*

EDM パンチのあるキックの作り方

今回はEDMのビートの要であるキックのパンチの出し方について、

お話していこうと思います。

 

最近のDAWであれば、音楽制作においてかなり役立つプラグインエフェクトなどは、

一通り揃っていたりするので、案外かんたんに音圧を出せたりすると思います。

SPONSORED LINK

そこで、ひとつ気をつけなければならないのが、オーバークリップです。

どうしても、デジタルで音を取り扱う上で、ネックになってくるのがオーバークリップです。

音がクリップして歪むと、それはなんともし難い耳障りなデジタルノイズが発生してしまいます。

これを防ぐためには、きちんとレベルメーターを0dBに収めるということが必須条件になります。

 

しかし、それぞれのDAWで0dBを超えたとしても、ヘッドルームといって、

すぐに歪まないように余裕を作っていたりもするので、

0db超えたからすぐデジタルノイズに繋がるというわけでもありませんが、

用心するに越したことはありません。

 

さて、パンチのあるキックの作り方ですが、まずは参考になる曲のキックを聴いて、

どれくらい音圧や太さを感じるか確認してみてください。

これ、結構大事です。

とにかく目指すのは、リスペクトしているトラックのキックです。

できるだけそのキックの音に近づけるのです。

 

なので、キックの音選びから、すでにサウンド作りが始まっています。

最初に太いキックを選んでおかないと、いくら後からEQやらコンプやらかけても、

もともとショボイキックはショボさが強調されるだけです。

音色ライブラリーからキックを選べるのであれば、

まずは鳴らした瞬間に迫力を感じるものをチョイスしてください。

 

次にエンベロープでディケイタイムをいじれるようであれば、ディケイタイムを調整してみましょう。

キックの余韻の具合によって、キックの重さというか太さみたいなのが変化するのがわかると思います。

わかりづらい!という方は、とりあえず、わかるまで繰り返しいじくってみてください。

このディケイタイムの調整で、好みの重さになったら、次はEQでローエンドの周波数成分を、

若干、カット気味にします。

これによって、次にかけるコンプの効き具合が良くなります。

EQは基本的に100Hz~200Hzの低音部分はブーストしません。

なぜかというと、そこはベースパートの帯域だからです。

最終的に立体的なミックスに仕上げるために、パートごとの帯域をきっちり住み分けることが重要です。

 

EQ処理をしたら、コンプレッサーで音圧調整です。

スレッショルドは-10dbくらい

レシオは8:1くらい

アタックタイムは2msくらい

リリースタイムは75msくらい

ゲインは+6dBくらい

という設定を使うことが多いです。

後は、曲調やアレンジによって、微調整していく感じです。

 

そして、最後にリミッターをかけます。

アウトプットレベルは-1.0dBくらい

こいつでオーバークリップを防ぐみたいなイメージです。

 

 

ブログランキング~ちょっとでも音楽制作のタシになったと思ったら、ポチっとしてください♪


DTM ブログランキングへ

スポンサーリンク
 

関連記事

音楽制作

そもそもMIDIとは?②

前回は、MIDIを知るために4つのポイントのお話をしましたが、 今回はMIDIが誕生したことに

記事を読む

音楽制作

EDM での作曲コード進行④美メロ音

http://youtu.be/pZDn8fAUG8U 今回はEDMの中でも、美メロを生み出す

記事を読む

音楽制作

EDM 音楽制作 トラックメイクのコツ シンセいじり編②

今回は実際にソフトシンセをいじりながら、説明をしていきたいと思います。   最

記事を読む

音楽制作

作曲のための音楽の3要素

音楽を作るためには、音楽の基本的な構造を抑えておくと何かと便利です。 そこで、今日は「音楽の3

記事を読む

音楽制作

モニタースピーカー いい音楽はいい耳から

DAWで再生される音は最終的にオーディオインターフェースから出力されるわけですが、実はこの最終的な部

記事を読む

音楽制作

作曲に便利な 切ないコード進行のキング 6451コード進行

今回は日本人大好き、切ないコード進行を紹介していきたいと思います。   ジャン

記事を読む

音楽制作

そもそもMIDIとは?③

今日はMIDIエディットしていくにあたって、 まずは押さえておきたいMIDI基本用語を紹介して

記事を読む

音楽制作

MIDI機器の配線方法!

PCへオーディオインターフェースを接続したり、MIDIキーボードを接続したりすると いろいろなデー

記事を読む

音楽制作

EDM トラック制作 音楽制作手順のおさらい ミキシング

今回はEDM トラック制作もしくは音楽制作での作業の山場でもある、 ミキシングについてお話しさ

記事を読む

音楽制作

EDM 音楽制作 トラックメイクのコツ シンセいじり編①

EDMトラックを制作する上で欠かせないシンセサイザー、 いよいよ切り込んでいきたいと思います。

記事を読む

SPONSORED LINK



SPONSORED LINK



no image
お正月の音楽といえば「春の海」 DTM作曲に役立つ音楽制作のコツ

毎年、お正月を迎えるといたるところで耳にする音楽があります。 &

xmaswreath04-001
DTMで作曲や音楽制作に役立つコツ 冬といえばクリスマスソングというか冬に聴きたくなる曲とか・・・からアイデアを頂く!

今日はクリスマスです! 街は笑顔で行き交うカップルばかりで、どこ

studioonefree
DTM入門者や初心者が作曲するために (7)既成のアレンジを借用して作曲を進めよう!例えば「千本桜」とか

今回は既成曲を土台に、新たに作曲をする手順を紹介したいと思います。

studioonefree
DTM入門者や初心者が作曲するために (6)Studio One Freeの環境設定

今回はStudio One Freeがトラブったときの対処法についてお

studioonefree
DTM入門者や初心者が作曲するために (5)コードパートでコード進行をリズミカルに打ち込む コツや作り方

今回はドラムパートで打ち込んだビートに、コードパートをリズミカルに乗っ

→もっと見る

  • SPONSORED LINK
  • 好きなときに寝て、好きなときに働く。
    そんな生活をしたいと思いませんか?

    このシステムを使って実現してください。
    ⇒ https://ex-pa.jp/et/6nf/v

SPONSORED LINK

PAGE TOP ↑