DTM音楽制作研究所TRACKEDMUSIC

豊かな音楽生活のために♪ DTM 音楽制作 打ち込み ミキシング レコーディング ライブまで幅広く音楽を研究するサイト

DTM音楽制作

MIDI機器の配線方法!

投稿日:2014-08-19 更新日:

PCへオーディオインターフェースを接続したり、MIDIキーボードを接続したりすると
いろいろなデータがそれぞれの機器を行き来することになります。

そのために、どのような音のデータの信号が機器間を流れているのかを理解する必要があります。

DAWソフトで扱われる2つの主なデータは

オーディオデータとMIDIデータ

です。

オーディオデータはオーディオ信号をデジタル化したデータで、PC内部ではデジタルで
オーディオインターフェースからオーディオケーブルを介してアナログでスピーカーなどへ音の信号が流れます。

一方、MIDIデータは演奏情報をデジタル化したデータで、MIDI機器のMIDI端子同士をMIDIケーブルで接続することにより
デジタル信号をやりとりしています。

 

 

SPONSORED LINK

 

 

最近ではUSB接続が主流になっていて、

特にMIDIケーブルでMIDI機器同士を接続する場面も減ってきました。

USB接続だと、オーディオデータとMIDIデータの両方のデータを送受信可能なので、

機材周りもスッキリするようになりました。

 

オーディオ機器の接続は、

マイクやギター、シンセなどはインプット端子へ接続。

音を聴くためには、ヘッドホン端子にヘッドホンを接続するか、アウトプット端子にモニタースピーカーを接続します。

 

MIDI機器の接続は、

MIDIキーボードのOUTを、インターフェーズのINへ接続。

インターフェースのOUTから、外部MIDI音源(シンセサイザーや音源モジュール)のINへ接続します。

 

機材が増えてくると、配線の接続も複雑になってきますが、

とにかく音の信号やMIDIデータの流れ道は一方向なので、その流れをイメージしてあげると、

順番に機器同士を接続していくことができると思います。

スポンサーリンク

-DTM音楽制作
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

DTMでトラックを作るために必要なもの!

DTMをはじめるにあたって、まず用意したいもの。 それはパソコンです。 現在は大きく分けて2種類のパソコンが世の中に広まっていると思います。   WindowsとMacと呼ばれているものです …

音楽 フリーソフト DAW のおすすめ STUDIO ONE FREE ♪

どうしても、まずは無料でなんでも始めてみたいという方、 けっこういらっしゃるかと思います。   いろいろ検索かけてみると、かなりな数のフリーDAWソフトが出てきますね。   ほんと …

EDM 作曲のためのコード進行 1234パターン

今回はEDMでの作曲や音楽制作に役立つコード進行ということで、 1234パターンをお伝えしていきます!   EDMで作曲するときのコードの基本については、EDM での作曲コード進行② を参照 …

DTMをつかってトラックを作ろう!

「DTMをつかってトラックをつくろう!」 とイキナリ誘われても 「ハイ?DTMってなに?」 っ感じかと思いますが、 かんたんにいうと「最小限の努力で最大限の音楽作りを楽しめるスタイル!」です。 DTM …

EDM 作曲のためのコード進行 2拍コードチェンジ

今回はEDMトラック制作、音楽制作で役に立つコード進行パターンとして、 「2拍コードチェンジ」というものを紹介していこうと思います。   なんのことはなく、あるコードが別のコードに変わるのを …

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

好きなときに寝て、好きなときに働く。
そんな生活をしたいと思いませんか?

このシステムを使って実現してください。
⇒ https://ex-pa.jp/et/6nf/v