DTM音楽制作研究所TRACKEDMUSIC

豊かな音楽生活のために♪ DTM 音楽制作 打ち込み ミキシング レコーディング ボイストレーニング ライブまで幅広く音楽を研究するサイト

ボイストレーニング

決定版! ボイストレーニング(ボイトレ)自宅でのやり方のコツ 発声練習用スケールまとめ

投稿日:

ボイストレーニングでは、いろいろな音階を活用して、発声練習を行っていきます。

そこで、今回は効率よくボイストレーニングを行うことができる音階=スケールをまとめました。

 

平均的なテンポで女性男性別で音源を作成したので、自宅でボイトレするときにこのページを開いてご利用ください

 

鍛えたい内容に応じて、活用していただけるとうれしいです!

スポンサーリンク

1.各スケールの使用方法

スケールを用いたボイストレーニングを行うにあたって、発声フォームを安定させるために、いくつかの発音を用いて発声します。

発声練習で用いられる発声の種類

 

・リップトリル(唇を一定にブルブル震わせる)

・「Ah」(アー)

・「Mum」(マンマンマン・・・)

・「Nay」(ネイネイネイ・・・)

・「Wee」(ウィウィウィ・・・)

・「Gee」(ギィギィギィ・・・)

・「Goo」(グゥグゥグゥ・・・)

・「Boh」(ボゥボゥボゥ・・・)

・「Boo」(ブゥブゥブゥ・・・)

 

以上のような発声を用いてボイトレを行うと、あごの動きや舌の動きを安定させながら発声練習を行うことができます。

 

発声練習するときの4つの注意点

効率良く安全に発声練習を行うには、以下の3つのポイントに注意してください。

 ①腹式呼吸を保つ

②胸部、首周り、あごをリラックスキープ

③唇、舌の一定な動きにフォーカスする

④音をよく聴く

音源の使い方

はじめに一度お手本が流れて、その後、半音ずつ上昇していきます。

ピアノの音をよく聴きながら、歌ってください。

一通り再生すると停止するので、繰り返す場合は、また始めから再生スタートしてください。

 

2.「5TONE」で自分の発声のクセをチェック

5トーンスケールでは、声質や発声の傾向を知ることができ、声の診断ツールとして用いられます。

 

また、ボイトレにまだ慣れていない方にも、わりと音取りしやすいスケールなので、チェストボイスを安定させる発声練習にもオススメ。

 

使用する発声
・「Ah」
女性用5トーンスケール
男性用5トーンスケール

 

関連記事:

 

3.「1.5スケール」で発声の切り替えをスムーズに

1.5スケールは「One And A Half Octave」の略で、1オクターブ半をチェストボイスからヘッドボイスまでのブリッジの移行をよりスムーズにするために使われます。

できればアカペラでもこの1.5スケールを歌えるぐらいに、覚えこめると安心です。

特に、1.5スケールはミックスボイスを修得したい方は必修科目です!

確実に発声を保てるようにトレーニングしましょう!

 

使用する発声
・リップトリル
・「Mum」
・「Nay」
・「Wee」
・「Gee」
・「Goo」

 

関連記事:

4.「オクターブリピート」でブリッジエリアを強くする

オクターブリピートは、スケールのトップノートを繰り返すことにより、声帯の動きが安定して、ブリッジエリアをより強く、スムーズにします。

 

使用する発声
・「Mum」
・「Gee」
・「Goo」
・「Ney」
・「Boh」
女性用オクターブリピート
男性用オクターブリピート

 

 

5.「オクターブリピートサスティン」で、さらに声帯の圧着を強くする

オクターブリピートサスティンは声帯の圧着を増やして、伸ばす音を追加することで、発声の安定感を増して、より強く歌えるようにします。

 

使用する発声
・「Mum」
女性用オクターブリピートサスティン
男性用オクターブリピートサスティン

 

 

6.「ブロークンアルペジオ」で柔軟性を高める

ブロークンアルペジオは、チェストボイスとヘッドボイスを行き来するので、より発声の柔軟性を高めます。

 

使用する発声
・リップトリル
・「Mum」
女性用ブロークンアルペジオ
男性用ブロークンアルペジオ

 

関連記事:

 

スポンサーリンク

7.まとめ

効率よく発声を作っていくために、効果的なスケールを紹介しました。

これらのスケール練習をクリアしたからといって、すぐに歌が上手くなるわけでは決してありませんが、発声の安定感が格段に向上するので、テクニックへトライしやすくなることは間違いありません。

 

早い人で3ヶ月くらいで、発声の安定感の向上がみえてきます。

基礎練習はじっくりと取り組んだ分だけ、後々効いてきます。

焦る気持ちは抑えて、淡々と取り組んでいくと、ある日、パッとコツがつかめます。

 

今回は確実に効果のある基礎トレーニングのスケールでしたが、個々でもクセや苦手な部分ごとで必要なエクササイズが変わってきます。

しっかり自分の歌声、発声スタイルを客観的に捉えて、さらなる歌唱力の向上につなげていきたいですね!

 

ボイストレーニングの基本を基礎から学習したい方は、

自宅ボイトレ(ボイストレーニング)やり方のコツ 発声の5ステップを意識する! 目次まとめ

をご覧ください!


いつもブログをお読みいただきありがとうございます!




DTMランキング
スポンサーリンク

-ボイストレーニング
-, , , ,

執筆者:

関連記事

自宅ボイトレ(ボイストレーニング)やり方のコツ 発声の5ステップを意識する! ステップ5 表現

目次1 1.ボイストレーニングにおいて「ボーカルテクニック」とは?2 2.ボーカルテクニック「ビブラート」3 3.ボーカルテクニック「しゃくりあげ」4 4.ボーカルテクニック「フォール」5 5.ボーカ …

自宅ボイトレ(ボイストレーニング)のコツ 発声の5ステップを意識する! ステップ4 調音

目次1 1.ステップ4 調音2 2.滑舌を整える(子音の発音を整える)2.0.1 ・滑舌良く言葉を発音するためには、正確な調音位置で発音を作ることが重要です。2.0.2 ・調音位置は前後関係で覚える! …

自宅(ボイストレーニング)やり方のコツ 発声の5ステップを意識する! ステップ2 発声

目次1 1.ステップ2 発声2 2.声帯振動2.1 ・発声とは始めに声帯振動により、声の元となる喉頭原音を生み出す2.1.1 ・望ましくない喉頭位置(ハイラリンクス、ローラリンクス)2.1.2 ・自然 …

自宅ボイトレ(ボイストレーニング)やり方のコツ 発声の5ステップを意識する! ステップ1 呼吸

目次1 1.ステップ1 呼吸1.0.1 音色=サウンド1.0.2 音高=ピッチ1.0.3 音量=ダイナミクス2 2.ボイストレーニングでの腹式呼吸と支え3 3.ボイストレーニングでの腹式呼吸と胸式呼吸 …

ボイストレーニング ボイトレ

ボイトレ(ボイストレーニング)ネタを始めるにあたって

なぜボイストレーニングについての記事を書き始めようと思ったか、 「アウトプット」 単純に日頃の経験の出力先が必要だと感じました。 日常的にDTMやボイトレを多くの方にレッスンさせていただいているので、 …

自宅ボイトレ(ボイストレーニング)やり方のコツ 発声の5ステップを意識する! ステップ3 共鳴

目次1 1.ステップ3 共鳴2 2.共鳴は声量を生む2.1 ・喉頭原音だけでは音量が小さいので、共鳴腔に声を響かせて、声の音量を増幅する2.2 ・3つの共鳴腔2.2.1 口腔とは、口の中の空間2.2. …

サイト内検索

プロフィール

管理人プロフィール
しょちょー(SHAKE)
音楽活動サービス「SOUNDSHAKE」主宰。サウンドクリエイター、コンポーザー、トラックメイカー、アレンジャー、ボイストレーナー。CM、ショップBGM、などの映像やアプリの音楽を作曲したり、歌モノの編曲をしたり、オープンワールド系ゲームで旅したり、ググールアースで海外旅行したりしてます。

Audiostock販売ページ

オーディオストックでBGM・効果音を販売中!