EDM 音楽制作 ビート制作 トラックメイキング 波形編集

DTMでのEDM音楽制作
今回は波形編集を用いて、ビート作りを行っていきたいと思います。   主に波形編集で行われる操作は、 ・波形の切り貼り ・波形のストレッチ ・波形のピッチ ・波形のリバース ・波形のデュレーション   以上のエディットを行うことが多いと思います。   それでは順番にザックリとどういったことを行うのか確認していきましょう。 ・波形の切り貼り これは文字通り、波形を分割して、コピーペーストで並び替えたりすることです。   ・波形のストレッチ テンポを持ったフレーズやビートであれば、BPMを合わせたりします。 テンポを持たない効果音や持続音は、単純に音の長さを調整するときに使われます。   ・波形のピッチ 最近のDAWではストレッチとピッチは独立してコントロールできますが、 以前はカセットテープの倍速再生やスロー再生のように、再生速度とピッチは同時に変化するものでした。 その効果を再現したり、単純にピッチを上げ下げしたりします。   ・波形のリバース もっとも使用頻度が高いのがリバースシンバルかと思いますが、 あらゆるサウンドは逆再生すると、思いがけないサウンドになったりするので、 音作りにマンネリしてきたら、打開するのに効果的だったりします。   ・波形のデュレーション ストレッチとも似ていますが、こちらはノリをコントロールするために、波形をスリップ編集していきます。 スリップ編集とは、波形クリップ(リージョンとも呼ばれる)の端っこをドラッグすることにより、 再生範囲を指定する操作です。   最後に動画で確認しておきましょう。  
EDM作曲のコツ 波形編集を活用してトラックメイキング! By FL STUDIO
  DAWによって便利な機能がそれぞれあると思うので、より効率良くサウンド作りを進めるためにも、 波形編集に関係のある操作方法をあらかじめチェックしておきましょう!