DTM音楽制作研究所TRACKEDMUSIC

豊かな音楽生活のために♪ DTM 音楽制作 打ち込み ミキシング レコーディング ライブまで幅広く音楽を研究するサイト

DTMでのEDM音楽制作

EDM 作曲や音楽制作に役立つ ピッチエンベロープいじり

投稿日:

今回はトラック制作していて、何か派手めな効果音が欲しいなと思った時に、

役立つピッチエンベロープについてみていきたいと思います。

 

エンベロープはシンセの音作りで、時間的変化を調整するパラメーターです。

ピッチエンベロープとは、VCO(オシレーター)へエンベロープをかけて、

ピッチ変化を得るという音作りになります。

 

SPONSORED LINK

 

シンセの音作りの中でも、ピッチエンベロープいじりは過激な音作りの部類に入ると思います。

EDMのトラック制作においては、必要不可欠な音作りになると思うので、

ぜひ、調整するポイントを理解して、使いこなしてほしいと思います。

 

シンセによって様々な操作方法で、ピッチエンベロープを適用すると思いますが、

基本的にADSR型のエンベロープをVCOへのアマウント量を調整することにより、

ピッチ変化の深さをコントロールするものが多いようです。

 

具体的には、サイン波、矩形波、ノコギリ波などの波形をVCOで選択して、

そこへエンベロープをアマウント量を調整しながら適用していきます。

 

エンベロープの仕組みですが、

A(アタックタイム):鍵盤押し始めから本来のピッチになるまでの時間、

アマウント量によってピッチのズレ具合は変わるものが多いです。

 

D(ディケイタイム):本来のピッチからまたずれたピッチに安定するまでの時間

 

S(サスティンレベル):鍵盤を押している間鳴らし続けるピッチ

 

R(リリースタイム):鍵盤はなしてから、アマウント量のピッチに戻っていく時間

 

文字で書くと、とてもややこしいので、実際に手近にあるシンセをいじってみてください(笑)

エンベロープをいじると、劇的にサウンドが変化すると思います。

 

元波形によっても印象は変わりますし、LFOを通すことによりさらに変態的なサウンドへと変貌していきます。

もっというと、これらのパラメーターをオートメーションでコントロールすると、

EDMでよく聴かれる「シュワシュワ」「ビョビョビョ」「ギコギコ」

したようなサウンドが得られます。

 

ぜひいろんなトラックを研究して、あなたの得意な音作りを見つけてください!

スポンサーリンク

-DTMでのEDM音楽制作
-, , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

そもそもMIDIとは?③

今日はMIDIエディットしていくにあたって、 まずは押さえておきたいMIDI基本用語を紹介していきたいと思います。   とにかくDAWソフトを触り始めると、横文字の専門用語が飛び交うことにな …

MIDI機器の配線方法!

PCへオーディオインターフェースを接続したり、MIDIキーボードを接続したりすると いろいろなデータがそれぞれの機器を行き来することになります。 そのために、どのような音のデータの信号が機器間を流れて …

EDM での作曲コード進行②

前回は4・5・6パターンをぜひ覚えてください! ということをお伝えしてきました。   なぜ、この4・5・6パターンを覚えてほしいかというと、 とても応用が利きやすいからです。 それを今回はお …

DTMをいつでもどこでも誰とでも ブラウザ上で動くDAWアプリSoundtrapで音楽制作!

今回はブラウザ上で手軽に音楽制作ができてしまうアプリを紹介していきます。   今回紹介する「Soundtrap」はマルチプラットホームになっており、 WIN、MAC、タブレット、スマホからア …

EDM トラック制作 音楽制作手順のおさらい メロディライン リフを決める

今回は、EDM音楽制作手順のおさらいとして、 メロディラインやリフの探り方についてお話していこうと思います。   メロディラインとは、   音程の動き+リズムの鳴らし方 &nbsp …

Audiostock販売ページ

オーディオストックでBGM・効果音を販売中!

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

好きなときに寝て、好きなときに働く。
そんな生活をしたいと思いませんか?

このシステムを使って実現してください。
⇒ https://ex-pa.jp/et/6nf/v