DTM音楽制作研究所

豊かな音楽生活のために♪ DTM 音楽制作 打ち込み ミキシング レコーディング ボイストレーニング ライブまで幅広く音楽を研究するサイト

作業効率

Bluetooth FM トランスミッターのおすすめを見つけた!こりゃAmazonプライムミュージック捗るぞ!

投稿日:2018-05-14 更新日:

車でドライブとか、自動車で移動する際はカーステで音楽流しながらってシチュエーションが多いかと思います。

最近まで、うちのクルマでは古いカーナビ(2010年製)に聴きたい楽曲をわざわざCD-Rに書き込んで、カーナビのHDDに取り込むという流れで、とても手間がかかってました。。

スマホも持つようになって、スマホ内に保存したお気に入りの音楽を、スマホと有線接続のFMトランスミッターでカーステで聴くことも試してみましたが、そのときはあまりにもノイズが多く、音質も悪かったため、そこからはずっと敬遠していました。

でも、iPhone7に変えてから、イヤホン端子が無くなってしまったこともあり、Bluetoothイヤホンを使用することになり、思いのほか音質も良かったので、いまではBluetoothイヤホンは欠かせず愛用しております。

関連記事:DTMにもオススメかも!PCで使うSoundPEATS(サウンドピーツ) Q12 Bluetooth イヤホンの使い方マニュアル備忘録

 

そんな感じで、Bluetoothの利便性に対して、かなり信頼感が増した気がします。

そこで、近頃、クルマでの移動も増えてきたこともあり、Amazon Music Unlimitedと絡めて、ぜひとも快適なカーオーディオライフを!ということで、Bluetooth対応FMトランスミッターにトライしてみたのであります!

 

FMトランスミッターとは?
FMトランスミッターとは、カーステにイヤホン端子が無かったり、Bluetooth非対応の場合に、FMラジオで使用される周波数帯を利用して音楽を再生することができる車載機器です。

 

スポンサーリンク


1.今回、購入したBluetooth対応FMトランスミッター

適当にAmazonレビュー見ながら、ポチッとしたのがこちらです!

商品ページを眺める限り、商品説明の日本語がなんとなくヘンテコなことから中華製かと思われます。

しかし、商品レビューは5つ星が多いことから、お手ごろな価格帯だし、試しに購入してみました。

FMトランスミッターSHINEZONEの使用感

今回、購入したFMトランスミッターについて、僕なりに使ってみての感想を挙げていこうと思います。

Bluetoothペアリングがカンタン!

Bluetoothのペアリング方法も簡単に設定することができました。

手順としては、

①シガーソケットに装着

②スマホ側でBluetooth接続設定

③FMトランスミッターとカーステFM周波数を合わせる

④スマホ側で音楽再生

以上です!

音質がなかなか良い!

以前購入したFMトランスミッターの先入観から、「FMトランスミッターは音質がこもってイマイチ」というつもりだったのもあって、想像以上に音質が良いと感じました!

個人的に通常のFM番組と遜色がないか、それ以上の音質に感じました。

操作性がシンプル!

操作系のボタンやツマミが3つだけなので、この手の機器に多い「短く押す、長押し、4~6秒以上の長押し、短く2回押す」で操作すれば、大抵問題なく操作できると思います。

デザインもなかなか良い!

シンプルなデザインで、あまりゴテゴテした印象も無く、スッキリとシガーソケットに収まってくれます。

赤色LEDの視認性も良いですね!

FMトランスミッターSHINEZONEの惜しいところ

かなり絶賛気味ですが、ちょっと残念なところもあります。

マニュアルの日本語が若干わかりづらい

翻訳ソフトで訳しただけなのか、かなり日本語の文法が「?」なところもありますが、よくよく読み返してみると理解できる程度です。

そして、文字が小さすぎです。

Bluetoothペアリング時の機器名がわかりづらい

「HK205」です。

マニュアルに一箇所にだけ、小さくBluetoothペアリング時の機器名が載っていますが、はじめはこの機器名は何だろう?とかなり探しました。

しかし、一度ペアリングが完了してしまえば、次回からは、小気味良いサウンドと共に自動的にBluetooth接続してくれます。

2.Amazon Music Unlimitedの威力が発揮される!

わたくし、もともとAmazonプライム会員になっておりましたが、今年に入ってから、さらに追加で月額がかかるAmazon Music Unlimitedへも加入してしまいました。

当初の目的は、多くの楽曲を気になるものからプレイリストにまとめてガンガン聴いていきたいという考えからでした。

そして、クルマ移動で音楽をと考えた場合、かなりの長時間のプレイリストだったりするので、ストリーミング再生だとスマホの「ギガ」がすぐに枯れてしまう恐れが。。。

 

そこで僕は思い出しました!

 

Amazon Music Unlimitedは端末へダウンロード可能!

Amazon Music UnlimitedはPCへのダウンロードはできないのですが、スマホやタブレットへのダウンロードは可能になっていて、外への持ち運びが可能なのです!

とりあえず、PCアプリでお気に入りプレイリストを組んでおけば、スマホアプリにもすぐに同期されます。

スマホアプリのプレイリストのメニューから「ダウンロード」をタップすれば、ゴッソリと聴きたい楽曲がスマホ端末本体に保存されます。

あとはAmazon Musicアプリの設定メニューで「オフライン再生モード」をオンにすれば、「ギガ」を消費せずに好きなだけ音楽を再生することができます!

スポンサーリンク

3.FMトランスミッターとAmazon Music Unlimitedの組み合わせ

いいです!すごくいいです!

僕的にはとても満足のいくカーオーディオ環境を構築することができました!

なんといっても、クラウドを駆使して、極力、ネット上でデータ同期して、自宅、外出時にかかわらず、どんな場面でも同じように聴きたい音楽を聴くことができるのは、便利さこの上なしです!

ひとつ難点をみつけてしまった。。。

原因がアプリにあるのか、Bluetoothの通信にあるのか定かではないのですが、

バッテリー消耗が激しい!

長時間ドライブになると、充電が必須となります!

でも、このFMトランスミッターはUSBポートが2口あるので、まったく問題ありません。

それぞれ、1Aと2.1Aに対応しているので、スマホもタブレットも両方問題なさそうです。

ただ、iPhoneのバッテリーの劣化が心配ですね。

しかし、それ以上の価値はありましたね!

古いカーステの方には超おすすめです!

 

Amazon Music Unlimitedを使い倒しましょう!

関連記事:


ぜひツイッターもフォローしてください!


DTMランキング

いつもブログをお読みいただきありがとうございます!


スポンサーリンク

このサイトはレンタルサーバー「ロリポップ 」にて運営しています。

-作業効率
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

DTMにもオススメかも!PCで使うSoundPEATS(サウンドピーツ) Q12 Bluetooth イヤホンの使い方マニュアル備忘録

モバイル環境での音楽制作では、チョコっと作業を合間に行う感じでやっているんですが、とりあえずiPhone付属のイヤホン使ってました。 しかし、iPhoneのイヤホン、低音モッコリなんですよねー。。 な …

ポモドーロテクニックで音楽制作の作業効率を劇的にアップさせよう!

なかなか一人で音楽制作していると、いろいろと気が散ってしまって、いつのまにかモチベーションが下がってしまっていることって、よくありませんか? 僕も「よし、曲つくるぞ!」といって、PCを立ち上げたら、Y …

サイト内検索

プロフィール

管理人プロフィール
しょちょー(SHAKE)
音楽活動サービス「SOUNDSHAKE」主宰。サウンドクリエイター、コンポーザー、トラックメイカー、アレンジャー、ボイストレーナー。CM、ショップBGM、などの映像やアプリの音楽を作曲したり、歌モノの編曲をしたり、オープンワールド系ゲームで旅したり、ググールアースで海外旅行したりしてます。