EDMでの作曲コード進行⑥ 641コード進行パターン

コード理論

今日はEDMでよく使われるコードパターンを紹介していきたいと思います。

以前、紹介したダイアトニックコードのお話

 EDM での作曲コード進行①

でもお伝えしたことを踏まえてもらえるとわかりやすいと思います。

スポンサーリンク

1.切ない中にも力強さを持つ641コード進行

さて、641パターンのコード進行ですが、

EDMでは、けっこう1のトニックに向かっていくコード進行が多かったりします。

何故かというと、トニックへ進行したときの安定感が気持ちいいからです。

音楽的な表現でいうと、「終止」するからです。

この終止感を得るためには、その前で不安感が必要になります。

その流れにあたるのが641パターンなのです。

6→4で切なく落ちてく気持ちになって、

4→1で気持ちが落ち着くみたいな流れかと思います。

この感覚をコード感と呼ばれ、ハーモニーを組み立てていく上では、

必要になる感覚なので、ぜひたくさんのトラックを研究してパターン化していけるといいです。

とにかくコードはどんどん鳴らしていくというのが、慣れていくための近道です。

新たに覚えたパターンは、すぐに打ち込んでみて、

どんな印象で聞こえるのか、感じるのかを確認してください。

関連記事:

バラードだけじゃない!EDM作曲にも便利な切ないコード進行のキング!6451コード進行
切ないコード進行を分析して、聴き手のハートをつかもう!
EDM 作曲のためのコード進行 3456コード進行パターン
EDM 作曲のためのコード進行 3456コード進行パターンを解説!

2.641コード進行パターンの実践

動画にまとめてみたので、ご覧ください。

EDM作曲のコツ 切ない泣き系コード進行641パターン By FL STUDIO

なんか安定感みたいなものを感じて、ずっと聴いていたい感覚になりませんか?

あとは音の抜き差しで展開を作っていっても、かなり映えるトラックにできそうです。

641パターンもループトラックと抜群に相性がいいですね!

スポンサーリンク

3.641コード進行パターンのまとめ

あとは、シンセで鳴らすサウンドによっても、印象が変化します。

なので、どんなイメージで鳴らしたいのかというのも考えていけるとベストです。

エッジが尖った感じがいいのか、包み込むようなサウンドにしたいのかなど、

あのクリエイターのあのトラックで使われてたサウンドとか、

なるべく具体的にイメージしましょう。

これからも、どんどんいろんな曲、トラックを研究していきましょう!

合わせてよく読まれている記事:

EDM 作曲のためのコード進行 3456コード進行パターン
EDM 作曲のためのコード進行 3456コード進行パターンを解説!
DTM初心者におすすめするコード理論本「そうだったのか! コード理論 コードはパズルだ!!」
DTM初心者におすすめするコード理論本「そうだったのか! コード理論 コードはパズルだ!!」を徹底解説!
DTM音楽制作で役立つ「曲のキー」を超カンタンに調べる「耳コピー」のやり方をまとめてみた
音楽制作をしていくと、必ず誰もがぶち当たるのが「耳コピー」「自分は絶対音感がないからムリ!」「楽器弾けないからムリ!」とか、何かと言い訳をつけて避けていませんか?実は、だれでも簡単に「耳...