*

そもそもMIDIとは?③

今日はMIDIエディットしていくにあたって、

まずは押さえておきたいMIDI基本用語を紹介していきたいと思います。

 

とにかくDAWソフトを触り始めると、横文字の専門用語が飛び交うことになるので、

DTM始めたての方は、一番苦労する部分だと思います。

 

しかし、ひとつひとつの用語には、必ず「意味と操作目的」があるので、

ちょっとずつMIDI用語への理解を深めていけるといいと思います。

 

ただし、一から全て紹介していくと膨大な数になるので、

今日はピアノロール画面に関連する部分で、主要な用語を紹介していきます。

 

まずは下の画像をご覧ください。

FL STUDIO11のピアノロール画面になります。

この見え方は、多くのDAWでみかけることになるので、

異なるソフトでも、レイアウトや出てくる用語、機能には、

ほぼ大差はありませんので、「意味と操作目的」を意識して覚えていきましょう。

 

FLピアノロール画面1

 

 

まず目に付くのが、画面左手の縦に並んだ鍵盤。

これで音の高さがわかるようになっています。

その右側に、山なりに7個物体が並んでいますが、これはMIDIノート(音符)です。

いまはどれも同じ長さですが、長さのことをデュレーションと呼んでいます。

 

ノートが置かれている背景の升目は、グリッドと呼ばれていて、スナップという設定で幅を変更したり、

調整することができます。

スナップというのは、ノートを移動したり、デュレーションを伸縮させたりするときに、

グリッドに吸着させる設定です。

スナップ設定がオンになっていないと、あべこべなタイミングで音が鳴らされるので、

リズム音痴な感じになってしまい、とても残念な演奏になってしまうので、微調整が必要な場合を除いて、

基本的にスナップ機能がオンで設定されている状態で、ノートやデータの操作を行うようにしましょう。

 

 

SPONSORED LINK

 

 

グリッド部分の上部の、数字とメモリが横方向に並んでいる部分を、ルーラーと呼んでいます。

再生位置を指定したり、範囲指定してループ演奏区間を設定したり、

マーカーといって曲構成の目印を付けたりできるエリアになります。

 

グリッド部分の下部の棒グラフ上のものは、ベロシティといってノートの強弱を表します。

ベロシティで注意しなければいけないのが、ボリューム(音量)とは似て非なるものだということです。

よくビギナーの方で勘違いされている方が多いのですが、ボリュームは音量の大小を表していて、

それこそ音楽再生機器のボリュームコントロールみたいなものです。

一方、ベロシティは強弱を表しているので、音色も同時に変化します。

 

たとえば、ピアノの鍵盤を弾く強さを思い出してください。

強く鍵盤を叩けば、明るい音色で大きな音で鳴らされ、弱く鍵盤を叩くと、

こもったくらい音色で小さな音で鳴らされると思います。

なので、演奏表現として音の強弱を表現したい場合はベロシティをいじり、

その上で、パートごとの音量バランスを取りたいときは、ボリュームを調整するということになります。

 

まずはピアノロール画面の基本的な部分でのMIDI用語について振れてきましたが、

まだまだ序の口なので、これからどんどんDAWについて知っていって欲しいと思います。

スポンサーリンク
 

関連記事

EDM での作曲 トラックメイクに必要なもの④ モニタースピーカー

前回はMIDIコントローラーについてお伝えしてきました。   作曲、トラックメ

記事を読む

モニタースピーカー いい音楽はいい耳から

DAWで再生される音は最終的にオーディオインターフェースから出力されるわけですが、実はこの最終的な部

記事を読む

「HOOKUP MIX / REMIXコンテスト」開催!

FL STUDIO、ACIDユーザーを筆頭に、DAWを使用しているクリエイターに向けて、 20

記事を読む

そもそもMIDIとは?②

前回は、MIDIを知るために4つのポイントのお話をしましたが、 今回はMIDIが誕生したことに

記事を読む

そもそもMIDIとは?①

音楽制作をはじめると、とにかくよく出てくるワードが「MIDI」という単語。  

記事を読む

作曲練習 ハーモニーの組み立て方 アレンジのために

今回はジャンルを問わずに、作曲をしていると常について回るハーモニーについて、 お話していこうと

記事を読む

EDM での作曲 トラックメイクに必要なもの⑤ シンセサイザー

前回はモニタースピーカーについてお伝えしました。   作曲、トラックメイクに必

記事を読む

EDM ドラムパート 打ち込み 基本テクニック①

今回はEDMの基本的なビートの打ち込み方を紹介していこうと思います。 基本中の基本としては、4

記事を読む

EDM での作曲 トラックメイクに必要なもの②

前回、EDM での作曲 トラックメイクに必要なもの① では、 作曲、トラックメイクに必要なもの

記事を読む

EDM での作曲コード進行⑤美メロ音 その2

前回、美メロを生み出すテクニックということを紹介してきました。 今回はその補足をいくつかお話し

記事を読む

SPONSORED LINK



SPONSORED LINK



no image
お正月の音楽といえば「春の海」 DTM作曲に役立つ音楽制作のコツ

毎年、お正月を迎えるといたるところで耳にする音楽があります。 &

DTMで作曲や音楽制作に役立つコツ 冬といえばクリスマスソングというか冬に聴きたくなる曲とか・・・からアイデアを頂く!

今日はクリスマスです! 街は笑顔で行き交うカップルばかりで、どこ

DTM入門者や初心者が作曲するために (7)既成のアレンジを借用して作曲を進めよう!例えば「千本桜」とか

今回は既成曲を土台に、新たに作曲をする手順を紹介したいと思います。

DTM入門者や初心者が作曲するために (6)Studio One Freeの環境設定

今回はStudio One Freeがトラブったときの対処法についてお

DTM入門者や初心者が作曲するために (5)コードパートでコード進行をリズミカルに打ち込む コツや作り方

今回はドラムパートで打ち込んだビートに、コードパートをリズミカルに乗っ

→もっと見る

  • SPONSORED LINK
  • 好きなときに寝て、好きなときに働く。
    そんな生活をしたいと思いませんか?

    このシステムを使って実現してください。
    ⇒ https://ex-pa.jp/et/6nf/v

SPONSORED LINK

PAGE TOP ↑