DTMでのEDM音楽制作

EDM 作曲のためのコード進行 426パターン

投稿日:2014-11-15 更新日:

今回はEDM向けのコード進行でも、おそらく誰もが耳にしたことがあるのではないかと思うパターンを

紹介していこうと思います。

 

426パターン

 

ぜひ覚えてください!

かなり使えます。

めちゃくちゃ使えます。

メロディがいくらでも浮かんできます。

 

ていうくらい、かなり使い勝手のいいコード進行パターンのひとつです!

SPONSORED LINK

 

どこかで聴いたことがあるような感じですね。

わかる方はわかると思います。

 

この426パターンは、かなりループと相性のいいコード進行パターンのひとつだと思います。

ずっと聴いていても、ずっと聴き続けてしまう魔力みたいなものを感じてしまいます。

そして、なんといってもとの相性が抜群にいいんですね!

 

四七抜き音階とはメジャーペンタトニックスケールとも呼ばれ、

ドレミファソラシドのうち、4番のファと7番目のシを抜いた、

ドレミソラだけで作る音階のことです。

この音階は、音階そのものがすでにメロディラインを感じさせるので、

ソロパートの演奏とかでも頻繁に使われる音階です。

適当にこの音階上をなぞっていくだけでも、不思議とメロディラインになってしまうんですね。

 

426コード進行パターンと四七抜き音階で、おそらく数時間遊べるんじゃないかというくらい

いろいろイメージがわいてくると思います。

もちろん、四七抜き音階に捉われることなく、自由にフレーズをぶつけていくのも、

またアイデアが広がると思います。

 

ぜひメロディ作りに活用していきましょう!

 


いつもブログをお読みいただきありがとうございます!




DTMランキング
スポンサーリンク

-DTMでのEDM音楽制作
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

そもそもMIDIとは?①

音楽制作をはじめると、とにかくよく出てくるワードが「MIDI」という単語。   今回は、そもそも「MIDI」とは何ぞや? というところをお話していきたいと思います。   まず、MI …

EDM シンセをレイヤーして音圧を出す

今回はEDM音楽制作において、レイヤーを活用してサウンドに音圧を出す方法をお話していきます。   最近のソフトシンセですと、一台でも十分な音圧を出してくれるものもたくさん出てきました。 しか …

EDM 作曲や音楽制作に役立つ シンセのレイヤー術

今回はEDMらしいシンセサウンドにするための、ちょっとしたコツについてお伝えしていきます。   トラック制作でよく見かけるのが、1パート1トラックのように縛りを設けてしまっているパターン。 …

EDM での作曲 トラックメイクに必要なもの⑤ シンセサイザー

前回はモニタースピーカーについてお伝えしました。   作曲、トラックメイクに必要なものとして、 基本的には、   ・PC ・DAWソフト ・オーディオインターフェイス ・MIDIコ …

音楽制作に必須 Keyとは?

Keyとは ドレミで曲を演奏するための基本ルールです。 一般的に音楽を作るということは、西洋音楽を元にした クロマチックスケールと呼ばれる12半音階のものを用いることになります。 つまり、 C C#  …

EDM トラック制作 音楽制作手順のおさらい ビート制作

今回はEDM音楽制作手順のおさらいということで、ビート制作をおさらいしていこうと思います。 全体の流れは、EDM トラック制作 音楽制作手順のおさらい 参照していただくとわかりやすいかと思います。合わ …

サイト内検索

SPONSORED LINK

プロフィール

管理人プロフィール
しょちょー(SHAKE)
音楽活動サービス「SOUNDSHAKE」主宰。サウンドクリエイター、コンポーザー、トラックメイカー、アレンジャー、ボイストレーナー。CM、ショップBGM、などの映像やアプリの音楽を作曲したり、歌モノの編曲をしたり、オープンワールド系ゲームで旅したり、ググールアースで海外旅行したりしてます。

Audiostock販売ページ

オーディオストックでBGM・効果音を販売中!