DTM音楽制作研究所TRACKEDMUSIC

豊かな音楽生活のために♪ DTM 音楽制作 打ち込み ミキシング レコーディング ボイストレーニング ライブまで幅広く音楽を研究するサイト

DTMでのEDM音楽制作

EDM 作曲や音楽制作に役立つ シンセのレイヤー術

投稿日:2014-11-30 更新日:

今回はEDMらしいシンセサウンドにするための、ちょっとしたコツについてお伝えしていきます。

 

トラック制作でよく見かけるのが、1パート1トラックのように縛りを設けてしまっているパターン。

バンドものとかであれば、そのような形でも特に問題はありませんが、

ことさらダブステップなどのように、フロアトラックの色合いが濃くなるほど、

そこらへんの線引きが曖昧になっていきます。

なので、1パート3~5トラックになることもざらにあります。

 

たとえば、ベースパートに4、5トラック使ったりとかですね。

ひとつひとつに役割を持たせて、うまくコンビネーションさせて、

1フレーズとして聴かせるというテクニックです。

 

 

シンセパートを複数重ねる場合は、オシレーター波形はなるべく異なる波形を選びます。

同じ波形を重ねても、マスキングされてサウンドに広がりが得られないため、

ズラシを意識して、異なる波形をチョイスして重ねていきます。

 

EDMによく用いられるソフトシンセとしては、

NATIVE INSTRUMENTS MASSIVE

 

が有名ですね。

このソフトシンセは、オシレーター波形の種類が豊富なので、レイヤーしていくときにかなり便利です。

パラメーターのルーティングの自由度も高く、かなりエグイ音作りも可能です。

 

シンセを複数重ねて、レイヤーしていくときは、ポイントが3つあって、

一つ目は、波形をズラス

二つ目は、音域をズラス

三つめは、タイミングをズラス

この3つのバランスを意識しながら、打ち込みをしていくと「らしく」なってきます。

 

まずは、どんどんシンセをいじくり倒して、どうすればおもしろいサウンドに変化していくか、

経験値を上げていきましょう!

 

 

 

 


ぜひツイッターもフォローしてください!


DTMランキング

いつもブログをお読みいただきありがとうございます!


スポンサーリンク

-DTMでのEDM音楽制作
-, , , , , ,

執筆者:

関連記事

EDM ドラム 打ち込みのコツ③ハーフテンポテクニックでトラックにメリハリを!

前回は基本の4つ打ちのバリエーションの作り方について、お伝えしました。 今回は曲中で劇的にトラックの雰囲気を変えてしまう、   ハーフテンポ   についてお伝えしていきます。 目次 …

EDM作曲のコツ トラック制作でのミキシングの基本を理解しよう!

今回はEDM トラック制作もしくは音楽制作での作業の山場でもある、 ミキシングについてお話しさせていただこうと思います。 ミキシングとは、各トラックのバランスを整えたり、エフェクト処理などを施して、 …

EDM での作曲 トラックメイクに必要なもの④ DTMに適したモニタースピーカー

前回はEDM での作曲 トラックメイクに必要なもの③ MIDIコントローラーにてMIDIコントローラーについてお伝えしてきました。   作曲、トラックメイクに必要なものとして、 基本的には、 …

DTMを駆使したEDMトラック制作手順のおさらい「ビートから組み立てる」

今回はEDMのトラック制作の流れについて、お伝えしていこうと思います。 いまから紹介する流れは、あくまでも一般的にとっつきやすいよ~ という流れなので、トラック制作に慣れてきたら、どんどん自分なりなス …

EDM 作曲のコツ 曲構成を決めておく

今回はEDMの作曲のコツということで、EDMの曲構成について掘ってみたいと思います。 普段、あなたは曲構成を意識しながら音楽を聴いてるでしょうか?   「そんなのいちいち気にしてねーよ!」 …

EDM トラック制作 音楽制作手順のおさらい アレンジ

今回はEDM音楽制作でのアレンジの進め方について、お話していきます。   以前、お話したEDM トラック制作 音楽制作手順のおさらいも合わせて、 ご確認いただけるとわかりやすいと思います。 …

サイト内検索

プロフィール

管理人プロフィール
しょちょー(SHAKE)
音楽活動サービス「SOUNDSHAKE」主宰。サウンドクリエイター、コンポーザー、トラックメイカー、アレンジャー、ボイストレーナー。CM、ショップBGM、などの映像やアプリの音楽を作曲したり、歌モノの編曲をしたり、オープンワールド系ゲームで旅したり、ググールアースで海外旅行したりしてます。