DTM音楽制作研究所TRACKEDMUSIC

豊かな音楽生活のために♪ DTM 音楽制作 打ち込み ミキシング レコーディング ライブまで幅広く音楽を研究するサイト

DTMでのEDM音楽制作

作曲に便利な 切ないコード進行のキング 6451コード進行

投稿日:2014-11-03 更新日:

今回は日本人大好き、切ないコード進行を紹介していきたいと思います。

 

ジャンル問わず、応用力抜群のコード進行になるので、ぜひ、覚えて活用していってほしいと思います。

この6451パターンはメロディラインを作ることにおいても、かなり重宝すること間違いないです。

イメージとしては、ぐっと気持ちをこらえたところから、気持ちが解き放たれるような雰囲気を持っていると思います。

 

早速、具体的な解説に入っていきますね。

 

KeyC,Amでたとえると、

 

|Am F |G C |

 

となりますが、より現実的なボイシングにすると、

 

|Am7 FM7 |G C G/B|

 

というパターンが多用されます。

 

これをジャンルによって、リズムパターンだったり、使用する音色パートを変えると、

かなりのバリエーションを生み出すことができます。

SPONSORED LINK

 

音楽を続けていると、様々なコード進行パターンが登場してきますが、

これを整理していくコツとしては、

 

「ハーモニーの上がり下がりを意識して聴く」ことがポイントになってきます。

 

できれば、ダイアトニックコードの一覧を眺めながら聴くことがベストです。

順番に動いていっているのか、ひとつ飛ばしで動いているのかなど、

あるコードから別のコードへどのような距離感で動いているのかというイメージ、

というのが重要になってきます。

 

このへんが感覚を掴めてくると、かなり音楽制作の幅が広がってくると思います。

 

一朝一夕にはいかない部分でもありますが、そこを堪えて実直に聴きこんでいくと、

ある日突然、ぱっと目の前が開ける瞬間が来ます。

 

そこまでたどり着けると、本当に作曲の自由度が格段に広がってきます。

 

そのコードとコードの距離感を掴むには、とても適しているのが、

6451コード進行パターンではないかと、個人的には強く思うのであります。

 

ぜひ、何曲も何曲も聴き比べてみてください。

そこには、いくつもの発見があると思います!

スポンサーリンク

-DTMでのEDM音楽制作
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

MIDI機器の配線方法!

PCへオーディオインターフェースを接続したり、MIDIキーボードを接続したりすると いろいろなデータがそれぞれの機器を行き来することになります。 そのために、どのような音のデータの信号が機器間を流れて …

EDM での作曲 トラックメイクに必要なもの④ モニタースピーカー

前回はMIDIコントローラーについてお伝えしてきました。   作曲、トラックメイクに必要なものとして、 基本的には、 ・PC ・DAWソフト ・オーディオインターフェイス ・MIDIコントロ …

EDM 作曲のためのコード進行 2拍コードチェンジ

今回はEDMトラック制作、音楽制作で役に立つコード進行パターンとして、 「2拍コードチェンジ」というものを紹介していこうと思います。   なんのことはなく、あるコードが別のコードに変わるのを …

EDM パンチのあるキックの作り方

今回はEDMのビートの要であるキックのパンチの出し方について、 お話していこうと思います。   最近のDAWであれば、音楽制作においてかなり役立つプラグインエフェクトなどは、 一通り揃ってい …

MIDIコントローラー!縦横無尽に音空間をうみだすもの!

DJがDJミキサーを自由自在に操り、イカシタ音空間を生み出すように、 トラックメーカーはMIDIコントローラーを駆使して、かっちょいい表情を音に付けていくのです! どのようなものがあるかというと ・鍵 …

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

好きなときに寝て、好きなときに働く。
そんな生活をしたいと思いませんか?

このシステムを使って実現してください。
⇒ https://ex-pa.jp/et/6nf/v