DTM音楽制作研究所TRACKEDMUSIC

豊かな音楽生活のために♪ DTM 音楽制作 打ち込み ミキシング レコーディング ライブまで幅広く音楽を研究するサイト

DTM音楽制作

EDM での作曲コード進行③

投稿日:2014-10-12 更新日:

今日は久々にEDMコード進行のコツについて紹介していきたいと思います。

 

まず、以前の記事 EDM での作曲コード進行② のおさらいをしておきたいと思います。

 

 

たとえば、KEY=C,Amの場合

 

C   Dm   Em   F   G   Am   Bm-5

1   2    3    4   5   6    7

 

でしたね。

 

それで、今回はさらに次のように覚えていただきたいのです。

 

C   Dm   Em   F   G   Am   Bm-5

1   2    3    4   5   6    7

T   SD   T    SD  D   T   (D)

 

T、D、SDはそれぞれ、

 

T=トニック

D=ドミナント

SD=サブドミナント

 

と読みます。

 

これをどのように扱うかというと、コードの機能といって役割別にグループ分けに用いられます。

 

T=トニック 1・3・6

D=ドミナント 5・(7)

SD=サブドミナント 2・4

 

というようにグループ分けすることができます。

SPONSORED LINK

 

それで今回はこれを踏まえて、「シンコペーション」というテクニックを

お伝えしていこうと思います。

 

シンコペーションとは、強拍と弱拍の位置関係をずらして、ノリに変化を与えること。

と一般的に理解されています。

もっとわかりやすい代表例を挙げると、ある小節の頭の拍が、その前の小節に「食い」こむことが、

もっとも広く理解されている意味合いです。

音楽の楽典的には、もっと正確なルールがあると思いますが、もっとカンタンな言い方をすると、

コードチェンジのタイミングがオモテ拍で演奏していたとしたら、ひとつ手前のウラ拍に「食い」こむ、

というのがわかりやすいかと思います。

 

たとえば、

 

|1 と 2 と 3 と 4 と |1 と 2 と 3 と 4 と |

|Dm7                 G                     |  Amadd9            CM7     |

 

という2小節のコード進行があったとしたら(コードネームはよく使用頻度の高いものです)、

 

|1 と 2 と 3 と 4 と   |1 と 2 と 3 と 4 と |

|Dm7           G ←                 Amadd9←|              CM7←           |

 

このようなイメージで、「食い」こんでいきます。

 

それでは、以下をご覧ください。

 

 

カンタンにコード進行のノリをよくすることができる「シンコペーション」

ぜひ研究してみてください!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

-DTM音楽制作
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

EDM 作曲のためのコード進行 426パターン

今回はEDM向けのコード進行でも、おそらく誰もが耳にしたことがあるのではないかと思うパターンを 紹介していこうと思います。   426パターン   ぜひ覚えてください! かなり使え …

MIDI機器の配線方法!

PCへオーディオインターフェースを接続したり、MIDIキーボードを接続したりすると いろいろなデータがそれぞれの機器を行き来することになります。 そのために、どのような音のデータの信号が機器間を流れて …

作曲のための音楽の3要素

音楽を作るためには、音楽の基本的な構造を抑えておくと何かと便利です。 そこで、今日は「音楽の3要素」についてお話していこうと思います。 音楽の3要素とは、 メロディ ハーモニー リズム の3つのことを …

EDM トラック制作 音楽制作手順のおさらい アレンジ

今回はEDM音楽制作でのアレンジの進め方について、お話していきます。   以前、お話したEDM トラック制作 音楽制作手順のおさらいも合わせて、 ご確認いただけるとわかりやすいと思います。 …

オーディオ/MIDIインターフェイスは必須!快適なトラック制作のために

これが無いとちょっと... カッコいい気の利いた、洒落たトラックをつくりたいのであれば、音の出口にも気を配りたいところ。 PC内臓のショボイスピーカでトラックつくりなんかいけません! いい音楽は、いい …

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

好きなときに寝て、好きなときに働く。
そんな生活をしたいと思いませんか?

このシステムを使って実現してください。
⇒ https://ex-pa.jp/et/6nf/v