DTM音楽制作研究所TRACKEDMUSIC

豊かな音楽生活のために♪ DTM 音楽制作 打ち込み ミキシング レコーディング ライブまで幅広く音楽を研究するサイト

DTM音楽制作

リアルな ドラム 打ち込み について

投稿日:2014-10-05 更新日:

みなさん音楽制作はいかがお過ごしでしょうか?

イメージ通りにトラックメイクできていますか?

 

今日はリアルなドラム打ち込みのコツをお伝えしていきたいと思います。

 

まずドラム演奏でリアリティを出すコツは、

とにかくベロシティにこだわるということです。

 

ノートのタイミングをずらしたりして、グルーブ感を出していくのはそのあとの作業です!

 

まずは、動画でどのようにエデイットしていくかを、

確認してみてください。

 

 

 

どうでしょう?

 

ノートをズラさなくても、ドラマーが叩いてる感が出てきたことないですか?

 

基本はハイハットのオモテ拍、ウラ拍の強弱の付け方が、

肝になってきます。

はじめはキックとスネアはベロシティは特にバラけさせなくても、あまり影響はありません。

ベロシティの編集に慣れてきたら、より全体的なエディットに入っていけばいいと思います。

 

あとはスネアのゴーストノートを積極的に入れていくと、よりグルーブ感が増していきます。

ゴーストノートは、音が鳴っているのを、微かに聞こえるぐらいのベロシティで打ち込むことをいいます。

 

SPONSORED LINK

 

リズムパターンの尺としては、基本的に2小節パターンで考えていって、

その2小節周期で、若干ゴーストノートのタイミングをずらしたりすると、

さらに生ドラム感がアップします。

 

とにかく、リアルなドラムを聴かせたいと思ったら、まずベロシティのエディットに、

深くこだわっていってください。

量をこなしながら研究していくと、かならず自分の好きなノリというのがわかってくると思います。

それが、8ビートなのかもしれないし、16ビートなのかもしれないし、

自分のノれるビート、好きな心地よいグルーブというのを見つけていってください。

 

ここが確立されてくると、音楽制作において、かなり自信がついてくると思います。

自分はドラムを叩いたことがわからないとかではなく、

打ち込みを通じて、世のドラマーが何をしているのか理解を深めていくという姿勢が、

ドラム打ち込み上達の秘訣だと思います!

むやみにスキップしようとせず、しっかり向き合って、ぜひ気持ちいいビートを生み出していきましょう!

 

 

 

 

スポンサーリンク

-DTM音楽制作
-, , ,

執筆者:

関連記事

作曲 楽曲を完成させるコツ 締め切りを設けよう!

今回は曲作りを完成までこぎつけるためのコツについて、 お話していきたいと思います。   なんとか曲を完成させたいけど、楽曲やトラックがも途中までできても、 どうしてか頓挫してしまうという方も …

2014年時点での最新の音楽、EDMについて

そもそもEDMとは、   EDMとはElectronic Dance Music、文字どおりエレクトロニックなダンス・ミュージックを総称するワードとして、 アメリカで古くから使われてきました …

EDM 作曲や音楽制作に役立つ アレンジの引き出しの広げ方

今回はEDMの作曲や音楽制作に役立つコツとして、アレンジの引き出しの広げ方について、 お伝えしていこうと思います。   結論からいいますと、「試聴サイトを使い倒せ!」です。   試 …

EDM での作曲コード進行④美メロ音

今回はEDMの中でも、美メロを生み出すテクニックについて紹介していきたいと思います。   EDMもいろいろなタイプのトラックがありますが、けっこう美しいメロディラインを持った曲も たくさんあ …

EDM ドラム 打ち込みのコツ③

前回は基本の4つ打ちのバリエーションの作り方について、お伝えしました。   今回は曲中で劇的にトラックの雰囲気を変えてしまう、   ハーフテンポ   についてお伝えしてい …

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

好きなときに寝て、好きなときに働く。
そんな生活をしたいと思いませんか?

このシステムを使って実現してください。
⇒ https://ex-pa.jp/et/6nf/v