DTM音楽制作研究所TRACKEDMUSIC

豊かな音楽生活のために♪ DTM 音楽制作 打ち込み ミキシング レコーディング ライブまで幅広く音楽を研究するサイト

DTMでのEDM音楽制作

MIDI機器の配線方法!

投稿日:2014-08-19 更新日:

PCへオーディオインターフェースを接続したり、MIDIキーボードを接続したりすると
いろいろなデータがそれぞれの機器を行き来することになります。

そのために、どのような音のデータの信号が機器間を流れているのかを理解する必要があります。

DAWソフトで扱われる2つの主なデータは

オーディオデータとMIDIデータ

です。

オーディオデータはオーディオ信号をデジタル化したデータで、PC内部ではデジタルで
オーディオインターフェースからオーディオケーブルを介してアナログでスピーカーなどへ音の信号が流れます。

一方、MIDIデータは演奏情報をデジタル化したデータで、MIDI機器のMIDI端子同士をMIDIケーブルで接続することにより
デジタル信号をやりとりしています。

 

 

SPONSORED LINK

 

 

最近ではUSB接続が主流になっていて、

特にMIDIケーブルでMIDI機器同士を接続する場面も減ってきました。

USB接続だと、オーディオデータとMIDIデータの両方のデータを送受信可能なので、

機材周りもスッキリするようになりました。

 

オーディオ機器の接続は、

マイクやギター、シンセなどはインプット端子へ接続。

音を聴くためには、ヘッドホン端子にヘッドホンを接続するか、アウトプット端子にモニタースピーカーを接続します。

 

MIDI機器の接続は、

MIDIキーボードのOUTを、インターフェーズのINへ接続。

インターフェースのOUTから、外部MIDI音源(シンセサイザーや音源モジュール)のINへ接続します。

 

機材が増えてくると、配線の接続も複雑になってきますが、

とにかく音の信号やMIDIデータの流れ道は一方向なので、その流れをイメージしてあげると、

順番に機器同士を接続していくことができると思います。

スポンサーリンク

-DTMでのEDM音楽制作
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

EDM 音楽制作 ビート制作 トラックメイキング 波形編集

今回は波形編集を用いて、ビート作りを行っていきたいと思います。   主に波形編集で行われる操作は、 ・波形の切り貼り ・波形のストレッチ ・波形のピッチ ・波形のリバース ・波形のデュレーシ …

モニタースピーカー いい音楽はいい耳から

DAWで再生される音は最終的にオーディオインターフェースから出力されるわけですが、実はこの最終的な部分がもっとも重要だったりします! スピーカーから出てくる音は、どんなスピーカーでも大して変わらないだ …

作曲 楽曲を完成させるコツ 締め切りを設けよう!

今回は曲作りを完成までこぎつけるためのコツについて、 お話していきたいと思います。   なんとか曲を完成させたいけど、楽曲やトラックがも途中までできても、 どうしてか頓挫してしまうという方も …

EDM ドラム 打ち込みのコツ 応用 フィルイン ①

前回まで、リズムパートにおける基本的なビート作りをお伝えしてきました。 ビートができても、ただそれだけをループしてるだけでは、トラックにメリハリがつきません。 そこで重要になってくるのが、 &nbsp …

EDM ドラム 打ち込みのコツ③

前回は基本の4つ打ちのバリエーションの作り方について、お伝えしました。   今回は曲中で劇的にトラックの雰囲気を変えてしまう、   ハーフテンポ   についてお伝えしてい …

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

好きなときに寝て、好きなときに働く。
そんな生活をしたいと思いませんか?

このシステムを使って実現してください。
⇒ https://ex-pa.jp/et/6nf/v