DTM音楽制作研究所TRACKEDMUSIC

豊かな音楽生活のために♪ DTM 音楽制作 打ち込み ミキシング レコーディング ボイストレーニング ライブまで幅広く音楽を研究するサイト

DTMでのEDM音楽制作

EDM 音楽制作 派手なシンセで作曲する!

投稿日:2014-11-08 更新日:

(2017/10/25 一部加筆修正しました。)

 

今回はEDMでの作曲、音楽制作について取り上げていきたいと思います。

EDMといえば、やっぱり一際耳を引く、ド派手なシンセサウンドが頭に浮かぶのではないでしょうか。

そこでEDMでの作曲のコツとして、最初にもうド派手なシンセの音作りを済ませてしまい、

そこからフレーズを紡ぎ出すというのが、EDMらしい手法の一つです。

スポンサーリンク

1.アナログモデリングシンセの波形選びが大事!

それでは、とりかかっていきましょう!

アナログモデリングシンセサイザーの基本的な音作りは、FL STUDIO付属ソフトシンセ 3xOSCの使い方 基本操作を理解してEDMな音作りを目指そう!でも紹介しています。

 

まず始めに、シンプルなアナログモデリングシンセを立ち上げておきます。

できれば2オシレーター以上で音作りできるものが望ましいです。

派手なサウンドにするためには、オシレーターでの波形選びが肝心です。

 

倍音成分の多いノコギリ波や矩形波の系統の波形を選択しましょう。

 

ここでサイン波や三角波を選ぶと「プーーー」とまろやかなサウンドになってしまいます。

 

さらに、突き抜けるような「シャーーーー!」という、定番のシンセサウンドを作るときは、

 

ホワイトノイズを薄く混ぜるのがミソ!

 

がっつりホワイトノイズを鳴らしてしまうと、ただ騒々しいだけです。

密かにホワイトノイズを効かせつつ、フィルターをいじってあげると、

 

「ほら、ちょっぴりトランシーなあのサウンドになってきたでしょ?!」

 

という具合です。

2.オシレーター毎のピッチを微妙にずらして、広がりを演出!

次にメインオシレーター以外のFINE TUNE(ファインチューン)を若干センターからずらします

これにより楽器らしいウネリ感が生まれます。

 

メインオシレーターのチューニングまでいじってしまうと、アンサンブルで他のパートと演奏したときに、かなり音痴に聴こえてしまうので注意です。

極端に調整していくと、音痴な感じになりますが、同時に派手さも感じてくると思います。

 

次にフィルターやエンベロープ、LFOでウネウネ感というか、サウンドに動きを与えます。

 

フィルターで音色の明るさをコントロール

エンベロープで音色の時間的な変化

LFO(ローフリケンシーオシレーター)でシュワシュワ感やジュルジュル感

 

を演出します。

 

この部分は音楽的嗜好によって、かなり好みが分かれてくると思うので、

まずは好きなクリエイターのサウンドを真似ながら、調整していくのがいいでしょう。

3.エフェクト処理でサウンドメイキング

そして、忘れてはならないのが、エフェクト処理です。

絶対に、シンセをいじっただけでは、市販のプロのクリエイターのような、かっこいいサウンドは作れません。

エフェクトテクニックも含めて、シンセの音作りをする必要があります。

EDMのトラック制作では、特にこの部分を肝に銘じておいてください。

 

今回はギター向けのマルチエフェクト、

音圧を出すために軽く歪ませるソフトクリップ、

ちょっぴりサウンドをデジタル的に破壊して、過激さを演出するビットクラッシャー。

この3種類を用いて、ロックっぽいぶっ壊れ感を持ったシンセサウンドにしていきました。

 

他にド派手なサウンドに効果的なエフェクトは、

 

ディレイとリバーブの重ねがけ

モジュレーション系エフェクトをゆったりとかける

がっつりコンプで音の壁を作る

 

などなど、アイデア次第でド派手なシンセサウンドはいくらでも作れてしまいます。

スポンサーリンク

4.まとめ

ピアノロールでのノートの置き方は、超適当です。

しかし、メジャースケールだとお間抜け感がやたら強調されてしまうと思ったので、

基本的にはマイナースケールを辿るイメージで、ノートを置いていきました。

ここはもう、じっくり試行錯誤して、自分が「うお!」と感じるフレーズを見つけていく部分ですね!

 

かなりシンプルな流れですが、EDM作りの基本の型のひとつだと思うので、

どうしてもEDMっぽくならないなーとお悩みの方は、ぜひ試してみてください!

 

「いちいち音作りがしんどい!」という人は、「Spectrasonics Omnisphere 2」でも使っとけい!:)


ぜひツイッターもフォローしてください!


DTMランキング

いつもブログをお読みいただきありがとうございます!


スポンサーリンク

-DTMでのEDM音楽制作
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

トラックの種類を理解してDTMを使った音楽制作を始めよう!

最近「トラック」という言葉を音楽シーンのいたるところで聞かれます。 あまり耳になじみの無いかたもいると思いますので、はじめに説明しておきます。 目次1 1.音楽用語として使われる「トラック」とは2 2 …

EDM 作曲や音楽制作に役立つ アレンジの引き出しの広げ方

今回はEDMの作曲や音楽制作に役立つコツとして、アレンジの引き出しの広げ方について、 お伝えしていこうと思います。   結論からいいますと、「試聴サイトを使い倒せ!」です。   試 …

EDM トラック制作 音楽制作手順のおさらい アレンジ

今回はEDM音楽制作でのアレンジの進め方について、お話していきます。   以前、お話したEDM トラック制作 音楽制作手順のおさらいも合わせて、 ご確認いただけるとわかりやすいと思います。 …

DTMだからこそチップチューンに挑戦!8ビットサウンドを楽しもう!

チップチューンってご存知ですか、現在じわじわとフォロワーが増えていっている音楽ジャンルです。   チップチューンというのは、かんたんに説明するとファミコンのサウンドチップで鳴らしたような、 …

DTMにおいて、そもそもMIDIとは?③

今日はMIDIエディットしていくにあたって、 まずは押さえておきたいMIDI基本用語を紹介していきたいと思います。   とにかくDAWソフトを触り始めると、横文字の専門用語が飛び交うことにな …

DTMでトラックを作るために必要なもの!

DTMをはじめるにあたって、まず用意したいもの。 それはパソコンです。 現在は大きく分けて2種類のパソコンが世の中に広まっていると思います。   WindowsとMacと呼ばれているものです …

サイト内検索

プロフィール

管理人プロフィール
しょちょー(SHAKE)
音楽活動サービス「SOUNDSHAKE」主宰。サウンドクリエイター、コンポーザー、トラックメイカー、アレンジャー、ボイストレーナー。CM、ショップBGM、などの映像やアプリの音楽を作曲したり、歌モノの編曲をしたり、オープンワールド系ゲームで旅したり、ググールアースで海外旅行したりしてます。