DTM音楽制作研究所TRACKEDMUSIC

豊かな音楽生活のために♪ DTM 音楽制作 打ち込み ミキシング レコーディング ライブまで幅広く音楽を研究するサイト

DTM音楽制作

EDM での作曲コード進行②

投稿日:2014-09-22 更新日:

前回は4・5・6パターンをぜひ覚えてください!

ということをお伝えしてきました。

 

なぜ、この4・5・6パターンを覚えてほしいかというと、

とても応用が利きやすいからです。

それを今回はお伝えしていきたいなと思います。

 

さて、前回ちらっとでてきたダイアトニックコードについて、

まずはもう一度おさらいしておきます。

 

たとえば、KEY=C,Amの場合

 

C   Dm   Em   F   G   Am   Bm-5

1   2    3    4   5   6    7

 

でしたね。

 

それで、今回はさらに次のように覚えていただきたいのです。

 

C   Dm   Em   F   G   Am   Bm-5

1   2    3    4   5   6    7

T   SD   T    SD  D   T   (D)

 

T、D、SDはそれぞれ、

 

T=トニック

D=ドミナント

SD=サブドミナント

 

と読みます。

 

これをどのように扱うかというと、コードの機能といって役割別にグループ分けに用いられます。

 

T=トニック 1・3・6

D=ドミナント 5・(7)

SD=サブドミナント 2・4

 

というようにグループ分けすることができます。

 

ここで覚えておきたいのが、

「同じグループのコードは、代理コードといって、いつでも置き換え可能」

 

これテスト出ますよ!

 

というのは冗談で^^

コード進行を組み立てる上で、非常に重要な法則になります。

 

 

SPONSORED LINK


 

 

ということは、この4・5・6パターンだと、これ以外に

 

2・5・6

4・5・1

4・5・3

2・5・1

2・5・3

 

というバリエーションが作れるということです。

 

1・4・5はメジャーコードで明るい響きのコード

2・3・6・7はマイナーコードで暗い響きのコード

 

なので、組み合わせ方によって、聴こえ方の印象も異なるんですね。

それが、曲のイメージにも繋がっていて、表現したいテーマによって、

もっともしっくりくるコード進行パターンをあてがうことが可能になるのです。

 

まずは、上に挙げた全ての組み合わせを、実際にDAWへ打ち込んでみて、

耳で確認してください。

おそらく、それぞれ微妙に異なる雰囲気に感じられるのではないかと思います。

 

この4・5・6パターンの派生型まで慣れておけると、今後の音楽制作がかなりスムーズに

なっていくかと思います!

スポンサーリンク

-DTM音楽制作
-, , , , , , ,

執筆者:

関連記事

EDM 作曲や音楽制作に役立つ アレンジの引き出しの広げ方

今回はEDMの作曲や音楽制作に役立つコツとして、アレンジの引き出しの広げ方について、 お伝えしていこうと思います。   結論からいいますと、「試聴サイトを使い倒せ!」です。   試 …

EDM での作曲コード進行③

今日は久々にEDMコード進行のコツについて紹介していきたいと思います。   まず、以前の記事 EDM での作曲コード進行② のおさらいをしておきたいと思います。     …

EDM パンチのあるキックの作り方

今回はEDMのビートの要であるキックのパンチの出し方について、 お話していこうと思います。   最近のDAWであれば、音楽制作においてかなり役立つプラグインエフェクトなどは、 一通り揃ってい …

EDM 作曲や音楽制作に役立つ ピッチエンベロープいじり

今回はトラック制作していて、何か派手めな効果音が欲しいなと思った時に、 役立つピッチエンベロープについてみていきたいと思います。   エンベロープはシンセの音作りで、時間的変化を調整するパラ …

EDM ドラム 打ち込みのコツ①

ドラムパートはDTMでダンスミュージックなどの音楽制作を行っていく上では、 最重要パートのひとつです。 今回は現在の音楽シーンで隆盛を極めている、「EDM」のドラムパートの作法をお伝えしていこうと思い …

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

好きなときに寝て、好きなときに働く。
そんな生活をしたいと思いませんか?

このシステムを使って実現してください。
⇒ https://ex-pa.jp/et/6nf/v