DTM音楽制作研究所TRACKEDMUSIC

豊かな音楽生活のために♪ DTM 音楽制作 打ち込み ミキシング レコーディング ボイストレーニング ライブまで幅広く音楽を研究するサイト

DTMでのEDM音楽制作

MIDI機器の配線方法!

投稿日:2014-08-19 更新日:

PCへオーディオインターフェースを接続したり、MIDIキーボードを接続したりすると
いろいろなデータがそれぞれの機器を行き来することになります。

そのために、どのような音のデータの信号が機器間を流れているのかを理解する必要があります。

DAWソフトで扱われる2つの主なデータは

オーディオデータとMIDIデータ

です。

オーディオデータはオーディオ信号をデジタル化したデータで、PC内部ではデジタルで
オーディオインターフェースからオーディオケーブルを介してアナログでスピーカーなどへ音の信号が流れます。

一方、MIDIデータは演奏情報をデジタル化したデータで、MIDI機器のMIDI端子同士をMIDIケーブルで接続することにより
デジタル信号をやりとりしています。

 

 

 

 

最近ではUSB接続が主流になっていて、

特にMIDIケーブルでMIDI機器同士を接続する場面も減ってきました。

USB接続だと、オーディオデータとMIDIデータの両方のデータを送受信可能なので、

機材周りもスッキリするようになりました。

 

オーディオ機器の接続は、

マイクやギター、シンセなどはインプット端子へ接続。

音を聴くためには、ヘッドホン端子にヘッドホンを接続するか、アウトプット端子にモニタースピーカーを接続します。

 

MIDI機器の接続は、

MIDIキーボードのOUTを、インターフェーズのINへ接続。

インターフェースのOUTから、外部MIDI音源(シンセサイザーや音源モジュール)のINへ接続します。

 

機材が増えてくると、配線の接続も複雑になってきますが、

とにかく音の信号やMIDIデータの流れ道は一方向なので、その流れをイメージしてあげると、

順番に機器同士を接続していくことができると思います。


ぜひツイッターもフォローしてください!


DTMランキング

いつもブログをお読みいただきありがとうございます!


スポンサーリンク

-DTMでのEDM音楽制作
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

DTM音楽制作のコツ サンプリングテクニックを用いてトラックメイキングする

音楽制作の手法はたくさんありますが、今日紹介していくのはサンプリングテクニックです。 クラブミュージックでは、サンプリングテクニックというのは、 わりとメジャーなテクニックだと思います。   …

DTMでのEDM音楽制作のコツ かんたんに作曲するための「音楽の3要素」を理解して作業効率を上げる

音楽を作るためには、音楽の基本的な構造を抑えておくと何かと便利です。 そこで、今日は「音楽の3要素」についてお話していこうと思います。 目次1 1.作曲するなら、ぜひとも覚えておきたい「音楽の3要素」 …

モニタースピーカー いい音楽はいい耳から

DAWで再生される音は最終的にオーディオインターフェースから出力されるわけですが、実はこの最終的な部分がもっとも重要だったりします! スピーカーから出てくる音は、どんなスピーカーでも大して変わらないだ …

EDM での作曲 トラックメイクに必要なもの①主要なDAWソフト

目次1 EDMシーンの盛り上がり2 DTMでEDMを作曲するには何が必要?3 DTMを始めるためのPCスペック3.0.1 CPU>Core i7 or Core i53.0.2 メモリ>8GB以上3. …

EDM での作曲 トラックメイクに必要なもの⑤ DTMに即戦力なシンセサイザー

前回はモニタースピーカーについてお伝えしました。   作曲、トラックメイクに必要なものとして、 基本的には、   ・PC ・DAWソフト ・オーディオインターフェイス ・MIDIコ …

トラックの種類を理解してDTMを使った音楽制作を始めよう!

最近「トラック」という言葉を音楽シーンのいたるところで聞かれます。 あまり耳になじみの無いかたもいると思いますので、はじめに説明しておきます。 目次1 1.音楽用語として使われる「トラック」とは2 2 …

サイト内検索

プロフィール

管理人プロフィール
しょちょー(SHAKE)
音楽活動サービス「SOUNDSHAKE」主宰。サウンドクリエイター、コンポーザー、トラックメイカー、アレンジャー、ボイストレーナー。CM、ショップBGM、などの映像やアプリの音楽を作曲したり、歌モノの編曲をしたり、オープンワールド系ゲームで旅したり、ググールアースで海外旅行したりしてます。