DTMにもオススメかも!PCで使うSoundPEATS(サウンドピーツ) Q12 Bluetooth イヤホンの使い方マニュアル備忘録

作業効率

モバイル環境での音楽制作では、チョコっと作業を合間に行う感じでやっているんですが、とりあえずiPhone付属のイヤホン使ってました。

しかし、iPhoneのイヤホン、低音モッコリなんですよねー。。

なので、モコモコし過ぎて、音像が見えづらいのです。

そこで、昨年iPhone7に変えてから、ワイヤレスBluetoothイヤホンを使うようになったので、それをノートPCでも使ってみようと考えたわけです。

かなりお手頃な価格なのですが、意外と音像がクリアで聴きやすいのにビックリしました!

ただ、Bluetoothアイテムって、一度ペアリングといって、周辺機器との接続を済ませてしまうと、再び、接続しなおす必要があると、操作方法を忘れていることが多いんですよねー。

なぜかというと、ボタン数が限られているため、長押しなどの操作で動作させるので、ややこしかったりします。

そんなこんなで、今回はPCとのSoundPEATS Q12の操作方法の備忘録です。

スポンサーリンク

1.SoundPEATS Q12とは?

SoundPEATS社は世界の工場と名高い、中国深圳で設立されたオーディオメーカーです。

「中国製大丈夫!?」

といような声が聞こえてきそうですが、1990年代から2000年代にかけて世界中の製造メーカーのOEM製品を担ってきたのが深圳地域です。

多くの工業製品の生産ノウハウが蓄積されて、いまや先進的な製品も多数送り出されていたりします。

なぜ、SoundPEATS Q12を選んだかというと、それは単純に、

アマゾンでSoundPEATS Q12がベストセラー1位!

だったからです。

価格も当時3千円くらいだったので、どうせランニングの時にメインに使うくらいだし、ということで、即1クリックで購入してしまいました。

オーディオの世界では、他ジャンルよりも突出して、「安かろう悪かろう」が常。

音質に関しては、全く期待していませんでした。

が、しかし、

「SoundPEATS Q12、なかなか良いではないか!」

実際の使用感は、また後ほど!

2.Bluetoothペアリング方法

それでは、SoundPEATS Q12とPCのペアリング方法を見ていきましょう。

注意! 以下の設定を進める前に、SoundPEATS Q12のコントローラーの真ん中のボタンを電源が切れた状態で6秒以上長押しして、ペアリング待機状態にしておきましょう!

設定画面を表示

スタートメニューから設定画面を開きます。

デバイス設定画面を表示

Windowsの設定を開いたら、デバイス設定画面を開く

Bluetoothとその他のデバイス設定

Bluetoothと孫田のデバイス設定画面、Bluetoothまたはその他のデバイスを追加するをクリック。

デバイスを追加する

Bluetoothを選択すると、「Q12」が表示されます。

クリックするとペアリングが完了します。

オーディオ「Q12」音声、音楽に接続済み

音声、音楽に接続済みとなっていたら、正常にペアリングが完了です。

3.SoundPEATS Q12の操作マニュアル

それでは各ボタン操作について紹介していきます。

パワーオン:中央ボタン3秒以上長押し

パワーオフ:中央ボタン4秒以上長押し

再生/一時停止/通話:中央ボタン1クリック

音量上げる:+ボタン1クリック

音量下げる:-ボタン1クリック

次へ:+ボタンを長押し

前へ:-ボタンを長押し

リセットする:電源がオンの状態で、+ボタンと-ボタンを同時に約7~8秒間長押し続けます。

ペアリング:電源が切れた状態で6秒以上長押し

スポンサーリンク

4.SoundPEATS Q12の使用感

一通りSoundPEATS Q12のPCへのペアリングを解説してきました。

最後にSoundPEATS Q12の個人的な使用感をお伝えしていきます。

SoundPEATS Q12の音質は、安価ながら比較的クリアな音質です。

若干、重低音が物足りない気もしますが、音が見えやすいので長時間の使用でも疲れにくいです。

SoundPEATS Q12の操作性は、慣れれば何ともないです。

3ボタンしかないので、1クリックか長押しかしかないです。

操作はがんばって慣れましょう!笑

SoundPEATS Q12の装着感は、安定感がありフィットします。

耳に引っ掛けるフックが無くても、耳介にしっかり固定してくれます。

以上、SoundPEATS Q12をPCにペアリングするまでの手順でした。

併せてよく読まれている記事:

EDM での作曲 トラックメイクに必要なもの④ DTMに適したモニタースピーカー
前回はEDM での作曲 トラックメイクに必要なもの③ MIDIコントローラーにてMIDIコントローラーについてお伝えしてきました。 作曲、トラックメイクに必要なものとして、 基本的...