EDM音楽制作をスムーズにするために実験的精神を養おう!

思考法

今日は実験的精神を養うという視点から、普段あまりやらないだろうという部分に

着目していきたいと思います。

スポンサーリンク

1.鼻で音楽を聴く!?

ロケットニュース24さんの記事から、
『鼻』で音楽を聞くと臨場感あるサウンドに!? 実際にやってみた

【検証】「鼻」で音楽を聞くと臨場感のあるサウンドになるならば「鼻+耳」ならどうなるのか実際にやってみた
アグレッシブですね!

思いついたとしても、実際にやってみようとはなかなかならないことを検証してしまう

心意気を尊敬します!

 

それで僕も真似して試しに鼻に突っ込めそうなサイズのイヤホンを探して、

「鼻」で音楽を聴いてみました。

 

スゴイデス!!

 

おそらく鼻腔で響いて、さらに骨伝道だと思うのですが、直接、脳に響いてくる感じで、

たしかに臨場感バリバリな感じです。

2.非日常の中に作曲のヒントが

わりと僕もそうですが、

非日常的なことで何か新しいことを知って、それを試しにやってみるというのは、

抵抗を感じて躊躇してしまいがちです。

そこで面白半分にでも、実際に体験してみると、今までの自分の視点に無かったものが、

発見できたりします。

 

たとえば、それが音楽だったりすると、

 

「いままでロック命!でやってきたけど、あえて触れてこなかったクラシックを聴いてみよう。」

とか

「ギターをピックで弾かずに、ドリルの刃先で弾いてみたらどうだろう」

とか

「グランドピアノは鍵盤を弾かずに、直接指で弾いたらどうなるだろう」

 

などなど、アイデアだけだといくらでも出てくると思います。

スポンサーリンク

3.実験的精神とは

実験的精神とは、

 

新しいことにチャレンジして、日々、自分を更新し続けること

 

僕はこのように実験的精神というものを捉えています。

 

昨日と同じことを続けていても成長はしない。

 

後は実際にアクションを起こして、自分自身で体験してみるということが、

インスピレーションに繋がるのかなと思います。

 

たまには、いままでの枠から思いっきり外れてみるというのも、

発想を豊かにしていく上では重要なのではないでしょうか。

 

 

併せてよく読まれている記事:

ポモドーロテクニックで音楽制作の作業効率を劇的にアップさせよう!
ポモドーロテクニックで音楽制作の作業効率を劇的にアップさせましょう!

このサイトはレンタルサーバー「wpXクラウド」にて運営しています。

思考法
スポンサーリンク
DTM音楽制作研究所しょちょー SHAKE(しゃけ)をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
DTM音楽制作研究所