DTM音楽制作研究所TRACKEDMUSIC

豊かな音楽生活のために♪ DTM 音楽制作 打ち込み ミキシング レコーディング ライブまで幅広く音楽を研究するサイト

DTM音楽制作

EDM での作曲コード進行⑤美メロ音 その2

投稿日:

前回、美メロを生み出すテクニックということを紹介してきました。

今回はその補足をいくつかお話していきたいと思います。

 

ひとつめ 四七抜き音階

四七抜き音階ってきいたことありますか?

この音階は、日本古来から使われてきたといわれている音階で、

J-POPのメロディ作りでも多用されている音階です。

また、メジャーペンタトニックスケールとも呼ばれていて、

楽曲のソロフレーズを演奏するときにも多用される音階のひとつです。

 

SPONSORED LINK

この四七抜き音階は、メロディラインが作りやすいという特徴を持っているので、

この音階上の音を、適当に並べていくだけでも、かなりいい感じのフレーズになります。

 

それではドレミでいうと、どの音を鳴らしていけばいいかお話していきます。

前回、ダイアトニックスケールのお話をしました。

そして、1・2・3・5の音は滞空時間が長く鳴らせるよと、お伝えしました。

そこにさらに6の音を加えることにより、四七抜き音階が完成します。

 

まとめると、

 

ドレミファソラシド

1234 5678

 

の中から、

 

ド レ ミ ソ ラ

1 2 3 5 6

 

だけで音階を作るということです。

ぜひ、この四七抜き音階をバンバン使って、心地よいメロディラインの引き出しを

広げていきましょう!

 

 

ふたつめ 四七抜き音階を並べ替える

実はこの四七抜き音階、並べ替えるとマイナーペンタトニックスケールという音階に、

様変わりするんです!

6の音であるラの音を左に持ってきます。

 

つまり、

ド レ ミ ソ ラ

1 2 3 5 6

ラ ド レ ミ ソ

6 1 2 3 5

 

こんな感じです。

 

これは何を意味しているのかというと、

主音が変わることを意味します。

 

主音というのは、ある音階が長調なのか短調なのかを識別する主役になる音

 

ようするに、曲のキーにとってそのキーを感じさせる音になります。

いまは特に調号がついてないドレミファソラシドの音階なので、

 

長調(メジャースケール) ドレミファソラシ

1234 567

短調(マイナースケール) ラシドレミファソ

671234 5

 

これがキーになります。

 

というわけで、四七抜き音階を並べ替えるということは、

キーの感じ方が変わるということがいえます。

 

曲の印象が変化すると思うので、ぜひ試してみてください!

 

スポンサーリンク

-DTM音楽制作
-, , , , , ,

執筆者:

関連記事

EDM ドラム 打ち込みのコツ②

今日は4つ打ちEDMのドラム打ち込みのポイントをお伝えしていこうと思います。   まず、4つ打ちのリズムパターンのおさらいですが、 リズムキットはTR909系のサウンドをチョイスしてください …

EDM トラック制作 音楽制作手順のおさらい アレンジ

今回はEDM音楽制作でのアレンジの進め方について、お話していきます。   以前、お話したEDM トラック制作 音楽制作手順のおさらいも合わせて、 ご確認いただけるとわかりやすいと思います。 …

MIDI機器の配線方法!

PCへオーディオインターフェースを接続したり、MIDIキーボードを接続したりすると いろいろなデータがそれぞれの機器を行き来することになります。 そのために、どのような音のデータの信号が機器間を流れて …

DTMをつかってトラックをつくろう!

「DTMをつかってトラックをつくろう!」  とイキナリ誘われても  「ハイ?DTMってなに?」  ってかんじですが    かんたんにいうと「最小限の努力で最大限の音楽作りをたのしめるかたち!」です。 …

DTMを使った音楽つくり-初級~中級-

最近「トラック」という言葉を音楽シーンのいたるところで聞かれます。 あまり耳になじみの無いかたもいると思いますので、はじめに説明しておきます。 昨今クラブミュージックというものが盛り上がってきて一般化 …

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

好きなときに寝て、好きなときに働く。
そんな生活をしたいと思いませんか?

このシステムを使って実現してください。
⇒ https://ex-pa.jp/et/6nf/v