DTM音楽制作研究所TRACKEDMUSIC

豊かな音楽生活のために♪ DTM 音楽制作 打ち込み ミキシング レコーディング ライブまで幅広く音楽を研究するサイト

DTM音楽制作

EDM での作曲コード進行7 オンコード

投稿日:

今回はEDMトラック制作において、コード進行を組み立てる上で、かなり役立つテクニック、

 

「オンコード」

 

についてお話していこうと思います。

 

オンコードというのは、ベース音を一定の音で保持し続けるテクニックです。

オンコードによって、どのような効果があるかというと、

ハーモニーが変わってないようで変わってくみたいな、

全く勉強してないようで、めちゃ出来がいい人みたいな、クールさが生まれます。

 

まあ例えがよくわからなかったかもしれませんが、

オンコードを知っておくと、かなりコード進行を組み立てるときの幅が広がります。

 

SPONSORED LINK

 

具体的な例を挙げると、

 

|Am  |Em/A  |F/A     |G/A     |

 

とか、よく使われたりします。

 

オンコードは別名、分数コードとも呼ばれていて、分母がベース音、分子が和音として鳴らされます。

上記の鳴らし方は、ペダルトーンとも呼ばれるオンコードの鳴らし方で、

クールさを演出する鳴らし方ですが、もうひとつベースラインを際立てセルなら仕方があります。

 

|C  G/B |Am  G |Dm  C/E |F/G  G |

 

というコード進行がよく歌モノポップスなどで、よく使われるのですが、

実は分子の和音だけ鳴らしていっても成立するんですね。

 

|C  G |Am  G |Dm  C |F  G  |

 

となりますね。

このふたつを聴き比べてみると、そっくりな流れだけど、

どこか印象が異なるかと思います。

 

 

このようにして、コード進行の鳴らし方に変化をつけることもできるんですね!

 

ぜひオンコードも活用して、より有機的なトラックも作っていってもらえたらと思います!

スポンサーリンク

-DTM音楽制作
-, , , ,

執筆者:

関連記事

EDM ドラムパート 打ち込み 基本テクニック①

今回はEDMの基本的なビートの打ち込み方を紹介していこうと思います。 基本中の基本としては、4つ打ちパターンが基本になります。 具体的な打ち込み方は、 まず、キック、ハット、クラップもしくはスネアを用 …

EDM ドラム 打ち込みのコツ 応用 フィルイン ①

前回まで、リズムパートにおける基本的なビート作りをお伝えしてきました。 ビートができても、ただそれだけをループしてるだけでは、トラックにメリハリがつきません。 そこで重要になってくるのが、 &nbsp …

モニタースピーカー いい音楽はいい耳から

DAWで再生される音は最終的にオーディオインターフェースから出力されるわけですが、実はこの最終的な部分がもっとも重要だったりします! スピーカーから出てくる音は、どんなスピーカーでも大して変わらないだ …

そもそもMIDIとは?①

音楽制作をはじめると、とにかくよく出てくるワードが「MIDI」という単語。   今回は、そもそも「MIDI」とは何ぞや? というところをお話していきたいと思います。   まず、MI …

EDM での作曲コード進行①

EDMに限らず、ダンスミュージックにおいてはビートが最重要の要素ですが、 ハンズアップ系のEDMでは、コード進行も重要になってきます。   ビートでトラックが盛り上がるのと同じくらい、 コー …

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

好きなときに寝て、好きなときに働く。
そんな生活をしたいと思いませんか?

このシステムを使って実現してください。
⇒ https://ex-pa.jp/et/6nf/v