DTM音楽制作研究所TRACKEDMUSIC

豊かな音楽生活のために♪ DTM 音楽制作 打ち込み ミキシング レコーディング ライブまで幅広く音楽を研究するサイト

DTMでのEDM音楽制作

EDM 音楽制作 トラックメイクのコツ シンセいじり編②

投稿日:2014-10-10 更新日:

今回は実際にソフトシンセをいじりながら、説明をしていきたいと思います。

 

最初に、前回のEDM 音楽制作 トラックメイクのコツ シンセいじり編①のおさらいです。

 

ソフトシンセサイザーで主に触っていくパラメーターは、

 

VCO=オシレーターセクション=音作りしていくための元波形を選択する

CORSE TUNE=コースチューン=元波形を半音単位で調整

FINE TUNE=ファインチューン=元波形を1/100半音で微調整

 

VCF=フィルターセクション=元波形の倍音を調整する

CUTOFF=カットオフフリケンシー=フィルターでカットする周波数帯域を設定

RESONANCE=レゾナンス=カットオフ設定付近を強調してクセをつける

 

VCA=アンプセクション=音量を調整する

 

LFO=ローフリケンシーオシレーター=トレモロやビブラート、オートパンなどを生成する

 

PORTAMENT=ポルタメント=無段階にピッチを変化させる

 

以上が基本的に触っていくパラメーターになります。

 

それでは、動画も交えて実際のいじり方を視ていきましょう。

 

今回、使用するソフトシンセはFL STUDIO11の3xOSCです。

このシンセはとてもシンプルな構成で、DAW初心者でも十分使いこなせる使用だと思います。

 

SPONSORED LINK

 

基本的にどのような手順でシンセを触っていくかというと、
1 オシレーターセクション

2 フィルターセクション

3 エンベロープセクション

4 LFOセクション

5 エフェクト処理

 

このような順番で、はじめはいじっていくといいと思います。

 

現在、ソフトシンセサイザーは多くのメーカーから、様々なタイプのものがリリースされています。

それらを使いこなすためにも、シンセの基本はぜひ抑えておきたいところです。

ひとつのシンセをある程度のところまで理解できるまでは、辛抱してください。

ちょっと触ってみてわからないからといって、他のものを開いたところで、

根本的にわかっていない状態なので、逆に求めるサウンドに対して遠回りになってしまうと思います。

 

とにかく、はじめは手を動かして耳でしっかりサウンドの変化を確認することを第一に、

取り組んでいけると、今まで耳にしてきたサウンドを再現することも、

スピードアップしていくと思います!

 

 

 

スポンサーリンク

-DTMでのEDM音楽制作
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

EDM での作曲コード進行③

今日は久々にEDMコード進行のコツについて紹介していきたいと思います。   まず、以前の記事 EDM での作曲コード進行② のおさらいをしておきたいと思います。     …

作曲のためのダイアトニックコード①

コード進行を作っていくために、ぜひ抑えておきたいのが 「ダイアトニックコード」 日本語で言うと「音階和音」と呼ばれるものです。 曲を演奏するためには、Keyを設定しなければいけません。 そのKey毎に …

FL STUDIO 11 でEDMを音楽制作する3つの理由

今回はこのブログで度々登場してくるDAWソフト「Imageline FL STUDIO 11 SIGNATURE BUNDLE」を、 なぜ多用しているのか? という理由をお話していきたいと思います。 …

EDM 作曲や音楽制作に役立つ ピッチエンベロープいじり

今回はトラック制作していて、何か派手めな効果音が欲しいなと思った時に、 役立つピッチエンベロープについてみていきたいと思います。   エンベロープはシンセの音作りで、時間的変化を調整するパラ …

よりリアルなドラム 打ち込み 生演奏感!

今回はサードパーティー製の独自のドラムマップ配列を活用した、ソフトウェアドラム音源を用いて、 さらにリアルなドラムプログラミングに迫っていきたいと思います。   使用するDAWは TASCA …

Audiostock販売ページ

オーディオストックでBGM・効果音を販売中!

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

好きなときに寝て、好きなときに働く。
そんな生活をしたいと思いませんか?

このシステムを使って実現してください。
⇒ https://ex-pa.jp/et/6nf/v