DTM音楽制作研究所TRACKEDMUSIC

豊かな音楽生活のために♪ DTM 音楽制作 打ち込み ミキシング レコーディング ボイストレーニング ライブまで幅広く音楽を研究するサイト

音楽雑学

作曲 音楽制作でのこぼれ話 移調 曲のキーの上げ下げ

投稿日:2017-10-02 更新日:

今回は、先日体験したことをシェアしたいと思います。

何が起こったかというと、

 

「言葉の受け取り違い」です。

 

これはどういうことかというと、複数の人間が関わるプロジェクトであれば、

それぞれのボキャブラリーの中で、コミュニケーションが行なわれます。

スポンサーリンク

1.言葉の受け取り違い

今回、起きた出来事は、こちらで制作したデモトラックをボーカル担当してくれる方と、

メールでレコーディング素材のやり取りを行いました。

一度目ではキーを「3音下げで」ということで、

僕はカラオケのキーコントロールの要領で、「-3半音」でアレンジを調整して、

再度、トラックをボーカルさんへお送りしました。

 

すると、ボーカルさんから、

「歌ってみて何かおかしいと思ったので、キーを調べたら、

『-1.5音下げ』で、ちょっと無理する感じです。

私は『3音下げ』とお伝えしたはずです。」

とのお返事をいただきました。

 

そこで僕は確認のために、

「元の曲のキーから『全音3音下げ』の『半音でー6音』で間違いないですね?」

とメールしまして、

 

再び、ボーカルさんから、

「『-6半音』で『3音下げ』でお願いします。」

とメールが帰ってきました。

 

それで、お互い一つ手間を増やしてしまったというわけでした。

 

これはバンドとかアンサンブルで楽器演奏されている方には、

身に覚えのあるかと思います。

2.ボキャブラリーの違いを認識する

お互いが基準としている「音の数え方」が違っていたんですね。。。

 

双方どちらも正解なのですが、音楽ルーツや普段の音楽活動スタイルによって、

「音の数え方」が異なったりします。

 

今回のプロジェクトでは、

ボーカルさんは普段はギタリストとして活躍されている方で、リーダーバンドでは素敵な歌声も披露してくれているので、

ボーカルとしてプロジェクトへの参加をお願いしました。

そこへ僕の手持ちのデモトラックをお渡しして、歌入れを行ってもらい、それをデータで送り返してもらうという、

ここ最近、割とスタンダードな制作スタイルでプロジェクトを進めていきました。

3.ミスコミュニケーションが生まれた要因

普段、僕は基本的にDAWでトランスポーズしたりすることが多いので、

「半音基準」でプラスマイナスのキーの上げ下げで捉えているのですが、

ボーカルさんの方は、楽器プレイヤーということで音階をべーすにした「全音基準」で捉えてたんですね。

この脳内地図の違いで、ミスコミュニケーションが起きてしまいました。

 

対処法としては、自分と相手では脳内地図やボキャブラリーが違うことを念頭に、

あらかじめ前提を確認した上で、コミュニケーションをとることが重要です。

スポンサーリンク

4.まとめ

なんでもそうかもしれませんが、何人かで集まってひとつの目標を達成するためには、

あらかじめ統一ルールを確認しあって、その上で作業を進めていくことが、

スムーズなコミュニケーションができると思います。

 

ちなみに、今回はダンスミュージックだったので、そんなに大事になることもなく、

さくっと修正することができましたが、これがストリングスのオーケストレーションも絡んだアレンジの曲だと、

適正な楽器音域の調整などで、かなり胃が痛くなる作業になっていたかもしれませんね(笑)


いつもブログをお読みいただきありがとうございます!




DTMランキング
スポンサーリンク

-音楽雑学
-, , , , ,

執筆者:


  1. […] 作曲 音楽制作でのこぼれ話 移調 曲のキーの上げ下げ […]

関連記事

YTLとは?何の略?

【Abemaの歴史的一歩】亀田興毅のYTL同時接続70万視聴がどれだけやばいか説明する。 ↑ こちらの記事を拝見して、何はともあれ???がついたワードが「YTL」 初めて耳にしたので、早速ググってみた …

no image

一人多重演奏 ボイパ コーラス エフェクト

最近、ちょくちょくループステーションなどを使って、 ライブで一人多重録音コーラス演奏を披露してくれるボーカリストを見かけます。   打ち込みをやってると、結構あたりまえに曲をループしながら、 …

DTMで作曲や音楽制作に役立つコツ 冬といえばクリスマスソングというか冬に聴きたくなる曲とか・・・からアイデアを頂く!

今日はクリスマスです! 街は笑顔で行き交うカップルばかりで、どこも華やかな感じです。。。 というような光景を見かける頃になると聴きたくなるのが、冬の曲。(僕はそんな気がします)   そこで、 …

no image

小室哲哉スペシャルロングインタビュー:21世紀の始まり、そして音楽とテクノロジーで感動を共有させる、デジタル音楽の未来図とは?

1983年にTMNetworkを結成し、1984年に「金曜日のライオン」でデビューしてから、 現在まで日本の音楽シーンの第一線で活躍されている音楽プロデューサー小室哲哉さんの、 ロングインタビューです …

camstudio 録画方法と録音設定の備忘録

camstudio 録画方法と録音設定の備忘録 ということで、camstudio に慣れるためにも、 無言ですが、動画キャプチャーを行ってみました。 最初はUSBオーディオインターフェースを介して、音 …

no image

新世紀の音楽たちへ 第0回──同人音楽とその環境、即売会について

現在、日本国内でのインディペンデントな音楽活動の中でも徐々に盛り上がりをみせているのが、 同人音楽というジャンルです。   かんたんに同人音楽というものを説明すると、同人誌のように原作をオマ …

サイト内検索

プロフィール

管理人プロフィール
しょちょー(SHAKE)
音楽活動サービス「SOUNDSHAKE」主宰。サウンドクリエイター、コンポーザー、トラックメイカー、アレンジャー、ボイストレーナー。CM、ショップBGM、などの映像やアプリの音楽を作曲したり、歌モノの編曲をしたり、オープンワールド系ゲームで旅したり、ググールアースで海外旅行したりしてます。

Audiostock販売ページ

オーディオストックでBGM・効果音を販売中!