EDM 作曲や音楽制作に役立つ フリーVSTプラグイン オーディオエフェクト編 リミッター/マキシマイザー

オーディオエフェクト

今回はEDMを含めDTM音楽制作でのミキシングに重宝するフリーVSTプラグイン、

そのなかでも。これは入れておきたい!というVSTエフェクトを紹介していきます。

 

本当に多くのフリープラグインのVSTエフェクトがありますが、その中から特にサウンド作りへの即効性が高い

リミッター/マキシマイザー系のものを見ていきたいと思います。

 

それでは早速まいりましょう!

 

スポンサーリンク

1.「W1 Limiter」

有名なマキシマイザープラグイン「Waves L1」のクローン。

プロ御用達のプラグインブランドWavesの定番マキシマイザーをモデリングした、

フリーVSTプラグインです。

トラックにインサートして、ちょこっと調整するだけで、音圧がグッとパワーアップします。

 

2.「Plektron Comp4」

4バンドのマルチバンドコンプレッサーです。

4つの周波数帯域を個別に音量をコンプレッションして、サウンドにメリハリを与えてくれます。

実用的な使い方としては、

マルチバンドコンプ→マキシマイザーという順番でエフェクトをかけることが多いです。

サイドチェーン機能も搭載されているので、キックをスイッチにコードシンセをコンプレッションするとか、

細かいサウンド作りもできそうです。

 

3.「BuzComp GranComp3」

3バンドのマルチバンドコンプレッサー。

個別のトラックにかけてもよし、マスタートラックにかけてもよしという、マルチに活躍してくれそうな、

マルチバンドコンプレッサーです。

フリープラグインでは、定評のあるシリーズです。

 

4.「TLs Maxmizer」

ミックスダウンやマスタリングでかなり役立つマキシマイザー。

マスタートラックにインサートすれば、トラック全体の音圧アップがカンタンに行えると思います。

 

5.「LoudMax」

パラメーターが2つのみのシンプル操作なマキシマイザー。

その名の通り、音圧をMAXレベルにカンタンに引き上げてくれます。

 

ここまで、定評のあるフリーVSTプラグインを挙げてきましたが、

これらのオーディオエフェクトは、かけると確かに効果絶大です。

スポンサーリンク

6.まとめ

しかし、くれぐれもかけ過ぎにご注意ください!

 

音圧がアップするということは、それだけ音の大小の差も小さくなり、

音量が均一化されて、メリハリが弱まってしまいます。

波形で見ると、焼き海苔みたく平たくなり、聴いた印象もメリハリのない、

のっぺりとした、ただ音量がでかいだけの疲れるサウンドになってしまいます。

 

そこらへんを見極めた上で、効果的に使ってあげる必要があります。

リミッター/マキシマイザーの効果的な使い方は、ぜひ身に付けておきたいですね!