DTM音楽制作 EDM作曲のためのダイアトニックコード

コード理論

DTMで音楽制作をしていてコード進行を作っていくために、ぜひ抑えておきたいのが

「ダイアトニックコード」

日本語で言うと「音階和音」と呼ばれるものです。

曲を演奏するためには、Keyを設定しなければいけません。

そのKey毎に音階が作られるので、その音階を元に音を積み重ねてできる和音というのが、ダイアトニックコードということになります。

EDMに限らず、全ての音楽ジャンルに通用する音楽理論になるので、避けずにしっかりと理解を深めていきましょう!

スポンサーリンク

1.ダイアトニックコードの仕組み

たとえば、Key=C,Amで見てみると、

C D E F G A B

というのが元になる音階です。

これをダイアトニックスケールと呼びます。

これを元に一個飛ばしで音を積み重ねていくとコードになるんですね。

ソ   ラ   シ   ド   レ   ミ   ファ
ミ   ファ  ソ   ラ   シ   ド   レ
ド   レ   ミ   ファ  ソ   ラ   シ
C   Dm  Em  F   G   Am  Bm-5

という7つのコードが出来ます。

これがダイアトニックコードです。

関連記事:DTM初心者におすすめするコード理論本「そうだったのか! コード理論 コードはパズルだ!!」

2.コード進行とはダイアトニックコードの組み合わせ

この7つのダイアトニックコードの組み合わせにより、コード進行ができることになります。

たとえば、

C-F-G-C

と並べて順番にならして聴いてみると、何かしら印象というか雰囲気を感じることができると思います。
これがいわゆるコード感と呼ばれる、ハーモニーを感じるための感覚になります。

3.ダイアトニックコードの機能は、T(トニック)・D(ドミナント)・SD(サブドミナント)の3種類

ダイアトニックコードにはコードの機能と呼ばれるものが備わっています。

コードの機能とは

T=トニック
D=ドミナント
SD=サブドミナント

という3種類があります。

それぞれの機能を見ていくと、

T=トニック=親父
理想的な家族関係であるとして、一家の大黒柱のようなものです。

D=ドミナント=おかん
親父を内助の功で支える、家族になくてはならない存在です。

SD=サブドミナント=せがれ
親思いな出来のいい子です。

コードの機能とはこの3者の三角関係で成立します。

どいうことかというと、最終的にどんなコード進行も、トニックコードに落ち着きたい力を持っているということです。

4.ダイアトニックコードの組み合わせのパターンは「カデンツ」と呼ばれる

そこで、覚えておきたいのが「カデンツ」(ケーデンスとも)と呼ばれる、コード進行の基本パターンみたいなものがあります。

カデンツは元来は「終止形」を意味していました。

「T→SD→D→T」
(Ⅰ→Ⅳ→Ⅴ→Ⅰ)

が代表例ですが、

これにダイアトニックコードを当てはめてみます。

C  Dm  Em   F  G  Am  Bm-5
T  SD   T   SD  D  T   (D)
Ⅰ  Ⅱ   Ⅲ   Ⅳ  Ⅴ  Ⅵ   Ⅶ

このようにダイアトニックコードにはコードの機能が割り当てられます。

すると、

T→SD→D→T ⇒ C→F→G→C

みたいに並べていくことになります。

ただ、これだけだと、かなり単調になってしまうので、

T→SD→D→T ⇒ C→Dm→G→Am

のように部分的に同じコードの機能のものに置き換えたりしながら、コード進行を発展させていったりします。

5.カデンツ(ダイアトニックコードの並べ方)の基本パターンは3種類

カデンツは基本パターンとして3種類あります。

T→D→T おなじみお辞儀コード進行

T→SD→D→T 耳たこなレベルでド定番コード進行

T→SD→T アーメン進行とも呼ばれる厳かコード進行

これらをコードの置き換えを駆使しつつ、組み合わせていくだけで、それらしい曲ができてしまいます。

たとえば、4小節パターン(2拍毎にコードチェンジ)として次の組み合わせを鳴らしてみると、

T→SD→T→D→T→SD→D→T ⇒ C→F→C→G→Em→F→G→C

なんか垢抜けない雰囲気ですが、機械的に組み合わせたものを演奏してみました。

クラシックでの音楽理論では4番目5番目の「G→Em」の進行はタブーとされていますが、聴いた感じではそんなに悪くないと思います。

基本カデンツの3種類を2小節、4小節、8小節という固まりで、コードの機能に沿って当てはめていくだけで、ちょっとした曲が出来てしまいます。

スポンサーリンク

6.まとめ

闇雲に作曲していくのも、ひとつひとつ手探り感があって楽しいですが、音楽理論をちょっとでもかじっておくと、破綻させずに作曲することができます。

音楽制作をしていて、「なんかヘンチクリンだな~」というときは、概ね音楽理論から外れてしまっていることがほとんどです。

そんなときにダイアトニックコードの理解も含めて、音楽知識を活用していきましょう。

最後にコード理論修得の近道は、

好きな楽曲のコード進行をパターン化してストックする

自分が作曲する音楽は、

「自分が好きな音楽の集大成」

好きなものを寄せ集めていけば、自分だけのオリジナルが生み出されます。

はじめは、モノマネでそっくりになってしまっても、継続してストックしていけば、新たな組み合わせが生まれます。

ぜひ選り好みせず、たくさんの楽曲に触れていきましょう!