DTM音楽制作研究所TRACKEDMUSIC

豊かな音楽生活のために♪ DTM 音楽制作 打ち込み ミキシング レコーディング ライブまで幅広く音楽を研究するサイト

DTMでのEDM音楽制作

EDM 作曲のコツ 曲構成を決めておく

投稿日:2014-11-16 更新日:

今回はEDMの作曲のコツということで、EDMの曲構成について掘ってみたいと思います。

普段、あなたは曲構成を意識しながら音楽を聴いてるでしょうか?

 

「そんなのいちいち気にしてねーよ!」

と言われてしまいそうですが、音楽制作を志しているのならば、

ここは押さえておきたいところです。

 

曲構成とは、よく物語の起承転結に例えられます。

Aメロが起で、Bが承で、、、

みたいに解釈されることが多いです。

 

しかし、そんなまどろこしく覚えるよりも、

基本の型を覚えてしまった方が手っ取り早いと、個人的に思います。

 

下に表した曲構成が定番の型になります。

 

intro 1A 1B 1C 2A 2B 2C 間奏 D 3C outro

SPONSORED LINK

 

多くの楽曲は、どこかしらこの流れを踏まえてるかと思います。

この型を覚えて、後はいじりたいところを少々手を加えることで、

よりグッとくる流れに調整することもできます。

 

まずは定番の型を覚えてしまってください。

 

もうひとつ、日本の音楽シーンと欧米の音楽シーンとでは、定番の曲構成に多少違いがあります。

欧米の曲構成はわりとシンプルな繰り返しが多かったりします。

一方、日本の音楽シーンだとこれでもかというくらいサービス精神豊かな曲構成のものがほとんどだと思います。

その差は何かというと、文化の違いが大きいといわれていたりします。

日本ではワビサビの精神で、クライマックスに向けてあの手この手を駆使していく感じで、

欧米だと、もうちょっと合理的で曲全体全てがいいから聴いてみそ!みたく割とスポーツ感覚に近いのかもしれません。

 

どちらもそれぞれ心地よい部分を持っているので、曲のイメージやコンセプトなどによって、

取捨選択できればいいと思います。

ただし、基本の型を知っていて、いじり方もわきまえているからこそ、

思い通りに曲の流れを組み立てることができるのです。

 

そのためにも、日頃から耳にする、多くの音楽の曲構成の引き出しを増やすことはかなり重要です。

気になった曲は、どんどん曲構成をメモしていきましょう。

 

それが明日の音楽制作に活きてくるんですね!

スポンサーリンク

-DTMでのEDM音楽制作
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

音楽制作に必須 Keyとは?

Keyとは ドレミで曲を演奏するための基本ルールです。 一般的に音楽を作るということは、西洋音楽を元にした クロマチックスケールと呼ばれる12半音階のものを用いることになります。 つまり、 C C#  …

EDM 作曲のためのコード進行 3456パターン

今回はEDM作曲、トラック制作でおさえておきたいコード進行を紹介していきます。 作曲とコード進行は切っても切ることができない関係なので、 1に引き出し、2に引き出し、3に引き出し・・・・・・・ どこま …

DTMを使った音楽つくり-初級~中級-

最近「トラック」という言葉を音楽シーンのいたるところで聞かれます。 あまり耳になじみの無いかたもいると思いますので、はじめに説明しておきます。 昨今クラブミュージックというものが盛り上がってきて一般化 …

よりリアルなドラム 打ち込み 生演奏感!

今回はサードパーティー製の独自のドラムマップ配列を活用した、ソフトウェアドラム音源を用いて、 さらにリアルなドラムプログラミングに迫っていきたいと思います。   使用するDAWは TASCA …

EDM トラック制作 機材を使わず作曲する

今回はPCに触れずに作曲することについて考えてみたいと思います。   ところで、みなさんは作曲するときに頭の中で音楽って鳴っていますか? それぞれ、様々な作曲スタイルがあるかと思いますが、 …

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

好きなときに寝て、好きなときに働く。
そんな生活をしたいと思いませんか?

このシステムを使って実現してください。
⇒ https://ex-pa.jp/et/6nf/v