DTM音楽制作研究所

豊かな音楽生活のために♪ DTM 音楽制作 打ち込み ミキシング レコーディング ボイストレーニング ライブまで幅広く音楽を研究するサイト

DTMでのEDM音楽制作

EDM 作曲や音楽制作に役立つ シンセのレイヤー術

投稿日:2014-11-30 更新日:

今回はEDMらしいシンセサウンドにするための、ちょっとしたコツについてお伝えしていきます。

 

トラック制作でよく見かけるのが、1パート1トラックのように縛りを設けてしまっているパターン。

バンドものとかであれば、そのような形でも特に問題はありませんが、

ことさらダブステップなどのように、フロアトラックの色合いが濃くなるほど、

そこらへんの線引きが曖昧になっていきます。

なので、1パート3~5トラックになることもざらにあります。

 

たとえば、ベースパートに4、5トラック使ったりとかですね。

ひとつひとつに役割を持たせて、うまくコンビネーションさせて、

1フレーズとして聴かせるというテクニックです。

 

 

シンセパートを複数重ねる場合は、オシレーター波形はなるべく異なる波形を選びます。

同じ波形を重ねても、マスキングされてサウンドに広がりが得られないため、

ズラシを意識して、異なる波形をチョイスして重ねていきます。

 

EDMによく用いられるソフトシンセとしては、

NATIVE INSTRUMENTS MASSIVE

 

が有名ですね。

このソフトシンセは、オシレーター波形の種類が豊富なので、レイヤーしていくときにかなり便利です。

パラメーターのルーティングの自由度も高く、かなりエグイ音作りも可能です。

 

シンセを複数重ねて、レイヤーしていくときは、ポイントが3つあって、

一つ目は、波形をズラス

二つ目は、音域をズラス

三つめは、タイミングをズラス

この3つのバランスを意識しながら、打ち込みをしていくと「らしく」なってきます。

 

まずは、どんどんシンセをいじくり倒して、どうすればおもしろいサウンドに変化していくか、

経験値を上げていきましょう!

 

 

 

 


ぜひツイッターもフォローしてください!


DTMランキング

いつもブログをお読みいただきありがとうございます!


スポンサーリンク

-DTMでのEDM音楽制作
-, , , , , ,

執筆者:

関連記事

EDM 作曲や音楽制作に役立つ ミキシングテクニック ローカット処理を究めよう!

今回はEDMに限らず、トラック制作の最終段階で行われるミキシング作業についてお話していきます。   ミキシング作業では、オーディオエフェクトであるEQが多用されますが、 音の分離感が良いミッ …

EDM での作曲 トラックメイクに必要なもの③ MIDIコントローラー

前回は、EDM での作曲 トラックメイクに必要なもの② オーディオインターフェイスについてお伝えしていきました。   作曲、トラックメイクに必要なものとして、 基本的には、 ・PC ・DAW …

EDM作曲トラックメイクのコツ シンセいじり編①アナログモデリングシンセの基本!

EDMトラックを制作する上で欠かせないシンセサイザー、 いよいよ切り込んでいきたいと思います。   まずシンセサイザーについての基礎知識になりますが、 たくさんのツマミやらパラメーターがいく …

DTMを駆使したEDMトラック制作手順のおさらい 「ビート制作」

(2017/10/26 一部加筆修正しました)   今回はEDM音楽制作手順のおさらいということで、ビート制作をおさらいしていこうと思います。 全体の流れは、DTMを駆使したEDMトラック制 …

EDM音楽制作場面での派手なシンセサイザー音作りで作曲するコツ!

(2017/10/25 一部加筆修正しました。)   今回はEDMでの作曲、音楽制作について取り上げていきたいと思います。 EDMといえば、やっぱり一際耳を引く、ド派手なシンセサウンドが頭に …

MIDIコントローラー!縦横無尽に音空間をうみだすもの!

DJがDJミキサーを自由自在に操り、イカシタ音空間を生み出すように、 トラックメーカーはMIDIコントローラーを駆使して、かっちょいい表情を音に付けていくのです! どのようなものがあるかというと ・鍵 …

サイト内検索

プロフィール

管理人プロフィール
しょちょー(SHAKE)
音楽活動サービス「SOUNDSHAKE」主宰。サウンドクリエイター、コンポーザー、トラックメイカー、アレンジャー、ボイストレーナー。CM、ショップBGM、などの映像やアプリの音楽を作曲したり、歌モノの編曲をしたり、オープンワールド系ゲームで旅したり、ググールアースで海外旅行したりしてます。