DTM音楽制作研究所TRACKEDMUSIC

豊かな音楽生活のために♪ DTM 音楽制作 打ち込み ミキシング レコーディング ライブまで幅広く音楽を研究するサイト

DTMでのEDM音楽制作

EDM 音楽制作 ビート制作 トラックメイキング 波形編集

投稿日:

今回は波形編集を用いて、ビート作りを行っていきたいと思います。

 

主に波形編集で行われる操作は、

・波形の切り貼り

・波形のストレッチ

・波形のピッチ

・波形のリバース

・波形のデュレーション

 

以上のエディットを行うことが多いと思います。

 

SPONSORED LINK


それでは順番にザックリとどういったことを行うのか確認していきましょう。
・波形の切り貼り

これは文字通り、波形を分割して、コピーペーストで並び替えたりすることです。

 

・波形のストレッチ

テンポを持ったフレーズやビートであれば、BPMを合わせたりします。

テンポを持たない効果音や持続音は、単純に音の長さを調整するときに使われます。

 

・波形のピッチ

最近のDAWではストレッチとピッチは独立してコントロールできますが、

以前はカセットテープの倍速再生やスロー再生のように、再生速度とピッチは同時に変化するものでした。

その効果を再現したり、単純にピッチを上げ下げしたりします。

 

・波形のリバース

もっとも使用頻度が高いのがリバースシンバルかと思いますが、

あらゆるサウンドは逆再生すると、思いがけないサウンドになったりするので、

音作りにマンネリしてきたら、打開するのに効果的だったりします。

 

・波形のデュレーション

ストレッチとも似ていますが、こちらはノリをコントロールするために、波形をスリップ編集していきます。

スリップ編集とは、波形クリップ(リージョンとも呼ばれる)の端っこをドラッグすることにより、

再生範囲を指定する操作です。

 

最後に動画で確認しておきましょう。

 

 

DAWによって便利な機能がそれぞれあると思うので、より効率良くサウンド作りを進めるためにも、

波形編集に関係のある操作方法をあらかじめチェックしておきましょう!

 

スポンサーリンク

-DTMでのEDM音楽制作
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

DTMをつかってトラックを作ろう!

「DTMをつかってトラックをつくろう!」 とイキナリ誘われても 「ハイ?DTMってなに?」 っ感じかと思いますが、 かんたんにいうと「最小限の努力で最大限の音楽作りを楽しめるスタイル!」です。 DTM …

EDM ドラム 打ち込みのコツ③

前回は基本の4つ打ちのバリエーションの作り方について、お伝えしました。   今回は曲中で劇的にトラックの雰囲気を変えてしまう、   ハーフテンポ   についてお伝えしてい …

作曲のための音楽の3要素

音楽を作るためには、音楽の基本的な構造を抑えておくと何かと便利です。 そこで、今日は「音楽の3要素」についてお話していこうと思います。 音楽の3要素とは、 メロディ ハーモニー リズム の3つのことを …

EDM 作曲や音楽制作に役立つ ミキシングテクニック ローカット処理を究めよう!

今回はEDMに限らず、トラック制作の最終段階で行われるミキシング作業についてお話していきます。   ミキシング作業では、オーディオエフェクトであるEQが多用されますが、 音の分離感が良いミッ …

作曲に便利な 切ないコード進行のキング 6451コード進行

今回は日本人大好き、切ないコード進行を紹介していきたいと思います。   ジャンル問わず、応用力抜群のコード進行になるので、ぜひ、覚えて活用していってほしいと思います。 この6451パターンは …

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

好きなときに寝て、好きなときに働く。
そんな生活をしたいと思いませんか?

このシステムを使って実現してください。
⇒ https://ex-pa.jp/et/6nf/v