岸田繁(くるり)×加藤貞顕対談 音楽市場の変化をチャンスに転換

思考法

くるりの岸田繁さんと『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』の編集を担当された加藤貞顕さんの、音楽市場の変化についての対談です。

 

これから、音楽活動を本気でやりたいと考えている方は必見です!

今後はますますミュージシャンそれぞれのインディペンデントな活動により、

音楽が広まっていくという流れが本格化していきそうです。

スポンサーリンク

1.ミュージシャンの自律的な活動

岸田繁(くるり)×加藤貞顕対談 音楽市場の変化をチャンスに転換CINRA.NETより)

プロミュージシャンを目指されている方は、仮にメジャーデビューした先にも、多くの自立的な活動を求められると思います。

 

現状を見ても、音楽だけ作っていればいい、というわけにはだんだんといかなくなってきています。

音楽活動だけで飯を食うためには、音楽以外の部分も積極的に取り組んでいく必要があります。

2.ミュージシャンやクリエイターにとって情報発信は必須!

たとえば、何から始めればいいかというと、情報発信です。

情報発信というと、なんかインターネットを使ってうんぬんというのも、とても重要ですが、

なにかのライブイベントに参加してみるとか、身の回りの人間に音楽活動していることを伝える、このようなことも立派な情報発信だと思います。

 

ただし、本気でプロ目指してますとか考えている方は、インターネットを通した情報発信は極めるつもりで取り組んでください。

なぜかというと、新人発掘を行うプロモーターの方たちも、積極的にインターネットを活用して情報収集するからです。

わかりやすい一例を挙げるとすると、Youtubeへ新曲が出来るたびに演奏をアップロードしてください。

ビジュアルに不安が無いという方は、顔出ししたほうが、なおグッドです。

 

それだけでも、耳に止まったリスナーがファンになってくれて応援してくれたり、

ある程度の再生回数とかになってくると、音楽業界関係者の方の目にも留まりやすくなると思います。

 

もし、そこさえもクリアできないとするとプロは諦めたほうがいいと思います。

スポンサーリンク

3.厳しい音楽業界とはいえ

今後、ますます日本国内のメジャー音楽シーンは厳しいものになります。

しかし、インターネットの普及で個人でも十分に影響力を持った活動を行えるようになったことも事実です。

 

とにかく、これからの日本国内の音楽シーンは少子高齢化とか産業構造の変化とか、そういう諸々のことが大きく影響してくると思うので、より広い視野を持って、音楽活動の幅を広げていきたいですね!!

 

 

併せてよく読まれている記事:

ポモドーロテクニックで音楽制作の作業効率を劇的にアップさせよう!
ポモドーロテクニックで音楽制作の作業効率を劇的にアップさせましょう!