DTM音楽制作研究所TRACKEDMUSIC

豊かな音楽生活のために♪ DTM 音楽制作 打ち込み ミキシング レコーディング ボイストレーニング ライブまで幅広く音楽を研究するサイト

DTMでのEDM音楽制作

MIDI機器の配線方法!

投稿日:2014-08-19 更新日:

PCへオーディオインターフェースを接続したり、MIDIキーボードを接続したりすると
いろいろなデータがそれぞれの機器を行き来することになります。

そのために、どのような音のデータの信号が機器間を流れているのかを理解する必要があります。

DAWソフトで扱われる2つの主なデータは

オーディオデータとMIDIデータ

です。

オーディオデータはオーディオ信号をデジタル化したデータで、PC内部ではデジタルで
オーディオインターフェースからオーディオケーブルを介してアナログでスピーカーなどへ音の信号が流れます。

一方、MIDIデータは演奏情報をデジタル化したデータで、MIDI機器のMIDI端子同士をMIDIケーブルで接続することにより
デジタル信号をやりとりしています。

 

 

 

 

最近ではUSB接続が主流になっていて、

特にMIDIケーブルでMIDI機器同士を接続する場面も減ってきました。

USB接続だと、オーディオデータとMIDIデータの両方のデータを送受信可能なので、

機材周りもスッキリするようになりました。

 

オーディオ機器の接続は、

マイクやギター、シンセなどはインプット端子へ接続。

音を聴くためには、ヘッドホン端子にヘッドホンを接続するか、アウトプット端子にモニタースピーカーを接続します。

 

MIDI機器の接続は、

MIDIキーボードのOUTを、インターフェーズのINへ接続。

インターフェースのOUTから、外部MIDI音源(シンセサイザーや音源モジュール)のINへ接続します。

 

機材が増えてくると、配線の接続も複雑になってきますが、

とにかく音の信号やMIDIデータの流れ道は一方向なので、その流れをイメージしてあげると、

順番に機器同士を接続していくことができると思います。


ぜひツイッターもフォローしてください!


DTMランキング

いつもブログをお読みいただきありがとうございます!


スポンサーリンク

-DTMでのEDM音楽制作
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

DAWを活用して作曲、音楽制作するとき 効率良く作曲するためには?

今回はDAWを用いて、作曲や音楽制作を行うにあたって、 サクサクと効率よく作業を進めるためのポイントについてお伝えしていきます。   曲作りは、クリエイターの数だけ独自の手法が存在します。 …

EDMでのドラム打ち込みのコツ②4つ打ちのバリエーション

今日は4つ打ちEDMのドラム打ち込みのポイントをお伝えしていこうと思います。 目次1 1.4つ打ちリズムの基本1.1 基本ビートは、キック、スネア、ハットの3種類1.2 タイミングはジャストで!1.2 …

DTMでのEDM音楽制作のコツ かんたんに作曲するための「音楽の3要素」を理解して作業効率を上げる

音楽を作るためには、音楽の基本的な構造を抑えておくと何かと便利です。 そこで、今日は「音楽の3要素」についてお話していこうと思います。 目次1 1.作曲するなら、ぜひとも覚えておきたい「音楽の3要素」 …

DTM音楽制作のコツ サンプリングテクニックを用いてトラックメイキングする

音楽制作の手法はたくさんありますが、今日紹介していくのはサンプリングテクニックです。 クラブミュージックでは、サンプリングテクニックというのは、 わりとメジャーなテクニックだと思います。   …

EDM音楽制作場面での派手なシンセサイザー音作りで作曲するコツ!

(2017/10/25 一部加筆修正しました。)   今回はEDMでの作曲、音楽制作について取り上げていきたいと思います。 EDMといえば、やっぱり一際耳を引く、ド派手なシンセサウンドが頭に …

DTMにおいて、そもそもMIDIとは?③

今日はMIDIエディットしていくにあたって、 まずは押さえておきたいMIDI基本用語を紹介していきたいと思います。   とにかくDAWソフトを触り始めると、横文字の専門用語が飛び交うことにな …

サイト内検索

プロフィール

管理人プロフィール
しょちょー(SHAKE)
音楽活動サービス「SOUNDSHAKE」主宰。サウンドクリエイター、コンポーザー、トラックメイカー、アレンジャー、ボイストレーナー。CM、ショップBGM、などの映像やアプリの音楽を作曲したり、歌モノの編曲をしたり、オープンワールド系ゲームで旅したり、ググールアースで海外旅行したりしてます。