DTM音楽制作研究所TRACKEDMUSIC

豊かな音楽生活のために♪ DTM 音楽制作 打ち込み ミキシング レコーディング ライブまで幅広く音楽を研究するサイト

DTMでのEDM音楽制作

作曲練習 ハーモニーの組み立て方 アレンジのために

投稿日:

今回はジャンルを問わずに、作曲をしていると常について回るハーモニーについて、

お話していこうと思います。

 

おさらいになりますが、ハーモニーとは、

 

コード進行+リズム

 

でしたね。

 

そこで、リズムの要素を取っ払うと、昔ながらなクラシック的な意味でのハーモニーになってきます。

つまり、白玉コード的に、あまり細かくリズムを刻まずに、ドレミの音と音のつながり重視で、

演奏させていきます。

そうすると、積み重なっている音のどの音がどういった意味を持つかが、わかってくると思います。

 

たとえば、コード進行が、

 

|Am7 G|FM7 Em7|Dm7 Dm7/G|C G/B|

 

で考えてみましょう。

 

SPONSORED LINK

 

ピアノロールの一番低いラインが、コードのルート音でベースラインになります。

一番高いラインがメロディラインになります。

これらを合わせて、外声と呼ばれています。

この外声だけでも、十分に曲として認識できてしまうと思います。

そして、真ん中のラインはハーモニーの雰囲気作りを担うコードトーンになります。

この内側のラインを内声と呼ばれています。

 

つまりハーモニーというのは、外声と内声の積み重なりによって、

作られているということになります。

 

これはどんなにパート数が増えたとしても、ハーモニーは音の積み重ねに過ぎないので、

必ず、外声と内声が生まれることになります。

 

コードは最低3つの音の積み重ねで作られるので、もしハーモニー作りが苦手という方は、

ぜひ、この3声でのメロディライン作りを練習してみてください。

音の重ね方、連ね方で、いろいろなパターンが見えてくるようになると思います。

 

今回はハーモニーの基本的な部分になりますが、

ほんと奥が深い部分でもあるので、ぜひ理解を深めていきたいところでもあります。

また、機会があれば、さらに深く掘り下げたお話もしていこうと思います。

スポンサーリンク

-DTMでのEDM音楽制作
-, , , ,

執筆者:

関連記事

DTMをいつでもどこでも誰とでも ブラウザ上で動くDAWアプリSoundtrapで音楽制作!

今回はブラウザ上で手軽に音楽制作ができてしまうアプリを紹介していきます。   今回紹介する「Soundtrap」はマルチプラットホームになっており、 WIN、MAC、タブレット、スマホからア …

よりリアルなドラム 打ち込み 生演奏感!

今回はサードパーティー製の独自のドラムマップ配列を活用した、ソフトウェアドラム音源を用いて、 さらにリアルなドラムプログラミングに迫っていきたいと思います。   使用するDAWは TASCA …

EDM での作曲 トラックメイクに必要なもの①

現在の音楽シーンではEDMというジャンルが隆盛を誇っています。 クラブミュージックでの音楽制作を志している方の間では、EDMの楽曲はどのようなツールを活用しているのか。 が気になるところだと思います。 …

音楽制作に必須 Keyとは?

Keyとは ドレミで曲を演奏するための基本ルールです。 一般的に音楽を作るということは、西洋音楽を元にした クロマチックスケールと呼ばれる12半音階のものを用いることになります。 つまり、 C C#  …

EDM シンセをレイヤーして音圧を出す

今回はEDM音楽制作において、レイヤーを活用してサウンドに音圧を出す方法をお話していきます。   最近のソフトシンセですと、一台でも十分な音圧を出してくれるものもたくさん出てきました。 しか …

Audiostock販売ページ

オーディオストックでBGM・効果音を販売中!

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

好きなときに寝て、好きなときに働く。
そんな生活をしたいと思いませんか?

このシステムを使って実現してください。
⇒ https://ex-pa.jp/et/6nf/v