YTLとは?何の略?伝え方、表現方法の選び方

思考法

【Abemaの歴史的一歩】亀田興毅のYTL同時接続70万視聴がどれだけやばいか説明する。

こちらの記事を拝見して、何はともあれ???がついたワードが「YTL」

初めて耳にしたので、早速ググってみたものの全く情報が出てきません。。

とてもすごいニュースなのはわかりますが、不慣れなわからないワードがあるばかりに、感じの記事内容が頭に入ってこないという事態に。

まあ業界に精通している方々は、問題ないかもしれませんが、もう一段階親切に解説してもらえると、ニュース内容のスゴさが一段と理解できます。

スポンサーリンク

YTLとは、○○○の略です!

YTLとは、果たして何の略なんでしょうか?

何の事はないです。

YTL=Youtube Live

というYoutubeが提供するライブ配信を行う機能の略みたいですね。

 

動画ライブ配信の活用シーンは意外と幅広く、

・音楽ライブ

・ファッションショー

・記者会見

・新製品の発表

・インタビュー

・セミナー

・施設紹介/案内

・カスタマーサポート

 

などのように、様々なシーンで動画ライブ配信は活用されてきています。

人気動画ライブ配信サイト(生放送サイト)一覧まとめ

YouTube live
ニコニコ生放送
FC2ライブ
ツイキャス(TwitCasting)
LINE LIVE(ラインライブ)
Facebook Liveマップ
Ustream

この他にも国内、海外には様々な動画ライブ配信サイトが存在します。

もし動画ライブ配信を行う計画がある方は、自分に合った操作しやすそうなサイトを絞っておくといいでしょう。

歌ってみたのパフォーマーやバンドマン、楽器演奏動画など、音楽だけに絞ってみてもいろいろな場面に活用できそうです。

自分はまだ生配信を行ったことが無いので、今後、生配信できそうなコンテンツが出てきたらチャレンジしてみたいです。

スポンサーリンク

伝え方、表現方法の選択

今回の記事でもっとも強く感じたのが、略語の取り扱いの難しさ。
僕も普段の音楽活動の中で、いろいろな専門用語を交えて自分の意図を伝えようとします。

作曲 音楽制作でのこぼれ話 移調 曲のキーの上げ下げ

上の記事でも、数ある中のひとつのエピソードを紹介しましたが、やはり各人のボキャブラリーというか引き出しのバックボーンは異なっているので、身近ではあたりまえに通じていることでも、ちょっと離れた相手だと途端にズレが生じてくる場合があります。

一応、レッスンも行っている身としても、常に心がけていることは、

 

「小学生でも解るように噛み砕いて伝える」

 

上級者からしたら、すでに既知のことでも、初心者からしたら親切過ぎて親切すぎることはないと感じます。

特に興奮気味なときとかは、ついつい周りを気にせずに、自分の引き出し全開で延々としゃべくり倒してしまうことも往々にしてありますよね。

今回のニュース記事についてディスるつもりは毛頭ありませんが(すでにディスってる?!)、自戒を込めて振り返ってみました。

 

 

併せてよく読まれている記事:

ポモドーロテクニックで音楽制作の作業効率を劇的にアップさせよう!
ポモドーロテクニックで音楽制作の作業効率を劇的にアップさせましょう!