DTM音楽制作研究所TRACKEDMUSIC

豊かな音楽生活のために♪ DTM 音楽制作 打ち込み ミキシング レコーディング ライブまで幅広く音楽を研究するサイト

DTM音楽制作

作曲練習 ハーモニーの組み立て方 アレンジのために

投稿日:

今回はジャンルを問わずに、作曲をしていると常について回るハーモニーについて、

お話していこうと思います。

 

おさらいになりますが、ハーモニーとは、

 

コード進行+リズム

 

でしたね。

 

そこで、リズムの要素を取っ払うと、昔ながらなクラシック的な意味でのハーモニーになってきます。

つまり、白玉コード的に、あまり細かくリズムを刻まずに、ドレミの音と音のつながり重視で、

演奏させていきます。

そうすると、積み重なっている音のどの音がどういった意味を持つかが、わかってくると思います。

 

たとえば、コード進行が、

 

|Am7 G|FM7 Em7|Dm7 Dm7/G|C G/B|

 

で考えてみましょう。

 

SPONSORED LINK

 

ピアノロールの一番低いラインが、コードのルート音でベースラインになります。

一番高いラインがメロディラインになります。

これらを合わせて、外声と呼ばれています。

この外声だけでも、十分に曲として認識できてしまうと思います。

そして、真ん中のラインはハーモニーの雰囲気作りを担うコードトーンになります。

この内側のラインを内声と呼ばれています。

 

つまりハーモニーというのは、外声と内声の積み重なりによって、

作られているということになります。

 

これはどんなにパート数が増えたとしても、ハーモニーは音の積み重ねに過ぎないので、

必ず、外声と内声が生まれることになります。

 

コードは最低3つの音の積み重ねで作られるので、もしハーモニー作りが苦手という方は、

ぜひ、この3声でのメロディライン作りを練習してみてください。

音の重ね方、連ね方で、いろいろなパターンが見えてくるようになると思います。

 

今回はハーモニーの基本的な部分になりますが、

ほんと奥が深い部分でもあるので、ぜひ理解を深めていきたいところでもあります。

また、機会があれば、さらに深く掘り下げたお話もしていこうと思います。

スポンサーリンク

-DTM音楽制作
-, , , ,

執筆者:

関連記事

EDM での作曲コード進行6 641パターン

今日はEDMでよく使われるコードパターンを紹介していきたいと思います。   以前、紹介したダイアトニックコードのお話  EDM での作曲コード進行① でもお伝えしたことを踏まえてもらえるとわ …

EDM での作曲コード進行③

今日は久々にEDMコード進行のコツについて紹介していきたいと思います。   まず、以前の記事 EDM での作曲コード進行② のおさらいをしておきたいと思います。     …

EDM 作曲のためのコード進行 1234パターン

今回はEDMでの作曲や音楽制作に役立つコード進行ということで、 1234パターンをお伝えしていきます!   EDMで作曲するときのコードの基本については、EDM での作曲コード進行② を参照 …

EDM 作曲のためのコード進行 2拍コードチェンジ

今回はEDMトラック制作、音楽制作で役に立つコード進行パターンとして、 「2拍コードチェンジ」というものを紹介していこうと思います。   なんのことはなく、あるコードが別のコードに変わるのを …

DTMをつかってトラックをつくろう!

「DTMをつかってトラックをつくろう!」  とイキナリ誘われても  「ハイ?DTMってなに?」  ってかんじですが    かんたんにいうと「最小限の努力で最大限の音楽作りをたのしめるかたち!」です。 …

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

好きなときに寝て、好きなときに働く。
そんな生活をしたいと思いませんか?

このシステムを使って実現してください。
⇒ https://ex-pa.jp/et/6nf/v