さちさちにしてあげる♪ ボカロ曲を生声で歌う!

「iTunesアルバム総合ランキング」で10位に入った「さちさちにしてあげる♪」は、

歌手の小林幸子さんが歌ったボーカロイド曲のミニアルバムです。

 

このアルバムは、今年の夏に東京ビッグサイトで開催された「コミックマーケット86」で、

限定1500枚で販売して、即完売という大きな反響を呼んだ作品です。

その後もアニメ専門店の「アニメイト」でも委託販売するも、予約開始して即日完売。

と人気に火がついて、続けて「iTunes」と「dwango.jp」でも配信がスタートして、

「iTunesアルバム総合ランキング」で10位、「dwango.jp アルバム総合デイリーランキング」の25日付で3位、

翌26日付で2位を記録したほどの人気っぷりです!

YouTube

 

楽曲を聴いてみると、さすがの歌唱力でボカロ曲を歌い上げてくれています!

 

小林さんいわく、

「この反響に私自身、とてもビックリしております。そして、とてもうれしいです」と喜びもあらわにして、

続けて、

「ボカロ曲を歌ってみて、元々コンピューターで作成した楽曲なので、ブレスする場所がなかったり、

普通ではありえない音の動きをしたりします。それを50年歌ってきたたくさんの引き出しを開けて、歌いました」

と明かしつつ、

「ボカロ曲は良い曲がたくさんあります。もっといろんな方に知って頂けるとうれしいです。

そして、その役目ができたらうれしいです!」と話されたそうです。

 

とても謙虚に音楽と向き合われているのだなと、改めて尊敬いたしました!

50年のキャリアを総動員して、ボカロ曲に臨むという姿勢。

僕もぜひ見習っていきたいものです。

こうやって、音楽がボーダーレスに広がっていくことは素晴らしいですね!

なんか勇気をもらえるというか、すごく期待感が高まって、これからの音楽の発展が、

さらに楽しみになってきますね!