このブログを広める!

SONAR開発終了からのDAW乗り換えガイドをまとめてみた

DTM新着ニュース

追記2! ※2018年4月11日に追記しました。関連記事:緊急!Cakewalk SONARがCakewalk by BandLabとして復活!

追記!  ※2018年2月26日に追記しました。

2018年2月23日にバンドラボテクノロジーズはGibson BrandsのCakewalk Inc.の特定の資産と完全な知的財産の取得を発表しました。

2017年11月17日「Gibson Brands」によって、日本でも人気のDAWソフトCakewalk「SONAR」の今後の開発と生産を終了するという発表がありました。

GIBSON BRANDS ANNOUCEMENT REGARDING CAKEWALK, INC.
GIBSON BRANDS ANNOUCEMENT REGARDING CAKEWALK, INC.

僕は2001年に登場の「SONAR 1」の頃からのユーザーで、かれこれ16年もの間、メインDAWとして使用してきました。

なので、ほぼ「体の一部か?」くらいに使い込んできました。

2010年には「SONAR X1」として、大きくGUI(グラフィカルユーザーインターフェイス)が刷新されて、大幅な操作性の向上が図られました。

たまたま、同じくらいのタイミングで、サウンドレコーディングマガジンの「SONAR」の誌上コラムも執筆させていただく機会にも恵まれました。

そんなこんなで、長年、連れ添ってきた愛用DAWが開発終了ということで、断腸の思いです。

今現在、僕も今後のメインDAWをどうしようかと、いろいろと情報収集を重ねています。

今回は、多くのDAWソフトを比較検討した際、「SONAR」の使い心地に近いかたちで乗り換えできるDAWを絞り込んでみました。

スポンサーリンク

1.SONARから他DAW乗り換え一覧

現在リリースされているDAWソフトは、どのDAWでも基本的な性能はほとんど差がなくなってきています。

DAW毎に想定したユーザーに対しての設計思想みたいなのがあって、それが使用感や操作性につながっています。

各DAWの細かい性能、使用感、使用目的などは、読者各自で詳しく比較検討していただく必要があるので、各DAWの詳細なレビューは割愛します

下に主なDAWの一覧表を作成しました。

○が多いほど高性能というわけではなく、SONARからの移行の際に「SONAR」の操作環境にどれだけ近いかという表です。

コンセプトOMF対応ARA対応マルチタッチ対応クロスグレード購入
Cubase
Pro tools
Digital Performer
Logic
Studio One
Ability(旧SSW)
Live
Bitwig Studio
FL Studio

かなりの数のDAWが存在しますね!(笑)

それでは各項目を順番に見ていきましょう。

関連記事:

EDMの作り方 初心者向けトラック制作手順概要(DTM全般対応可)
EDMの作り方 初心者向けトラック制作手順概要(DTM全般対応可)について解説しています。何から手を付ければいいかわからないという方の参考書!

2.SONARとコンセプトが近いDAW

「SONAR」はもともと「MIDIシーケンスソフト」として発展してきました。

つまり「MIDIでの打ち込み」機能の歴史が長いので、打ち込み作業の操作性において、かなり洗練されてきたと言えるでしょう。

下に「SONAR」に近いDAWを含め、タイプ別に分けてみました。

MIDIシーケンスソフトから進化してきたDAW

  • Cubase
  • Digital Performer
  • Logic
  • Ability(旧SSW)

オーディオ編集寄りで進化してきたDAW

  • Pro tools
  • Studio One

DJトラックメイクを意識したDAW

  • Live
  • FL Studio
  • Bitwig Studio

ジャンルに限らず、総合的にバランスよく音楽制作できるDAWが、コンセプトとしてSONARに近いと言えます。

乗り換えても使用感、操作感で大きく戸惑ってしまうことは少ないでしょう。

関連記事:

スムーズにDTMするためのDAWアプリ「FL STUDIO」の使い方 「FL STUDIO」を活用してEDMを作曲するコツ 「ステップシーケンサーで打ち込む!」
DTMするためのDAWソフト「FL STUDIO」を活用してEDMをステップシーケンサーで打ち込む!

3.OMFファイルでオーディオデータ移行

DAW乗り換えで、もっとも厄介なことのひとつが、

SONARで作ってきたプロジェクトファイルを新しいDAWへ移行すること

MIDIデータであれば、SMF(スタンダードMIDIファイル)の保存もしくはエクスポートが可能であれば、サクッと移行ができてしまいます。

基本的にオーディオデータを含めたプロジェクトファイルは、異なるDAW間では互換性がありません。

しかし、できるだけ楽したい!というのが人情。

そこで登場するのが「OMFファイル」です。

「Open Media Framework Interchange」の略。「OMFI」と呼ばれる事もある。AVID社が開発した異なるDAWシステムやビデオ編集システム間でオーディオ/ビデオ情報をやり取りするためのファイルフォーマットの事。拡張子は「.omf」が使用される。

例えばキューベースでOMFにエクスポートしソナーでインポートする、というようにしてマルチトラックのデータの移行を行う事ができる。ただし、OMFで扱う事ができるのはオーディオ(およびビデオ)トラックの情報だけであるため、MIDIの情報を交換するためには別途SMFでやり取りするなどの手順が必要となる。もちろんこの際に移行先のDAWで同じ音を出すためには両方のDAWで同等のシンセサイザーやエフェクターをアサインする必要がある。

OMF形式をサポートするDAWやビデオ編集ソフトウェアとしては、CubaseNuendoSONARLogicProTools、Avid、Adobe Premiere、などがある。このように有名所のDAWの多くがOMFをサポートしており、使われている所ではそれなりに使われているファイルフォーマットであるが、一般にOMFによるデータ交換が広く行われているというほどでもなく、移行の際に互換性の問題が発生する場合もある。

引用元:OMF オーエムエフ

SONARはOMFファイルのインポート/エクスポートに対応しています。

SONARでOMFファイルをエクスポートして、OMF対応DAWでインポートすることにより、ある程度オーディオファイルがSONARのプロジェクトの状態を保ったまま移行することが可能です。

OMFファイルのインポートに対応しているDAW

  • Cubase
  • Pro tools
  • Logic
  • Digital Performer

OMFファイルに対応していないDAWへのオーディオデータ移行は手間がかかるけど、確実な方法として、

「オーディオトラックを全て1小節目頭から各トラックをバラバラでバウンスしてWAVに書き出す」

となります。

(画像はSONAR X3)

4.DAW内でMelodyneを統合して使いたい

SONARの最大の売りのひとつ、

ピッチ補正ソフト「Melodyne」を内蔵機能のように扱える!

この機能が無くなるだけでも、かなりテンション下がりますよね。。。

この操作性は、Melodyneの開発元のCelemonyとPreSonusの共同開発による「ARA(Audio Random Access)」という機能に対応していることで実現しています。

ARAに対応しているDAWソフト

  • PreSonus Studio One
  • Magix Samplitude
  • Acoustica Mixcraft
  • Tracktion Waveform

ARAに対応していないDAWでも、VSTなどのプラグインとして呼び出すことで、Melodyneを使用することができます。

プラグインとしての動作だと、SONARみたく「オーディオクリップを右クリック」で即アクセス!というわけにいかず、一度トラックをリアルタイムに再生してMelodyneに解析させる必要があります。

もちろん、ピッチ補正をMelodyneにこだわらず、各DAWに付属するピッチ補正機能を活用しても、同じような編集は可能です。

SONAR付属のMelodyneは、ライセンス管理はSONARから独立しているので、今後、他のDAWで使用することも可能です。

5.タッチディスプレイで直感的操作

SONARは王道系DAWの中では、いち早くマルチタッチ操作に対応した数少ないDAWです。

最大10ポイントのマルチタッチに対応しているので、両手の10本の指で直感的に操作ということも可能です。

マルチタッチの活用方法はマトリックスビューでライブ演奏やコンソールビューでボリュームフェーダーをリアルタイムに記録するなどが考えられます。

普段、制作ではあまり意識することが少ないですが、けっこう活用していた方は検討する勝ちがある機能のひとつです。

マルチタッチ対応DAW

  • PreSonus Studio One
  • Bitwig Studio
  • Image Line FL Studio

こうみてみると、マルチタッチ対応は新しいDAWに多いですね。

マルチタッチに対応していないDAWでも、フィジカルコントローラーやiPadのアプリなどを導入すれば、マルチタッチに近い操作性を実現することも可能です。

6.クロスグレード版を利用してお値打ちにDAWを移行する

クロスグレードとは、既にDAWソフトを持っているユーザーに対して、割引購入できますよー、というしくみです。

定価で購入するよりも、かなり安価に購入できることがあります。

クロスグレード版を購入できるDAW

  • Studio One
  • Ability
  • Digital Performer
  • Bigwig Studio
  • FL Studio

元々クロスグレードを用意していないDAWでも、たまにキャンペーンを打って、期間限定でクロスグレードを行っていることもあります。

早速、SteinbergはSONARユーザー名指しで、クロスグレードを勧めるアナウンスを行いましたね!

Cakewalk SONAR ユーザー限定 Cubase Pro クロスグレードキャンペーンのご案内

7.SONARからDAW乗り換えのまとめ

SONARから他DAWへの乗り換えについて書いてきましたが、正直、かなり迷いますね。。。

現状では、すぐにSONARが使えなくなるわけではありませんが、愛着あるDAWから他のDAWへの移行作業の労力を考えると、相当のエネルギーを必要とします。

今後のWindowsのアップデートによっては、突然SONARの起動すらできないなどの現象が起こることも考えられます。

焦りすぎず、のんびりし過ぎず、今後のDAW乗り換えへの準備はしておきたいですね。

最後に、個人的な感想として、

僕もこれまでに多くのDAWに触れる機会がありましたが、今のところ、自分の中では、

「次に乗り換えるメインDAWは「Studio One」一択かな!」

若干、MIDI編集が物足りない感じがありますが、メインDAWとしての操作性コンセプトがSONARにもっとも近いかなという印象。

Studio OneにSONARのMIDI編集能力が加われば、かなり使いやすいDAWになりそう。。。SONAR開発陣、Studio Oneに編入とかあると素晴らしいかも!

と、なんとも身勝手な想いを吐露してしまいましたが、これを機に全く新しい音楽制作環境へ、というのもアリかもしれません!

スポンサーリンク

追記!CAKEWALK SONAR復活か?!

2018年2月23日にバンドラボテクノロジーズはGibson BrandsのCakewalk Inc.の特定の資産と完全な知的財産の取得を発表しました。

BandLab Technologies Announces Cakewalk SONAR Relaunch
Learn more about the announcement of BandLab Technologies' acquisition of Cakewalk Inc.'s assets and subsequent relaunch as Cakewalk by BandLab.

もしかすると、SONARの開発が継続される可能性が出てきました。

引き続き、今後の動向を要チェックですね! 速報!

なんと2018年4月4日からCakewalk by Bandlabとして無料リリースされました!

関連記事:緊急!Cakewalk SONARがCakewalk by BandLabとして復活!

人気記事:

EDM での作曲コード進行① 456パターンの感覚を叩き込もう!
EDM での作曲コード進行①ダイアトニックコードの基本!456パターンの感覚を掴もう!
バラードだけじゃない!EDM作曲にも便利な切ないコード進行のキング!6451コード進行
切ないコード進行を分析して、聴き手のハートをつかもう!
https://www.trackedmusic.com/%E3%83%9C%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%84-%E7%99%BA%E5%A3%B0%E3%81%AE5%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%92%E6%84%8F%E8%AD%98/

このサイトはレンタルサーバー「wpXクラウド」にて運営しています。

DTM新着ニュース
スポンサーリンク
DTM音楽制作研究所しょちょー SHAKE(しゃけ)をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
DTM音楽制作研究所