DTMを使ってトラックを作るための音楽ソフトたち!

DTMでのEDM音楽制作

DTMをはじめよう!と思ってもパソコンだけではただの箱です!

パソコンで音楽を楽しむためには音楽ソフトが必要になります。

今回はDTMに必要不可欠な音楽ソフトについて解説していきます!

スポンサーリンク

1.音符打ち込みソフト=シーケンスソフト

現在ではほとんど耳にすることが少なくなってしまいましたが、DTM黎明期に一般的だったのがシーケンスソフト。

シーケンスソフトとは、あたかも優れたスタジオミュージシャンのように、書き込んだ楽譜を忠実に演奏してくれるようなものです。

やはり、音楽作りをするためには最低限の音符などを扱わざる負えないのですが、そこで譜面を書けないあなたに代わって楽譜を書いて演奏してくれるのがシーケンスソフトなのです。

しかし、現在ではDAW(デジタルオーディオワークステーション)といって、歌や楽器の演奏も録音できてしまうものが一般的になっています。

スポンサーリンク

2.DAWソフトとは?

このDAWソフトにはあらかじめ音楽作りに必要なすべての機能が備わっています。

順を追って説明していきますと、

  • 音符の打ち込みに必要な機能
  • パソコンの内部で音を鳴らすことが出来るようになるソフトウェアシンセサイザー音源が付属
  • 生楽器の録音などのオーディオレコーディングを行うことが出来る
  • それぞれの演奏の音量などを調整したりして、最終的にステレオオーディオファイルへ書き出し可能

つまり、CD-Rに書き込む直前のところまで出来てしまうのです!

いくつかのDAWソフトではCD-Rにそのまま曲順などを決めて書き込むことが出来るソフトもありますが、基本的に、専用CDライティングソフトを使ってCD-Rへの書き込みを行います。