作曲 楽曲を完成させるコツ 締め切りを設けよう!

DTMでのEDM音楽制作
今回は曲作りを完成までこぎつけるためのコツについて、 お話していきたいと思います。   なんとか曲を完成させたいけど、楽曲やトラックがも途中までできても、 どうしてか頓挫してしまうという方も多いかと思います。   かくいう僕も4小節とか8小節の断片的なフレーズや、アレンジのパターンだけが大量に増殖していっています。。。 そこで一念発起して、曲を完成させようとするのですが、その時に心に決めてしまうのが、   「締め切りを設ける」   これです。   人は漫然と目標をクリアできない性質を誰しも持っているのではないかと思います。 もちろん、たまにスーパーマンみたいな方もいたりしますが。 基本的には、作曲とか楽器トレーニングなどは、とかく後回しになりがちです。   でも、これを職業にされているプロもいることも事実です。 なにもみんなプロになれというわけではなく、プロがやっていることを物まねしてみるのも、 かなり効果的な部分もあるのではないかと思います。 作曲のプロは、必ず楽曲のリリース日というのが自ずと設定され、 楽曲を制作する期限というのが限られてきます。   そこで最もわかりやすい例が、「締め切り」なのです。 あなたも何かしらお仕事について、何かしら締め切り事があるかと思います。 もちろん、それは仕事なので、きっちり締め切りを守ろうと最大限努力すると思います。   それをちょっとだけずらして、曲作りにも応用してみるんですね!   具体的にどうするかというと、仕事にもノルマ的なものがあって、 それをいついつまでに完了するということが課せられたりすると思います。 これを個人でやろうとすると、SNSとかでいついつまでに、1曲発表しマースとか、 誰か知り合いのミュージシャンに演奏を録音してもらうとか。 そうすることにより、たとえ曲が完成しなくとも、ある程度、 楽曲の制作も進んでいくと思います。   というわけで、早速、FacebookでもTwitterでもいいので、 今度のいついつに○○という曲を発表しマース! と宣言しちゃってみたりなんかしてみてください。 すると、今までに無く驚異的なスピードで楽曲制作が進んでいくと思います。   どんな分野も最終的に自分との戦い(?)みたいなものがある気がしますね。