*

DTM入門者や初心者が作曲するために (3)ドラムパートの基本的なビートの打ち込み方法や作り方

実際にDAWソフトをインストールした後は、どんどん打ち込みを進めていきたいことと思います。

しかし、ドラム譜の読譜やピアノロールでのビートの打ち込みに慣れていないうちは、

なかなか打ち込み作業が遅々として進まなかったりもします。

 

ビート作りに慣れるコツとしては、「ビートの種類を把握する」ことが第一です。

ビートというのは、曲のリズムの土台になるので、

その曲の「ノリ」というものがビートのパターンによって決定付けられます。

 

基本的なビートのパターンの種類は、

・8ビート系

・16ビート系

・シャッフル系

・4つ打ち系

を基本としてバリエーションが作られていくことが多いです。

SPONSORED LINK

それぞれのビートの感じ方は、

8ビートとは、1小節の中で8分音符のノリを感じるパターンです。

16ビートは、1小節の中で16分音符のノリを感じるパターンです。

シャッフルとは、3連符の真ん中が省かれた跳ねたノリを感じるパターンです。

4つ打ちとは、キックが4拍子で鳴らされるパターンです。

 

このようにビート毎にそれぞれ特徴を持っているので、目と耳と両方で確認してください。

追々、このビートというのはドラムパートに限らず、「ビート感」として、

全ての楽器パートでも扱われます。

まずはリズムの要であるドラムパートで、しっかりそれぞれのノリの違いを覚えてください。

 

よく見かける悪い例なのですが、16ビートだからといってハイハットを16分音符で埋めてしまうのは、

いますぐやめてください。

ハイハットがチキチキチキチキと耳障りです。

あえてマシンビート感を出したいのであればいいのですが、それだけでは16ビートらしさが出せません。

16ビートで玄人感を出したければ、「リズムのヨコノリ」を意識してください。

これは何かというと、8ビートはどれだけがんばってもタテノリの色合いが強くなってきます。

そこに16分ウラのノリが加わることにより、タテノリの間を縫う意外性が入ってきます。

ちょっと言葉だけでは伝えづらい部分なので、詳しくはまた改めてお伝えしていきます。

 

最後に、ビートの打ち込みのときに心がけたいのが、「視覚的な音の配置に慣れる」ことです。

8ビートのノリになるノートの置き方、16ビートを感じさせるノートの置き方など、

見た目と聴こえ方を頭の中でリンクさせながら進めていくのが、打ち込みに慣れる近道になります。

 

ドラムパートはドレミの知識はほとんど必要とせず、しかし、音楽的に音を鳴らすことが比較的容易なパートなので、

DAWの操作を慣れるには、絶好のトレーニングになります。

しばらくループ再生していても心地よく聴くことができるビート作りを心がけていきましょう!

 

ブログランキング~ちょっとでも音楽制作のタシになったと思ったら、ポチっとしてください♪


DTM ブログランキングへ

スポンサーリンク
 

関連記事

studioonefree

DTM入門者や初心者が作曲するために (7)既成のアレンジを借用して作曲を進めよう!例えば「千本桜」とか

今回は既成曲を土台に、新たに作曲をする手順を紹介したいと思います。   さて曲

記事を読む

studioonefree

DTM入門者や初心者が作曲するために (6)Studio One Freeの環境設定

今回はStudio One Freeがトラブったときの対処法についてお伝えしていきます。 &n

記事を読む

studioonefree

DTMで入門者や初心者が作曲するために (2)Studio One Freeを使ってみる!

今回はStudio One Freeを使って、かんたんな打ち込みまで紹介していこうと思います。

記事を読む

studioonefree

DTM入門者や初心者が作曲するために (4)ドラムパートのリアルなビートの打ち込み方法や作り方

DTM入門者や初心者が作曲するために、ぜひ覚えておきたいドラムの打ち込みをリアルにする方法。

記事を読む

studioonefree

DTM入門者や初心者が作曲するために (5)コードパートでコード進行をリズミカルに打ち込む コツや作り方

今回はドラムパートで打ち込んだビートに、コードパートをリズミカルに乗っけて、 そこにベースライ

記事を読む

studioonefree

DTM(デスクトップミュージック)で入門者や初心者が作曲するために (1)必要なものは?

DTM(デスクトップミュージック)とは、机の上(デスクトップ)でPC(コンピューター)を使って音楽制

記事を読む

SPONSORED LINK



SPONSORED LINK



no image
お正月の音楽といえば「春の海」 DTM作曲に役立つ音楽制作のコツ

毎年、お正月を迎えるといたるところで耳にする音楽があります。 &

xmaswreath04-001
DTMで作曲や音楽制作に役立つコツ 冬といえばクリスマスソングというか冬に聴きたくなる曲とか・・・からアイデアを頂く!

今日はクリスマスです! 街は笑顔で行き交うカップルばかりで、どこ

studioonefree
DTM入門者や初心者が作曲するために (7)既成のアレンジを借用して作曲を進めよう!例えば「千本桜」とか

今回は既成曲を土台に、新たに作曲をする手順を紹介したいと思います。

studioonefree
DTM入門者や初心者が作曲するために (6)Studio One Freeの環境設定

今回はStudio One Freeがトラブったときの対処法についてお

studioonefree
DTM入門者や初心者が作曲するために (5)コードパートでコード進行をリズミカルに打ち込む コツや作り方

今回はドラムパートで打ち込んだビートに、コードパートをリズミカルに乗っ

→もっと見る

  • SPONSORED LINK
  • 好きなときに寝て、好きなときに働く。
    そんな生活をしたいと思いませんか?

    このシステムを使って実現してください。
    ⇒ https://ex-pa.jp/et/6nf/v

SPONSORED LINK

PAGE TOP ↑