DTM音楽制作研究所TRACKEDMUSIC

豊かな音楽生活のために♪ DTM 音楽制作 打ち込み ミキシング レコーディング ライブまで幅広く音楽を研究するサイト

DTMでのEDM音楽制作

EDM トラック制作 音楽制作手順のおさらい コード進行パターンを決める

投稿日:

今回は、EDM制作手順のおさらい、ステップ2ということで、

コード進行パターンの決め方についてお話していこうと思います。

 

コード進行といえば、無数に存在していて、どこから手をつけていいのかわからない!

という方が、かなり、いらっしゃるかと思います。

でも、そんなに難しく考えないでください。

音楽を構成するさまざまな要素の中でも、コード進行に関していうと、

パクリOK!な要素だということは、世界的に共通認識としてあったりします。

SPONSORED LINK

もちろん、ある曲をそっくりそのままというわけにはいきませんが、

歌詞やメロディラインは著作権という権利が、ある程度、確立されているそうですが、

曲の伴奏であるコード進行については、似てしまうのは致し方ない、

というのが実情としてあるんですね。

まあ、そのおかげもあって、ある曲がヒットすると似たような曲で、

世の中溢れてしまうということも起こってしまうのですが。。。

 

でも、それくらい自由が許されているコード進行を使い回さない手はありません。

 

では、実際にある曲からコード進行を抜き取って、カンタンなトラックを制作してみましょう!

 

レディ・ガガのリミックスでも有名な、ロシア生まれのドイツのDJ、音楽プロデューサーZedd氏の

「Find You」からおいしいコード進行をいただいてみましょう!

 

この曲の0:15~0:40あたりの部分が、いわゆるAメロとBメロと呼ばれる部分で、この後サビに突入するのですが、

このAメロとBメロの部分を抜き出してみましょう。

こんなコード進行です。

 

Key=Eb,Cm

Aメロ |Cm7|Bb/D|Eb|Fm7|AbM7|Gm7|Cm7|Cm7 Bb|

Bメロ |Eb|Fm7|Gm7|Cm7 Bb|AbM7|AbM7/B|

 

では、このコード進行を守りつつ、自由にトラック制作してみると、

このようになります!

 

今回はコードチェンジのタイミングが一緒なので、ほぼ一緒に聞こえてしまいますが、

メロディラインを乗せてみると、若干、変化してくると思います。

これにシンコペーションなどのテクニックや、4つ打ちではないビートとかいじってあげると、

さらに元のパターンから変化がつくと思います。

 

ますは、曲の耳コピーをしながら、気に入ったコード進行パターンをたくさん見つけていき、

どんどんストックしていきましょう!

 

スポンサーリンク

-DTMでのEDM音楽制作
-, , , , , ,

執筆者:

関連記事

EDM での作曲 トラックメイクに必要なもの⑤ シンセサイザー

前回はモニタースピーカーについてお伝えしました。   作曲、トラックメイクに必要なものとして、 基本的には、   ・PC ・DAWソフト ・オーディオインターフェイス ・MIDIコ …

EDM 作曲のためのコード進行 3456パターン

今回はEDM作曲、トラック制作でおさえておきたいコード進行を紹介していきます。 作曲とコード進行は切っても切ることができない関係なので、 1に引き出し、2に引き出し、3に引き出し・・・・・・・ どこま …

EDM ドラムパート 打ち込み 基本テクニック①

今回はEDMの基本的なビートの打ち込み方を紹介していこうと思います。 基本中の基本としては、4つ打ちパターンが基本になります。 具体的な打ち込み方は、 まず、キック、ハット、クラップもしくはスネアを用 …

DTMをつかってトラックを作ろう!

「DTMをつかってトラックをつくろう!」 とイキナリ誘われても 「ハイ?DTMってなに?」 っ感じかと思いますが、 かんたんにいうと「最小限の努力で最大限の音楽作りを楽しめるスタイル!」です。 DTM …

作曲のためのダイアトニックコード①

コード進行を作っていくために、ぜひ抑えておきたいのが 「ダイアトニックコード」 日本語で言うと「音階和音」と呼ばれるものです。 曲を演奏するためには、Keyを設定しなければいけません。 そのKey毎に …

Audiostock販売ページ

オーディオストックでBGM・効果音を販売中!

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

好きなときに寝て、好きなときに働く。
そんな生活をしたいと思いませんか?

このシステムを使って実現してください。
⇒ https://ex-pa.jp/et/6nf/v