DAW攻略のためのMIDI検定!

DTMでのEDM音楽制作

音楽制作を始めたばかりだと、覚えることがたくさんあって、
どこから切り込んでいくべきか途方にくれている方も、
かなりいらっしゃることと思います。

スポンサーリンク

1.DTMにMIDI検定の知識を活用しよう!

そこで、かなり効率良くDAW全般の知識を網羅しているのが、
毎年、年末年始にかけて行われる音楽電子事業協会AMEI主催の「MIDI検定」。

 

「MIDI検定」は平成11年度からスタートした、
「MIDI規格を広く一般社会に普及啓蒙する事を目的に、
規格内容の認識・活用レベルを標準グレード化して、
MIDIを活用できる人材を数多く創出する事」

を目指して創設された検定試験です。

 

開始当初はMIDI検定3級というグレードから始まり、
2級、4級、1級と徐々に検定内容の拡充がなされてきました。

2.MIDI検定はオーディオ分野も充実!

その「MIDI検定」を、
これから、DTMを始める、もしくは深めていきたいという方に向けて、
参考になるブログ記事がDTMの先駆者である藤本健さんにより、
先日、投稿されていたので、紹介させていただきます。

藤本健さんのブログ「藤本健の“DTMステーション”」より
オーディオ分野も出題されるMIDI検定はDAW知識習得の近道!?

 

 

 

 

上の記事では、実際の過去問題も掲載されているので、力試ししてみてもいいかもしれません。

「意外とかんたん!」とか「やはり難しい~。。。」など、
いろいろ感想があるかと思いますが、
音楽制作していくにあたっては、必要不可欠な知識なので、
気になる部分だけ読んでいくのも、ためになると思います。

スポンサーリンク

3.MIDI検定の学習に必要なもの

「MIDI検定」に臨むにあたっては、
ミュージッククリエイターハンドブック MIDI検定公式ガイド (MUSIC CREATOR HANDBOOK)
を一冊ゲットして、基本的に暗記して筆記試験に挑む形になりますが、
2級、1級には実技試験があります。

 

創作のためには手を動かすだけじゃなく、
ちょいちょいインプットも重要な要素ですね!

 

合わせてよく読まれている記事:

MIDI検定3級 合格のコツ 1 用意するものはミュージッククリエイターハンドブック MIDI検定公式ガイド
毎年、年末の12月はMIDI検定試験のシーズンですね。僕もかれこれ10年以上前にMIDI検定3級を受験して、今はMIDI検定3級指導者認定もいただいて、日々の音楽制作にそこで学んだ知...