DTM音楽制作研究所TRACKEDMUSIC

豊かな音楽生活のために♪ DTM 音楽制作 打ち込み ミキシング レコーディング ボイストレーニング ライブまで幅広く音楽を研究するサイト

リズムパートの打ち込み

DTM入門者や初心者が作曲するために (3)ドラムパートの基本的なビートの打ち込み方法や作り方

投稿日:2017-09-30 更新日:

実際にDAWソフトをインストールした後は、どんどん打ち込みを進めていきたいことと思います。

しかし、ドラム譜の読譜やピアノロールでのビートの打ち込みに慣れていないうちは、

なかなか打ち込み作業が遅々として進まなかったりもします。

スポンサーリンク

1.ビート作りに慣れるコツ

ビート作りに慣れるコツとしては、「ビートの種類を把握する」ことが第一です。

ビートというのは、曲のリズムの土台になるので、

その曲の「ノリ」というものがビートのパターンによって決定付けられます。

 

基本的なビートのパターンの種類は、

・8ビート系

・16ビート系

・シャッフル系

・4つ打ち系

を基本としてバリエーションが作られていくことが多いです。

それぞれのビートの感じ方は、

8ビートとは、1小節の中で8分音符のノリを感じるパターンです。

16ビートは、1小節の中で16分音符のノリを感じるパターンです。

シャッフルとは、3連符の真ん中が省かれた跳ねたノリを感じるパターンです。

4つ打ちとは、キックが4拍子で鳴らされるパターンです。

2.ビートの特徴は目と耳で確認

このようにビート毎にそれぞれ特徴を持っているので、目と耳と両方で確認してください。

追々、このビートというのはドラムパートに限らず、「ビート感」として、

全ての楽器パートでも扱われます。

まずはリズムの要であるドラムパートで、しっかりそれぞれのノリの違いを覚えてください。

3.ビート作りの悪い例

よく見かける悪い例なのですが、16ビートだからといってハイハットを16分音符で埋めてしまうのは、

いますぐやめてください。

ハイハットがチキチキチキチキと耳障りです。

あえてマシンビート感を出したいのであればいいのですが、それだけでは16ビートらしさが出せません。

16ビートで玄人感を出したければ、「リズムのヨコノリ」を意識してください。

これは何かというと、8ビートはどれだけがんばってもタテノリの色合いが強くなってきます。

そこに16分ウラのノリが加わることにより、タテノリの間を縫う意外性が入ってきます。

ちょっと言葉だけでは伝えづらい部分なので、詳しくはまた改めてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

4.ビート作りの秘訣「視覚的な音の配置に慣れる」

最後に、ビートの打ち込みのときに心がけたいのが、「視覚的な音の配置に慣れる」ことです。

8ビートのノリになるノートの置き方、16ビートを感じさせるノートの置き方など、

見た目と聴こえ方を頭の中でリンクさせながら進めていくのが、打ち込みに慣れる近道になります。

 

ドラムパートはドレミの知識はほとんど必要とせず、しかし、音楽的に音を鳴らすことが比較的容易なパートなので、

DAWの操作を慣れるには、絶好のトレーニングになります。

しばらくループ再生していても心地よく聴くことができるビート作りを心がけていきましょう!

 


ぜひツイッターもフォローしてください!


DTMランキング

いつもブログをお読みいただきありがとうございます!


スポンサーリンク

-リズムパートの打ち込み
-, , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

DTM入門者や初心者が作曲するために (4)ドラムパートのリアルなビートの打ち込み方法や作り方

DTM入門者や初心者が作曲するために、ぜひ覚えておきたいドラムの打ち込みをリアルにする方法。 目次1 1.ある程度、打ち込みを進めたらEDITしよう!2 2.ドラム打ち込みのコツ ベロシティに強弱を! …

サイト内検索

プロフィール

管理人プロフィール
しょちょー(SHAKE)
音楽活動サービス「SOUNDSHAKE」主宰。サウンドクリエイター、コンポーザー、トラックメイカー、アレンジャー、ボイストレーナー。CM、ショップBGM、などの映像やアプリの音楽を作曲したり、歌モノの編曲をしたり、オープンワールド系ゲームで旅したり、ググールアースで海外旅行したりしてます。