EDM 作曲のコツ 曲構成を決めておく

DTMでのEDM音楽制作

今回はEDMの作曲のコツということで、EDMの曲構成について掘ってみたいと思います。

普段、あなたは曲構成を意識しながら音楽を聴いてるでしょうか?

 

「そんなのいちいち気にしてねーよ!」

と言われてしまいそうですが、音楽制作を志しているのならば、

ここは押さえておきたいところです。

スポンサーリンク

1.作曲は全体の曲構成をイメージする

曲構成とは、よく物語の起承転結に例えられます。

Aメロが起で、Bが承で、、、

みたいに解釈されることが多いです。

 

しかし、そんなまどろこしく覚えるよりも、

基本の型を覚えてしまった方が手っ取り早いと、個人的に思います。

 

下に表した曲構成が定番の型になります。

 

intro 1A 1B 1C 2A 2B 2C 間奏 D 3C outro

 

多くの楽曲は、どこかしらこの流れを踏まえてるかと思います。

この型を覚えて、後はいじりたいところを少々手を加えることで、

よりグッとくる流れに調整することもできます。

 

まずは定番の型を覚えてしまってください。

2.世界中の楽曲の曲構成もチェックする

もうひとつ、日本の音楽シーンと欧米の音楽シーンとでは、定番の曲構成に多少違いがあります。

欧米の曲構成はわりとシンプルな繰り返しが多かったりします。

一方、日本の音楽シーンだとこれでもかというくらいサービス精神豊かな曲構成のものがほとんどだと思います。

その差は何かというと、文化の違いが大きいといわれていたりします。

日本ではワビサビの精神で、クライマックスに向けてあの手この手を駆使していく感じで、

欧米だと、もうちょっと合理的で「曲全体全てがいいから聴いてみそ!」みたく、わりとスポーツ感覚に近いのかもしれません。

スポンサーリンク

3.EDM 作曲のコツ 曲構成を決めておく まとめ

どちらもそれぞれ心地よい部分を持っているので、曲のイメージやコンセプトなどによって、

取捨選択できればいいと思います。

ただし、基本の型を知っていて、いじり方もわきまえているからこそ、

思い通りに曲の流れを組み立てることができるのです。

 

そのためにも、日頃から耳にする、多くの音楽の曲構成の引き出しを増やすことはかなり重要です。

気になった曲は、どんどん曲構成をメモしていきましょう。

 

それが明日の音楽制作に活きてくるんですね!

 

関連記事:

DTMでのEDM音楽制作のコツ かんたんに作曲するための「音楽の3要素」を理解して作業効率を上げる
音楽を作るためには、音楽の基本的な構造を抑えておくと何かと便利です。そこで、今日は「音楽の3要素」についてお話していこうと思います。1.作曲するなら、ぜひとも覚えておきたい「音楽の3...