといろいろあるのですが、その中でも初心者にわりととっつき易いのではないかと思うのが、

 

PreSonus Studio One Free

基本的に1画面で全ての操作を行っていくスタイルのDAWです。

最近のDAWソフトはこのような1画面操作のものが多くなってきてますが、

代表的なDAWは、Ableton LIVEとかLogic Studioなどが挙げられます。

 

昔ながらのDAWは、何か編集しようとするたびに、ウィンドウを立ち上げていって、

気がついたら、画面びっしりに窓が並んで、いまいじりたい場所へのアクセスに手間取る、

といったことが日常茶飯事でした。

 

1画面の何がいいかというと、

 

「いま何の作業をしているのか、わかりやすい!」

 

これに尽きると思います。

 

なので、ただでさえ覚えることが多いビギナーの方には、

とてもとっつき易いのではないかと思うのです。

 

かくいう僕は、Cakewalk SONARX1 と Imageline FL STUDIO11 という、

2つのDAWソフトを併用して音楽制作を行っていますが。。。

でも、このPreSonus Studio One Freeに乗り換えようかな?

と思ってしまうほど、その基本性能は高いと感じます。

 

 

 
さて、PreSonus Studio One Freeのいいなと思うところを、

いくつか紹介していきたいと思います。

 

ひとつめ

「一通りの音色を網羅した音源が付属してくる!」

 

これが、なかなかなクオリティの音源なのですね。

それが200プリセットほど付いてくるんです。

ピアノ、ベース、ストリングス、ギター、シンセなど、

主要な音色は取り揃えられている感じです。

 

ふたつめ

「オーディオエフェクトも付属」

 

基本的な8つのエフェクトがリストされているので、細かい音作りもある程度、

仕上げてしまうことも可能です。

使い勝手がいいのが、チャンネルストリップというエフェクト。

ひとつ立ち上げるだけで、コンプレッサー、イコライザーがいっぺんに調整できて、

作ったフレーズをより活き活きとしたものに仕上げることもできてしまいます。

 

みっつめ

「データ編集がやりやすい」

 

フレーズを打ち込んだ後は、細かくMIDIエディットを施していきますが、

さすが最後発のDAWだけあって、シンプルにまとめられてます。

打ち込んだフレーズの編集は、大体はピアノロール画面で行っていくのですが、

この画面内のアイコンをクリックしていけば、アクセスしたい機能へスムーズに移ることが、

かんたんにできてしまいます。

 

まだまだ良い点ありますが、次は惜しいところを何点か挙げていきます。

 

ひとつめ

「フリーVSTプラグインが使用できない」

 

FREE版だと、追加でサードパーティ製のVSTプラグインが使えません。

使いたかったら、Studio One ArtistやStudio One Producer、Studio One Professionalへ

アップグレードしなさいということです。

操作に慣れてきたら、アップグレードしてみるのもありだと思います。

 

ふたつめ

「ドラムキット全般の空気感が若干機械っぽい」

 

ちょっと細かくエディットして工夫しないと、いわゆる打ち込みサウンドになってしまいます。

一個一個のサウンドはなかなかな迫力ですが、リズムパターンを組んで鳴らしてみると、

「ん?惜しい。。。」みたいに感じるので、ベタ打ちドラムだと聴いた印象は瞬殺レベルだと感じました。

その分、打ち込みスキルが上がるのではないかという副産物があるかもしれません。

 

 

この他にもまだまだ紹介したい点はありますが、興味を持たれた方は、

ぜひご自身でダウンロードして触ってみてください。

 

とにかく、音楽制作の上達の秘訣は、

 

「実際に音に表すこと」

 

だと思うので、一秒でも多くDAWに触れることが重要です。


いつもブログをお読みいただきありがとうございます!




DTMランキング
スポンサーリンク

-DTMでのEDM音楽制作
-, , , ,

執筆者:

関連記事

EDM トラック制作 音楽制作手順のおさらい コード進行パターンを決める

今回は、EDM制作手順のおさらい、ステップ2ということで、 コード進行パターンの決め方についてお話していこうと思います。   コード進行といえば、無数に存在していて、どこから手をつけていいの …

FLStudio

FL STUDIOの使い方 音が出ない時に確認すべき3つの確認ポイント

目次1 FL STUDIOの使い方 音が出ない時に確認すべき3つの確認ポイント1.1 Audio SettingのDeviceを確認する1.1.0.1 ・オーディオインターフェイスのUSBケーブルを接 …

DTMでトラックを作るために必要なもの!

DTMをはじめるにあたって、まず用意したいもの。 それはパソコンです。 現在は大きく分けて2種類のパソコンが世の中に広まっていると思います。   WindowsとMacと呼ばれているものです …

DTM音楽制作 作曲のためのダイアトニックコード

コード進行を作っていくために、ぜひ抑えておきたいのが 「ダイアトニックコード」 日本語で言うと「音階和音」と呼ばれるものです。 曲を演奏するためには、Keyを設定しなければいけません。 そのKey毎に …

FL STUDIO 11 でEDMを音楽制作する3つの理由

今回はこのブログで度々登場してくるDAWソフト「Imageline FL STUDIO 11 SIGNATURE BUNDLE」を、 なぜ多用しているのか? という理由をお話していきたいと思います。 …

EDM での作曲コード進行7 オンコード

今回はEDMトラック制作において、コード進行を組み立てる上で、かなり役立つテクニック、   「オンコード」   についてお話していこうと思います。   オンコードというの …

サイト内検索

プロフィール

管理人プロフィール
しょちょー(SHAKE)
音楽活動サービス「SOUNDSHAKE」主宰。サウンドクリエイター、コンポーザー、トラックメイカー、アレンジャー、ボイストレーナー。CM、ショップBGM、などの映像やアプリの音楽を作曲したり、歌モノの編曲をしたり、オープンワールド系ゲームで旅したり、ググールアースで海外旅行したりしてます。

Audiostock販売ページ

オーディオストックでBGM・効果音を販売中!