EDM での作曲コード進行③シンコペーションを活用しよう!

コード理論

今日は久々にEDMコード進行のコツについて紹介していきたいと思います。

まず、以前の記事 EDM での作曲コード進行② のおさらいをしておきたいと思います。

たとえば、KEY=C,Amの場合

C   Dm   Em   F   G   Am   Bm-5

1   2    3    4   5   6    7

でしたね。

それで、今回はさらに次のように覚えていただきたいのです。

C   Dm   Em   F   G   Am   Bm-5

1   2    3    4   5   6    7

T   SD   T    SD  D   T   (D)

T、D、SDはそれぞれ、

T=トニック

D=ドミナント

SD=サブドミナント

と読みます。

これをどのように扱うかというと、コードの機能といって役割別にグループ分けに用いられます。

T=トニック 1・3・6

D=ドミナント 5・(7)

SD=サブドミナント 2・4

というようにグループ分けすることができます。

それで今回はこれを踏まえて、「シンコペーション」というテクニックを

お伝えしていこうと思います。

シンコペーションとは、強拍と弱拍の位置関係をずらして、ノリに変化を与えること。

と一般的に理解されています。

もっとわかりやすい代表例を挙げると、ある小節の頭の拍が、その前の小節に「食い」こむことが、

もっとも広く理解されている意味合いです。

音楽の楽典的には、もっと正確なルールがあると思いますが、もっとカンタンな言い方をすると、

コードチェンジのタイミングがオモテ拍で演奏していたとしたら、ひとつ手前のウラ拍に「食い」こむ、

というのがわかりやすいかと思います。

たとえば、

|1 と 2 と 3 と 4 と |1 と 2 と 3 と 4 と |

|Dm7                 G                     |  Amadd9            CM7     |

という2小節のコード進行があったとしたら(コードネームはよく使用頻度の高いものです)、

|1 と 2 と 3 と 4 と   |1 と 2 と 3 と 4 と |

|Dm7           G ←                 Amadd9←|              CM7←           |

このようなイメージで、「食い」こんでいきます。

それでは、以下をご覧ください。

EDM作曲のコツ コード進行テクニック シンコペーションでスピード感アップ! By FL STUDIO

カンタンにコード進行のノリをよくすることができる「シンコペーション」

ぜひ研究してみてください!