DTMでのEDM音楽制作

EDM パンチのあるキックの作り方

投稿日:2014-10-31 更新日:

今回はEDMのビートの要であるキックのパンチの出し方について、

お話していこうと思います。

 

最近のDAWであれば、音楽制作においてかなり役立つプラグインエフェクトなどは、

一通り揃っていたりするので、案外かんたんに音圧を出せたりすると思います。

SPONSORED LINK

そこで、ひとつ気をつけなければならないのが、オーバークリップです。

どうしても、デジタルで音を取り扱う上で、ネックになってくるのがオーバークリップです。

音がクリップして歪むと、それはなんともし難い耳障りなデジタルノイズが発生してしまいます。

これを防ぐためには、きちんとレベルメーターを0dBに収めるということが必須条件になります。

 

しかし、それぞれのDAWで0dBを超えたとしても、ヘッドルームといって、

すぐに歪まないように余裕を作っていたりもするので、

0db超えたからすぐデジタルノイズに繋がるというわけでもありませんが、

用心するに越したことはありません。

 

さて、パンチのあるキックの作り方ですが、まずは参考になる曲のキックを聴いて、

どれくらい音圧や太さを感じるか確認してみてください。

これ、結構大事です。

とにかく目指すのは、リスペクトしているトラックのキックです。

できるだけそのキックの音に近づけるのです。

 

なので、キックの音選びから、すでにサウンド作りが始まっています。

最初に太いキックを選んでおかないと、いくら後からEQやらコンプやらかけても、

もともとショボイキックはショボさが強調されるだけです。

音色ライブラリーからキックを選べるのであれば、

まずは鳴らした瞬間に迫力を感じるものをチョイスしてください。

 

次にエンベロープでディケイタイムをいじれるようであれば、ディケイタイムを調整してみましょう。

キックの余韻の具合によって、キックの重さというか太さみたいなのが変化するのがわかると思います。

わかりづらい!という方は、とりあえず、わかるまで繰り返しいじくってみてください。

このディケイタイムの調整で、好みの重さになったら、次はEQでローエンドの周波数成分を、

若干、カット気味にします。

これによって、次にかけるコンプの効き具合が良くなります。

EQは基本的に100Hz~200Hzの低音部分はブーストしません。

なぜかというと、そこはベースパートの帯域だからです。

最終的に立体的なミックスに仕上げるために、パートごとの帯域をきっちり住み分けることが重要です。

 

EQ処理をしたら、コンプレッサーで音圧調整です。

スレッショルドは-10dbくらい

レシオは8:1くらい

アタックタイムは2msくらい

リリースタイムは75msくらい

ゲインは+6dBくらい

という設定を使うことが多いです。

後は、曲調やアレンジによって、微調整していく感じです。

 

そして、最後にリミッターをかけます。

アウトプットレベルは-1.0dBくらい

こいつでオーバークリップを防ぐみたいなイメージです。

 

 


いつもブログをお読みいただきありがとうございます!




DTMランキング
スポンサーリンク

-DTMでのEDM音楽制作
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

2014年時点での最新の音楽、EDMについて

そもそもEDMとは、   EDMとはElectronic Dance Music、文字どおりエレクトロニックなダンス・ミュージックを総称するワードとして、 アメリカで古くから使われてきました …

チップチューンに挑戦!8ビットサウンドを楽しもう!

チップチューンってご存知ですか、現在じわじわとフォロワーが増えていっている音楽ジャンルです。   チップチューンというのは、かんたんに説明するとファミコンのサウンドチップで鳴らしたような、 …

EDM DTM FESTIVAL

EDMの作り方を人気DJ Martin Garrix(マーティン・ギャリックス) に学ぶときの3つのコツ!

SPONSORED LINK みなさん 朗報です! EDMのDJの名手Martin Garrix(マーティン・ギャリックス)は、ご存知でしょうか? 彼は音楽制作では、FL STUDIO使いでも有名です …

MIDIコントローラー!縦横無尽に音空間をうみだすもの!

DJがDJミキサーを自由自在に操り、イカシタ音空間を生み出すように、 トラックメーカーはMIDIコントローラーを駆使して、かっちょいい表情を音に付けていくのです! どのようなものがあるかというと ・鍵 …

DAWを活用して作曲、音楽制作するとき 効率良く作曲するためには?

今回はDAWを用いて、作曲や音楽制作を行うにあたって、 サクサクと効率よく作業を進めるためのポイントについてお伝えしていきます。   曲作りは、クリエイターの数だけ独自の手法が存在します。 …

そもそもMIDIとは?②

前回は、MIDIを知るために4つのポイントのお話をしましたが、 今回はMIDIが誕生したことによって、 「MIDIで実現した3つのこと」 について、お話していこうと思います。   (1)リモ …

サイト内検索

SPONSORED LINK

プロフィール

管理人プロフィール
しょちょー(SHAKE)
音楽活動サービス「SOUNDSHAKE」主宰。サウンドクリエイター、コンポーザー、トラックメイカー、アレンジャー、ボイストレーナー。CM、ショップBGM、などの映像やアプリの音楽を作曲したり、歌モノの編曲をしたり、オープンワールド系ゲームで旅したり、ググールアースで海外旅行したりしてます。

Audiostock販売ページ

オーディオストックでBGM・効果音を販売中!