DTMを使ってトラックを作るための音楽ソフトたち!

DTMでのEDM音楽制作
パソコンだけあってもただの箱です! パソコンで音楽を楽しむためには音楽ソフトが必要になります。 音楽ソフトといってもさまざまな種類のものが存在しますが、 まずパソコンと同時にそろえたいのがシーケンスソフトというものです。 シーケンスソフトとはあたかも優れたスタジオミュージシャンのように 書き込んだ楽譜を忠実に演奏してくれるものです。 やはり音楽をするためには最低限の音符などを扱わざる負えないのですが、 そこで譜面を書けないあなたに代わって楽譜を書いて演奏してくれるのがシーケンスソフトなのです。 しかし、現在ではDAW(デジタルオーディオワークステーション)といって、歌や楽器の演奏も録音できてしまうものが一般的になっています。         このDAWにはあらかじめ音楽作りに必要なすべての機能が備わっています。 順を追って説明していきますと、   ・音符の打ち込みに必要な機能 ・パソコンの内部で音を鳴らすことが出来るようになるソフトウェアシンセサイザー音源がいっしょに入っている ・生楽器の録音などを行うことが出来る ・なおかつそれぞれの演奏の音量などを調整したりして、最終的にステレオオーディオファイル、 つまりCD-Rに書き込む直前のところまで出来てしまう。   いくつかのソフトではCD-Rにそのまま曲順などを決めて書き込むことが出来るソフトもありますが、 基本的に、CDライティングソフトなどの別のソフトを使ってCD-Rへの書き込みを行います。